[ メイン | 別 冊メニューへ戻る ]
« 2023年11月号 別冊 |

2024年1月号 別冊

『軍事研究アーカイブ』シリーズ
大変革の航空自衛隊
「大変革の航空自衛隊」表紙
定価:2,200円税込(本体2,000円)

 
航空自衛隊から航空宇宙自衛隊へ

 


表紙写真:
部隊創設20周年を記念する特別塗装が施された、第23飛行隊(新田原基地)のF-15DJ戦闘機2020年9月撮影
赤塚聡

カラー・グラフィック:航空自衛隊の主力機たち

序章:
『航空宇宙自衛隊』進化への課題
…尾上定正

第1章:
航空自衛隊を総まくり
…奈良原裕也

[1-1]戦闘機部隊の総本山・航空総隊、航空救難団、防空の“ハブ”警戒航空団

[1-2]日本の北の空を守り続ける北部航空方面隊

[1-3]政経の中枢部を守る中部航空方面隊

[1-4]日本西方防空の要、西部航空方面隊

[1-5]南西航空方面隊は対中国防空の最前線

[1-6]航空自衛隊教育の総本山「航空教育集団」

[1-7]「第11、12、13飛行教育団」「航空教育隊」

[1-8]「飛行教育隊」「第1〜5術科学校」「教材整備隊」

[1-9]「航空支援集団」その1『第1輸送航空隊』

[1-10]「航空支援集団」その2『第2輸送航空隊』『第3輸送航空隊』

[1-11]「航空支援集団」その3『特別輸送航空隊』『航空保安管制群』『航空気象群』『航空機動衛生隊』『飛行点検隊』

[1-12]『航空開発実験団』『補給本部』『航空中央音楽隊』『宇宙作戦群』

第2章:
航空自衛隊の主要兵器・装備

[2-1]我が国主導の方針は死守できるのか? グローバル戦闘航空プログラム『GCAP』…竹内修

[2-2]F-X搭載ミサイル、『国産』が最適な理由…宮脇俊幸

[2-3]F-35A/Bはこうして日本を防衛する…竹内修

[2-4]破綻!?『空自F-15能力向上計画』…小林春彦

[2-5]空自戦闘機が積む『三本の敵基地攻撃ミサイル』…石川潤一

[2-6]大型電子戦機と大型電波情報収集機…宮脇俊幸

[2-7]国内外で活躍!航空支援集団の航空機たち…青木謙知

[2-8]警戒管制レーダー&地対空ミサイル…竹内修

カラー・グラフィック:ユニーク部隊フォトグラフィー