[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2023年5月号 |

軍事研究 2023年6月号

軍事研究2023年6月号 表紙
表紙写真・ロシア軍、日本海でモスキート巡航ミサイル発射
MoD Russia
巻頭言・目まぐるしい首脳外交
磯部晃一
》写真ページ《
カラー:
ウクライナのチャレンジャー2
GOV UK /MoD Ukraine
DSEI JAPAN 2023
木村和尊、野口卓也
アイアン・フィスト着上陸作戦
鈴崎利治
石垣駐屯基地開設!
芦川淳、野口卓也
俺のロシアン
柿谷哲也
さらば「すがしま」、頼むぞ「はつしま」
花井健朗


ミリタリー・ニュース

カラー図説:『世界の戦車軍団』(2)
独戦車軍団撃破、「M4シャーマン」機甲師団
四万九〇〇〇両が作られ、諸兵科連合の核となった傑作M4中戦車の真実
軍事情報研究会

最前線「石垣島」&露「オホーツク要塞」

対中最前線のいまを現地取材
完成間近!陸自「南西防衛態勢」
石垣島の駐屯地が開設した。「軍事強国」中国に対する抑止力と対処力は十分なのか?
竹田純一

近代化と増強進む太平洋艦隊SSBN
ロシア原潜の聖域「オホーツク要塞」
弾道ミサイル原潜にとって聖域であるオホーツク海。その攻撃/防御力と弱点
小泉悠

北朝鮮のミサイルにいかに対抗するか?
日本の最新ミサイル防衛『IAMD』
反撃能力・IAMD・最新スタンド・オフ・ミサイル…ミサイル防衛態勢を解説
稲葉義泰

完成度は及第点だが、南西防衛推進と矛盾
必要性を検証!19式装輪155俑愧橡
陸自には軽自走砲導入よりも優先すべき事業がいくつもあるではないか
文谷数重

なんと!?中国から戦闘機エンジンを輸入
ロシア軍航空機メーカー最新地図
航空産業を統合化したプーチン。だがSu-27エンジン部品を中国に頼っている
青木謙知

ロシア空軍機の練度と安全意識は低いのか?
私が見たミグ&スホーイ
「エンジンで吊ってる」ようなSu-27戦闘機の高機動運動にシビレた
柿谷哲也

出展の目玉はウクライナ戦争と「防衛三文書」
「DSEI JAPAN」レポート
二五〇社以上が参加した日本最大規模の防衛装備展示会を完全レポート
木村和尊

総額二五九二億ドル、世界最強空軍の使い道
米空軍2024年度予算案
B-21、極超音速兵器の開発推進…調達航空機は四機種九四機を解説
石川潤一

093B型SSN二番艦進水、原潜地下ドックを建設
米本土を狙う中国原潜艦隊
中国原潜はどのように運用されるのか。有力配備先とみられる二つの原潜基地における新たな動き
田中三郎

自衛隊は鉄道になにを期待するのか
有事と鉄道輸送
演習で自衛隊は鉄道貨車を活用しているが、島嶼防衛には海上輸送の充実を図れ
井上孝司

QUADとAUKUSの軍事力(5)
インドの外交防衛政策と日本安保
インドに過剰な期待をするのは危険であろう。その理由を解説
福好昌治

射撃指揮装置FCSの歴史(5)
日本海海戦、本当の勝因は何か?
勝因に関しては諸説あるが、本当の勝因は何だったのか、再考する
多田智彦

WORLD・IN・FOCUS(250)
「RD22」追っ掛け取材記(前編) バレットの轟音にどよめき 16式が見せた躍進射撃
菊池雅之

もっこす提督回想記「蹇々録反省記」(6)
幹部候補生学校卒業、国内巡航へ
事前に送達した全財産の制服類等、当直用物品類、茶道具および土産類の入った柳行李と共に護衛艦「きくづき」に乗組んだ
牧本信近

□市ヶ谷レーダーサイト:春の将官人事とヘリ墜落事故
□映画&書籍:独裁者たちのとき/クレマンソー/太平洋戦史に学ぶ 日本人の戦い方
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:ラファエル社 上級副社長 アリエル・カロ氏


定価 1,300円(税込み)