[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2023年4月号 | 軍事研究 2023年6月号 »

軍事研究 2023年5月号

軍事研究2023年5月号 表紙
表紙写真・アメリカ海兵隊CH-53E
鈴崎利治
巻頭言・DSEI Japan 2023に参加して
磯部晃一
》写真ページ《
カラー:
ウクライナ大砲撃戦
MoD Ukraine,他
次期戦闘機、DSEIで初公開!
木村和尊、野口卓也
アブダビで目撃したドローン戦争
柿谷哲也
2023年の沖縄の春は熱い
石原肇
アイアンフィスト in 日本
鈴崎利治
ダルマ・ガーディアン in 日本
菊池雅之


ミリタリー・ニュース

カラー図説:『世界の戦車軍団』(1)
米陸軍機甲師団の誕生&国産戦車開発
ウクライナ戦争の決め手となる主力戦車開発は一〇〇年前に始まった
軍事情報研究会

反撃目前「2年目のウクライナ戦争」

自己正当化でメンツを最優先する
詭弁と欺瞞のプーチン演説
「陰謀論」か「北朝鮮式の罵倒」か。「私は被害者」なプーチン演説
黒井文太郎

『国家安全保障戦略入門』を読む(5)(最終回)
プーチン「政治目的」に変化はあるのか?
間違った「前提」が軍事作戦を混乱させて自らを苦況に追い込んだ
磯部晃一

ミサイル戦争と化した露宇戦争
ロシア軍の対地/対艦ミサイルの全貌
ミサイル枯渇に直面しながらも露軍は地上部隊から都市インフラまで攻撃継続
石川潤一

高級化して簡略化した後に元に戻す?
ウクライナ戦争ロシア戦車カタログ
あらゆる戦車を投入するロシア軍。だがその分類は複雑にしてもはや“沼”だ
斎木伸生

自国に二一二五両、輸出に一四五〇両生産
「レオ2」改修型と採用国総覧
改修・改良を絶え間なく続け欧州標準MBTとなったレオパルト2がウクライナへ
奈良原裕也

SM-3ブロックA迎撃試験に成功!
海自の最新イージス艦「まや」型
海自初のイージス艦「こんごう」型から「まや」型までの機能向上を通じて日本の弾道ミサイル防衛を振り返る
多田智彦

シリーズ・海自主要部隊の課題と展望(2)
わが国海上防衛を担う『自衛艦隊』(後)
弾道ミサイル対処、海賊対処活動…増加・拡大する任務!今後の課題は何か?
松下泰士

八八機を導入で国内航空産業界に活気と恩恵
カナダ、F-35Aにようやく決定
導入正式決定したものの政権混乱と価格上昇で15年も迷走してしまった
青木謙知

技術的に容易/費用も妥当
成功間違いなし!『12式SSM能力向上型』
防衛省は令和5年度からの防衛力整備計画のなかで12式地対艦誘導弾の能力向上型の開発を進めている
文谷数重

開発進むARRW/IR-CPS/LRHW
米軍極超音速兵器の攻撃目標は何か
米上院軍事委員会の要請を受け米議会予算局が作成したレポートを元に最新状況を紹介
能勢伸之

戦略支援部隊が背後で関与か?
中国『早期警戒飛行船』を開発
撃墜された気球だけではない。中国は高々度飛行船を偵察/早期警戒監視に活用
田中三郎

「その言葉も滅ぼしてしまえ」
七面相ユダヤ人“マレク”の闘いと流浪(7)
そもそも何故、ソ連諜報部はマレクに接近してきたのか? 独ソ戦の時代にマレクがソ連にて上げた成果とは
鈴木基也

WORLD・IN・FOCUS(249)
コロナ禍の3年が終わった! アメリカ?アジア?それとも… 行くぞ、海外軍事取材へ
菊池雅之

もっこす提督回想記「蹇々録反省記」(5)
海上自衛隊幹部候補生学校入学
入校した第20期一般課程候補生の内訳は、飢歡(防大出身者)七九名、恐歡(一般大学出身者)六五名、群歡(技術幹部候補生二二名・薬剤幹部候補生三名)で、総員が第1学生隊の第1〜6分隊に配属された
牧本信近

□市ヶ谷レーダーサイト:新統幕長に吉田圭秀陸幕長
□書籍:ロシア・サイバー侵略/海軍戦略500年史/作戦術思考/護衛艦メカニズム図鑑
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・続:防衛基盤整備協会 専務理事 吉田浩介氏


定価 1,300円(税込み)