[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2023年1月号 |

軍事研究 2023年2月号

軍事研究2023年2月号 表紙
表紙写真・第6世代爆撃機B-21レイダー
U.S.A.F.
巻頭言・冷戦後の30年
磯部晃一
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン インドネシア国産戦闘機「i-22」
竹内修
「ASP」の中SAM発射、撃墜!
芦川淳
二度目の日英実動訓練
野口卓也
北アフリカの翼、チュニジア空軍
柿谷哲也
海を護る者、運用開始!
野口卓也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:『世界の空母機動部隊』(14)
中国海軍の悲願「国産空母戦闘群」
日本近海を跋扈する中国の久保戦闘群、台湾戦略の切札「福建」
軍事情報研究会

露宇戦争、ウクライナ軍善戦の理由

戦争目的達成に失敗したプーチン
露宇戦争、ウクライナ軍善戦の理由
反転攻勢に転じたウクライナ軍をオールドドメイン戦の視点から分析
渡部悦和

きっかけはロシアのクリミア併合
軍改革から探るウクライナ軍の強さ
二〇一四年から取り組んできた統合運用体制導入が成果をあげている
小泉悠

自国の国益を最優先するアメリカ
露宇戦争に学ぶ「日本の非核重武装永世中立」
いまこそ軍事的属国から離脱して「非核重武装永世中立」を基本方針にせよ
北村淳

アメリカによる軍事支援と武器貸与法
ウクライナ支援の法的整理
世界大戦がルーツの「レンドリース法」、返済は?中立性は?法律面から考察
稲葉義泰

技術を満載したステルス爆撃機
第6世代爆撃機『B-21』レイダー
普通のレーダーでは探知不能の第6世代爆撃機は一〇〇機以上が造られる
石川潤一

状況分析/目的の定義/遂行上の手段
『国家安全保障戦略入門』を読む(2)
アメリカの国家安全保障戦略はいかに策定されるのか、そのプロセスを探る
磯部晃一

「師団長のショットガン」から「狙撃銃」へ
進化続く『MLRSとHIMARS』
新型ミサイル搭載によって「面制圧兵器」から「精密火力兵器」へ変身した
井上孝司

北朝鮮核戦力の阻止は手遅れ、尖閣上陸も
もっとも警戒すべきはロシア
二〇二三年も要警戒ナンバー1はプーチン、イランとイスラエルも開戦か
黒井文太郎

中国との戦略的競争が最優先
米国『国防戦略レポート2022』を読む
『核態勢見直し』も『ミサイル防衛見直し』も最優先警戒国は中華人民共和国
能勢伸之

中国共産党第20回党大会閉幕
軍の支配強化進める習近平政権
中央軍事委員会では副主席1人と委員2人が交代し、政権に近い人物と実戦経験のある人物が加わった
田中三郎

最先端を行く米海軍の最新艦載兵器
開発進む電磁レール砲&極超音速ミサイル
2020年代以降の艦載兵器の分野において世界をリードする米海軍の最新動向を紹介
多田智彦

WORLD・IN・FOCUS(246)
激動の2022年を振り返る 見えてきた“日の丸「空母」”「航空宇宙自衛隊」の誕生
菊池雅之

もっこす提督回想記「蹇々録反省記」(2)
短艇委員会で活躍、憧れの海上要員へ
私は、ルビコン河を渡って奴隷船の漕ぎ手にさせられることも知らず、「はい、是非とも入部させて下さい」
牧本信近

□市ヶ谷レーダーサイト:安全保障三文書決定
□映画&書籍:ヒトラーのための虐殺会議/ウクライナ戦争/よくわかる最新ジェットエンジンの基本と仕組み
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:東芝電波テクノロジー株式会社 代表取締役 小藤陽久氏


定価 1,300円(税込み)