[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2022年2月号 | 軍事研究 2022年4月号 »

軍事研究 2022年3月号

軍事研究2022年3月号 表紙
表紙写真・第1空挺団の降下訓練始め
鈴崎利治
巻頭言・日米「2+2」から首脳会談の流れと施政方針演説
磯部晃一
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン ロシアのステルス爆撃機「PAK-DA」
MoD Russia
令和の空を駆け、降下する「習志野」の猛者たち
野口卓也
第12ヘリ隊、年初編隊飛行訓練
野口卓也
3普連、令和3年度第4次連隊野営訓練
鈴崎利治
日本のエアベース(9)首都防空戦闘機部隊、百里基地
菊池雅之
日独海軍の絆!「ゆうぎり」と「バイエルン」
野口卓也/永江修


ミリタリー・ニュース

カラー図説:『世界の空母機動部隊』(3)
日本艦隊全滅『史上最大の高速空母任務部隊』
一九四三年から始まった新型空母・護衛艦の怒涛の大量配備/対日反攻用の高速空母任務部隊の編成
軍事情報研究会

習近平の台湾侵攻、日本はどうする!?

言い切れるのか?「台湾の防衛は日本の防衛」
台湾有事!日本は参戦か避戦か?
シミュレーションから見えてくる日米の損害。尻馬に乗るのではなく独自の意思決定が求められる
北村淳

中国軍機の圧力に怯まず立ち向かう
台湾空軍の最新航空戦力
国際環境に翻弄されてきた台湾の航空戦力整備、その最新の姿を明らかにする
青木謙知

豪中関係最悪化!原潜保有に踏み切る 対中軍事戦略に必須な原子力潜水艦(上)
揺るぎなきアングロサクソンの盟邦「AUKUS」
豪州は通常型潜水艦の建造計画を白紙にし、攻撃型原子力潜水艦を導入することとなった
矢野一樹

中国の新兵器、宇宙空間から世界全域を攻撃!
「機動式宇宙船」と宇宙ステーション「天宮」
マッハ5の世界一周極超音速兵器(HGV)が飛翔体を発射!『宇宙強国』で開発進むHGVの実態
田中三郎

マイクロソフトを活用する最新の情報処理
軍事分野における『クラウド・サービス』
省人化・省力化の効果や三次元映像などと相俟って防衛分野で使い道が広がることが予想される
井上孝司

基地が先か?街が先か?騒音と事故の歴史 連載:本土米軍と自治体の共生関係(5)
神奈川県大和市と厚木基地
NLP(夜間着陸訓練)などの騒音だけでなく、戦闘機の墜落事故にも幾度となく見舞われてきた。“迷惑料”の交付金も財政メリットはない
福好昌治

中国か?北朝鮮か?政治家にぜひ聞いてみたい
雄たけび!『敵地攻撃論』
政治主導ゆえの迷走を排除するとともに、陸海空三幕の思想の不一致をいかに整理するか
文谷数重

史上、最も期待を裏切った兵器
夢に終わるか!『攻撃的レーザー兵器』
研究は加速。難点は重過ぎ精緻過ぎ、なにより大量の電力を消費することだ
野木恵一

デブリがもたらす深刻な宇宙の未来
歯止めがきかない『宇宙軍拡』競争
ロシアのASAT、衛星破壊に成功!おかげで宇宙ごみが急増する事態に陥っている
鳥嶋真也

ボーイングか?ロッキード・マーチンか?
次期空中給油機『ブリッジタンカーKC-Y』
KC-46A開発トラブルで空軍はベストではなくベターな新型タンカーを求めた。新たな候補機KC-46A改良型と逆転を狙うA330 MRTTベースのLMXTを比較
石川潤一

KGBのプーチンも一目置いたスパイ
七面相ユダヤ人『マレク』の闘いと流浪(1)
「最後の純粋なスパイ」マレク=マリンベルク。1983年1月、64歳でイスラエル総括保安局に逮捕。果たして彼の正体とは(2021年10月号掲載ドキュメント完全版の連載スタート)
鈴木基也

戦後国産ジェットエンジン開発史(4)
次期戦闘機用エンジン「XF9」
2020年度に開発が始まった国産次期戦闘機(F-X)搭載エンジンXF9。防衛装備庁へ納入後の試験で早々と目標推力15トンを達成
中村則之

WORLD・IN・FOCUS(235)
意外!?白マスクは雪迷彩効果 指揮所は透明シートで コロナ禍と自衛隊マスク
菊池雅之

陸将住職の行状記(24)(最終回)
JMAS理事長辞任と和尚への回帰
JMASの置かれた環境は海外事情で年々変化しています。設立から10年、私たち世代が得た経験と知識を基にして干渉するのは業務妨害と結論したのです
土井義尚

□市ヶ谷レーダーサイト:日本が米中対立に巻き込まれる?
□映画&書籍:オペレーション・ミンスミート〜ナチを欺いた死体〜/極東ナチス人物列伝/中国抗日博物館大図鑑
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:(一社)日本航空宇宙工業会 専務理事 藤野琢巳氏


定価 1,300円(税込み)