[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2021年6月号 | 軍事研究 2021年8月号 »

軍事研究 2021年7月号

軍事研究2021年7月号 表紙表紙写真・日仏共同訓練「ARC21」
代表取材
巻頭言・「平和な平時」から「グレーな平時」の時代に
磯部晃一
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン 韓国空軍次期戦闘機KF-21
KAI/DAPA
パキスタン海軍「アマン2021」演習
柿谷哲也
令和3年度近海練習艦隊、横須賀へ
野口卓也
日本のエアベース(1)米海軍航空機が集う岩国基地
菊池雅之


ミリタリー・ニュース

カラー図説:アメリカ海軍「艦上戦闘機と空母航空団の歴史」(13)
最強の艦隊防空戦闘機F-14トムキャット
ソ連軍機の脅威がトムキャットを生む/失敗したマクナマラのF-111B艦上迎撃戦闘機
軍事情報研究会

米海兵隊の新戦略『フォースデザイン2030』

世界はなぜ火星を目指すのか
今年2月、一斉に殺到!『火星探査機』
人類の未来を拓くか?宇宙戦争の幕開けか?米・中・欧州・ロシアなど合計一〇機の探査機が集結
鳥嶋真也

中国軍に立ち向かう「米海兵隊の新戦略」
『フォースデザイン2030』
存在意義をかけ歴史的な抜本的組織改造。自衛隊が固執する島嶼奪還作戦は過去のものとなる!
北村淳

北朝鮮の新型核ミサイルと弾道ミサイル潜水艦
MIRV化がもたらす核バランス崩壊の危機
新型ICBMと弾道ミサイル搭載潜水艦の配備が日米の安全保障にもたらす影響
山形大介

AIによる殺傷型自律兵器システム
非情・無慈悲!ロシア軍ロボット部隊
無人戦闘システム「ウラン9」、シリアで実戦投入!どのような計画が進行中なのか?最新UCGV事情
小泉悠

テーマは「平和」、裏では米中の海洋覇権争い
パキスタン海軍多国間演習「アマン」2021
中露米日など8か国の艦艇22隻が終結。中国はパキスタンとの外交と演習を足掛かりに中国で影響を強めようとしている
柿谷哲也

合衆国建国の精神は宇宙の果てまで
栄光の艦名CVN-80『エンタープライズ』
最新原子力空母フォード級の三番艦エンタープライズ。アメリカ海軍発足前からあった「エンタープライズ」はアメリカン・スピリッツ溢れる艦名
野木恵一

新連載:本土米軍と自治体の共生関係(1)
基地と観光が共存共栄、岩国市
本土の自治体は基地を容認して受け入れている。なぜだろう?交付金が目当てなのだろうか
福好昌治

展開海域は東シナ海奥地や南シナ海か!
海自は潜水艦をどう使うのか?
活動範囲は日本領海にとどまらず仮想敵国の了解近くにまで及ぶものと推測できる
文谷数重

海兵隊新戦略に大いに貢献!
新世代の3発重輸送ヘリ『CH-53Kキングスタリオン』
キングスタリオンは海兵隊遠征前進基地EABへの迅速展開起動の主役
石川潤一

中国造船業界の躍進にも貢献
習近平政権の「軍民融合発展戦略」
造船能力は世界第1位。海軍向けの艦艇と並行して、西側各国から受注したコンテナ船やタンカー等が新設の空母用ドックも使って建造されている
田中三郎

ドイツ/スペイン/豪州は新型フリゲート建造
欧州の個性が際立つ次世代水上戦闘艦
欧州各国の運用構想や得意とする技術が反映。2021年5月号で紹介した英仏伊以外の欧州・カナダ・オーストラリアの次世代水上戦闘艦を紹介
多田智彦

儀じょうから音楽、気象、会計まで!
リクジの超個性的部隊のすべて〈最終回〉(10)
無人偵察機隊・第302保安警務中隊・中央音楽隊・中央警務隊・中央情報隊・中央輸送隊・中央管制気象隊・中央業務支援隊・会計監査隊
奈良原裕也

WORLD・IN・FOCUS(227)
「ラ・ペルーズ取材記」(後編)「シャルル・ド・ゴール」訪問 目の前の発着艦はド迫力
菊池雅之

陸将住職の行状記(16)
陸将に昇任、技本陸上開発官へ
着任するやここは陸上自衛隊ではなく技術研究本部なのだと思い知りました。価値観や常識の一部は通用しません。しかしその技本に陸上自衛官にしかできない仕事が
土井義尚

□市ヶ谷レーダーサイト:日本は戦争ができない
□書籍:非弁護人/ハイブリッド戦争の時代/現代ロシアの軍事戦略
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:東芝インフラシステムズ株式会社 取締役 電波システム事業部長 小林健児氏


定価 1,300円(税込み)