[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2021年5月号 | 軍事研究 2021年7月号 »

軍事研究 2021年6月号

軍事研究2021年6月号 表紙表紙写真・アメリカ陸軍のARゴーグル
U.S.Aemy/DoD
巻頭言・強靭なサプライチェーン構築を
磯部晃一
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン アメリカ陸軍の拡張現実ゴーグル
U.S.Aemy/DoD
フランス空母「PANG」
MINISTERE DES ARMEES
「いずも」は「空母」に改装中!
柿谷哲也
桜と菜の花と陸自AFV
鈴崎利治
最新型M1A2C/SEP v3
U.S.Aemy
音響測定艦「あき」就役
花井健朗
日本の空を護った翼は、感謝の光に包まれて
野口卓也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:アメリカ海軍「艦上戦闘機と空母航空団」の歴史(12)
ベトナム戦争『二一隻の空母と打撃編隊』
母艦機がベトナム戦争の戦端を切る/トンキン湾事件から大規模北爆開始へ/洋上ステーション「ヤンキーとディキシー」
軍事情報研究会

破綻!?『空自のF-15能力向上計画』

個個人を監視、強力なツール「天網工程」
中国共産党の香港・本土弾圧マシーン
香港の政治的自由を圧殺。あらゆる分野であらゆる手段を投じて個人監視と弾圧を加速!
黒井文太郎

米国の経費釣り上げで800億円が2400億円に
破綻!?『空自F-15能力向上計画』
スタンドオフ・ミサイルの発射母機として期待される能力向上事業は初度費高騰によって破綻寸前だ
小林春彦

C-2を改造母機に「国産」機材を搭載
大型電子戦機と大型電波情報収集機
侵攻した敵の装備や位置の特定、電波妨害!大幅に能力が向上する次世代電子戦機
宮脇俊幸

世界の「極超音速兵器」最新レポート
日本に届く北朝鮮の「不規則機動ミサイル」
北朝鮮は今年1月の朝鮮労働党大会の記念パレードで極超音速滑空弾搭載の新型ミサイルを披露した
能勢伸之

現地取材・沖縄最前線探訪ルポ
南西諸島防衛は『緊急事態』目前!
アメリカ軍高官が「6年以内に台湾有事の可能性」に言及する現在、南西諸島はまさに最前線。防衛インフラの整備は進むが長距離SSMの備蓄は十分なのか
芦川淳

【特別寄稿】まるで弱い航空自衛隊の基地警備
中国/北朝鮮の潜入攻撃に無防備!
基地外で“不審者”を発見しても職質もできず、また現在の基地警備は明らかに戦力不足。まずは外国資本の土地買収規制法案の成立、それからだ
数多久遠

島嶼侵攻敵部隊と対峙するタフな機体
陸自新戦闘ヘリにAH-1Zが最適なワケ
地上部隊への火力支援!タフでパワフルで高精度、しかも海自護衛艦から運用可能
竹内修

現役パイロットに五戦全勝!
『AI』は戦場で何ができるのか?
AIは一体何ができるのか。軍事におけるAI利用の実態とその可能性を探る:『AI』は戦場で何ができるか!?(1)
井上孝司

中国の最新ドローンと無人航空機
群れをなし迫りくる自爆無人機
遅れをとる中国だが、自爆無人機と同種の無人機については、すでに群飛行の実験に成功
田中三郎

中国包囲網、日米豪印「四か国戦略対話」
「クワッド」に反発するロシア
自由主義的な価値観を伴う「クワッド」に対し、インド太平洋で存在感を高めたいロシアはどう関与するのか
小泉悠

怪物相手でも決して屈しない!
米製兵器で世代交代『台湾の航空戦力』
中国は戦闘機・爆撃機の大編隊を飛ばして恫喝。対し、米国は新兵器を台湾に売却。今や焦点の台湾の最新航空戦力を解説
石川潤一

哨戒圏を狭め、中国艦隊の活動域も狭める
中国海軍力の弱点を突く!「対哨戒戦」
敵側哨戒活動の阻止妨害を目的とする「対哨戒戦」は、負担が少なく実施容易であり、成功の公算が高い
文谷数重

WORLD・IN・FOCUS(226)
「ラ・ペルーズ」取材記(前編) 欧州海軍がやってくる! 日仏海軍の華麗なる共演
菊池雅之

陸将住職の行状記(15)
武器学校長兼土浦駐屯地司令の日々
学校長としては最下位にランクされる数名の成績、その“意味合い”をいつも教務担当者に質問するようにしていました
土井義尚

□市ヶ谷レーダーサイト:テロは普遍的に犯罪なのだろうか
□映画&書籍:グリーンランド/極超音速ミサイル入門/東京輪舞
□DVD&書籍:キル・チーム/自衛隊感染予防BOOK/「大国」日本の防衛政策
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:株式会社IHI 航空・宇宙・防衛事業領域 理事 防衛システム事業部 事業部長 佐藤篤氏


定価 1,300円(税込み)