[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
軍事研究 2021年2月号 »

軍事研究 2021年1月号

軍事研究2021年1月号 表紙表紙写真・部隊配備についた陸自V-22オスプレイ1701号機
石原肇
巻頭言・有り得ないことが現実となった人類の歴史
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン 海上保安庁のUAVシーガーディアン
野口卓也
テロ対策特殊装備展2020
木村和尊
「しらせ」の里帰りと南極行
花井健朗
日の丸V-22オスプレイ、空へ!
野口卓也/石原肇
陸・海共同訓練「戦闘搭載訓練」AAV7と「くにさき」
野口卓也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:アメリカ海軍「艦上戦闘機と空母航空団」の歴史(7)
世界初のジェット艦上戦闘機の登場
大戦後、百隻の空母戦力が十隻台に/世界初の原爆を積む双発艦上核爆撃機AJサベージ
軍事情報研究会

アメリカ分断『Qアノン』とは何者か?

大統領選挙と陰謀論と武装右翼
「Qアノン」とは何者か?
アメリカ社会の分断と病理が噴出した大統領選挙。現代SNS社会の病巣を徹底摘出!
黒井文太郎

「イラン文化財を爆撃するぞ!!」
トランプの戦争犯罪未遂
文化財に対する攻撃は戦争犯罪であり、文化財保護に尽力してきた歴史への挑戦である
木村和尊

コストに加えてメリットに関する評価は不可欠
イージス・アショア代案の決め手
「極超音速兵器に対処できない」「巡航ミサイル対処は」?新手の脅威が現実味を帯びてくる
井上孝司

「三本の長槍」と称せられる長射程ミサイル
空自戦闘機が積む『三本の敵基地攻撃ミサイル』
十年前には想像だにしなかった事態だ。日本は長射程ミサイルを三種類も購入した
石川潤一

シーガーディアンの実証飛行/RQ-4の配備
無人機は八戸と三沢基地がお気に入り
無人機の配備先に両基地が選ばれる理由を探る
文谷数重

米「極超音速兵器」の極東配備は日本か台湾か韓国か
謎のビジネスジェット機横田基地に飛来
2020年の極超音速兵器に関する出来事を整理しつつ今後の展望を占う
能勢伸之

米露「新戦略兵器削減条約」期限迫る!
中国のいない『核軍縮交渉』
交渉合意の裏にロシアの「戦術核兵器」隠し。新STARTの概要とロシア側の意図
小泉悠

復活・拡大・膨張するロシア海軍第3弾
西側海軍にはない独自の水中兵器
超高速魚雷シュクヴァル/原子力推進UUVポセイドン!西側海軍には大きな脅威だ
多田智彦

「核先制不使用」の原則と矛盾しないのか
中国の新戦略!『早期警戒核反撃』
中国共産党機関紙編集長の「核弾頭増強論」に退役軍人ら軍事専門家が反論!
田中三郎

次世代戦闘機開発のパートナー
防衛産業サーブ社の技術と底力
スウェーデンの航空機メーカーとして始まり、戦闘機やISRに独自技術を発揮、FCAS開発候補にも
竹内修

アフリカ系初の軍種の長!ブラウン空軍参謀総長
トランプ政権最後の高級幹部・将官人事
海軍長官に退役海軍将校のブレイスウェイト駐ノルウェー大使、空軍参謀総長に太平洋空軍司令官のブラウン大将が就任
永井忠弘

リクジの超個性的部隊のすべて(8)
「西部方面戦車隊」「北部方面対舟艇対戦車隊」「西部方面隊舟艇対戦車隊」「第1電子隊」
方面隊直轄の「西部方面戦車隊」、廃止またはUAV部隊へ変身か「北部方面対舟艇対戦車隊」「西部方面対舟艇対戦車隊」、オンリーワンの「第1電子隊」
奈良原裕也

WORLD・IN・FOCUS(221)
帰国、できない? 自衛隊行事も次々と中止 コロナ禍の2020年を振り返る
菊池雅之

陸将住職の行状記(10)
第7後方支援連隊長、五回目の北海道勤務
後方支援連隊は六個の連隊の任務達成を支援することが任務です。持てる力で隊務運営に貢献することを目指さねばと
土井義尚

□市ヶ谷レーダーサイト:真の無駄とは何か?
□映画&書籍:ウォーデン 消えた死刑囚/ソ連軍〈作戦術〉縦深会議の追求/兵器の科学1 弾道弾
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:防衛省 大臣官房 衛生監 椎葉茂樹氏


定価 1,300円(税込み)