[ メイン | 別 冊メニューへ戻る ]
« 2020年8月号 別冊 |

2020年12月号 別冊

『新兵器最前線』シリーズ
米中の“戦場別軍事対決”
米中の“戦場別軍事対決” 表紙
全ページカラー
定価:2,600円税込(本体2,364円)

 
 

 
 


巻頭カラーグラフィック 米軍vs 中国PLA 自慢の兵器

第1章 サイバー空間の戦い

米中諜報戦対決 フェイクニュース合戦からサイバー戦まで…黒井文太郎

第2章 宇宙空間の戦い

軍事衛星対決 画像偵察/情報収集/測位/通信…鳥嶋真也

米中の衛星攻撃兵器対決 中国の対衛星攻撃能力と米軍の対抗策…宮脇俊幸

第3章 航空戦

米中主力戦闘機の対決 第5世代の決闘、殲撃31vsF-35C、もし戦かわば…青木謙知

米軍爆撃機と中国防空網の対決…洲良はるき

謎だらけの中国ISR(情報・監視・偵察)/電子戦機…青木謙知

世界シェアを二分する米中無人航空機対決…竹内修

第4章 海洋戦

中国の対艦ミサイル vs 米海軍空母打撃群…稲葉義泰

新型空母の対決「フォード」対「002型山東」…多田智彦

大型駆逐艦の対決「アーレイバークFL掘彗弌005型南昌」…多田智彦

空母型揚陸艦の対決 LHD「アメリカ」級 vs 中国「075型」強襲揚陸艦…山形大介

第5章 地上戦

水陸両用戦 アメリカ海兵隊 vs 中国陸戦隊…宮永忠将

機甲兵器の近代化対決 主力戦車/ 歩兵戦闘車/ 自走砲、発展改修型の行方…毒島刀也

空挺、軽歩兵の対決…毒島刀也

第6章 核の対決

中国極超音速兵器と米軍ミサイル防衛の対決…竹内修

米国が怖れる中国の新・核の三本柱…能勢伸之