[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2020年10月号 |

軍事研究 2020年11月号

軍事研究2020年11月号 表紙表紙写真・米海軍最新原子力空母「CVN78ジェラルド・フォード」
U.S.Navy
巻頭言・優先すべき敵基地攻撃能力の整備
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン 発射!撃破!リムパック2020
海上自衛隊他
「とうりゅう」海上公試
永江修
水陸機動団の無反動砲と迫撃砲
芦川淳
将来戦闘機システム「テンペスト」
BAE SYSTEMS
コロナ禍の中の特殊災害対処訓練
野口卓也
北の大地に、離島侵攻対処を演練!
野口卓也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:アメリカ海軍「艦上戦闘機と空母航空団」の歴史(5)
ミッドウェー海戦&『エセックスとヘルキャット』
索敵能力の重視・敵空母を一早く発見せよ/ドーントレスの急降下爆撃で空母四隻を撃沈
軍事情報研究会

専守防衛は敵基地攻撃を許さないのか?

座して死を待つしかないのか!
『敵基地攻撃能力』と専守防衛
専守防衛は空文化している。敵基地攻撃能力保持は安全保障能力だけでなく、外交力も高める
濱田浩一郎

「敵基地攻撃」に絶大な威力を発揮
『攻撃型原子力潜水艦』保有のすすめ
「敵基地攻撃」という攻撃機能を保有する以上、SSNの選択価値をいやが上にも向上!
矢野一樹

海軍の主役は原子力潜水艦だ
抜群の隠密性『SSN・攻撃型原子力潜水艦』
インドとブラジルも国産原潜の建造を開始!攻撃型原潜を中心に原子力潜水艦の特性を探る
多田智彦

プーチン大統領が関与か!反体制派指導者の抹殺指令
猛毒神経剤『ノビチョク』の使い方
プーチン大統領への抗議活動を続けてきたナワリヌイ氏の暗殺未遂事件の顛末
濱田昌彦

陸上自衛隊の水陸両用作戦部隊
水陸機動団の「三種の神器」
注目されるのはAAV7水陸両用装甲車だが陸戦を決するのは火力である。84mm無反動砲(B)と60mm迫撃砲(B)に注目
芦川淳

動き始めた空自次期練習機選定
T-4後継機にM-346が望ましい理由
双発機で多用途性を備え、グラスコックピットを備えたLIFTとしても使える
竹内修

欧米に対するかつてない挑発行為
イラン革命防衛隊が軍事衛星打ち上げ!
「宇宙空間の平和利用」と主張してきたイランが軍事偵察衛星ヌールを打ち上げた
鳥嶋真也

USVはいまだペーパープラン
『無人軍艦』の実現を阻むものは何か
世界的に兵器の無人化が進んでいるが、無人化軍艦は依然として計画段階でしかない
文谷数重

コンピュータが支配する艦載指揮管制システム
CICルームで何が起きているのか
交戦の意思決定は人間、責任をとれるのは人間だけ。艦載指揮管制システムのイロハ
井上孝司

クロンシュタット社展示の大型多目的UAV
無人機大国へ!巻き返すロシア
「アルミヤ2020」ではロシアが開発中の無人機の最新状況や、新たな計画の発表が話題を集めた
小泉悠

米軍が本気を出し始めた極超音速兵器開発
マッハ20『アロー極極超音速ミサイル』
機齢60年の老兵B-52がホヤホヤの新兵器の発射試験を成功。空軍の威信をかけた極極超音速空対地ミサイルAGM-183A-ARRW
石川潤一

リクジの超個性的部隊のすべて(7)
「国際活動教育隊」「冬季戦技教育隊」「部隊訓練評価隊」「女性自衛官教育隊」
海外派遣に備える「国際教」、積雪寒冷地戦闘のプロ「冬戦教」、陸戦アグレッサーの「部隊訓練評価隊」。WAC教育の中心「女性自衛官教育隊」
奈良原裕也

WORLD・IN・FOCUS(219)
コロナ直前のコブラゴールド(前編)“砂浜ダッシュ”で汗まみれ 着上陸訓練は見せ場タップリ
菊池雅之

陸将住職の行状記(8)
陸幕調査部に移動、六年間も勤務
いわゆる宮永スパイ事件は陸幕さらに当時の防衛庁にとって大不祥事事件でした。私はその震源地のど真ん中にいたのです
土井義尚

□市ヶ谷レーダーサイト:令和二年夏の将官人事
□書籍:太平洋島嶼戦/新たなミサイル軍拡競争と日本の防衛/現代ミリタリーのゲームチェンジャー
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:日本飛行機株式会社 代表取締役社長 飛永佳成氏


定価 1,300円(税込み)