[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2020年5月号 |

軍事研究 2020年6月号

軍事研究2020年6月号 表紙表紙写真・海軍病院船を迎えるトランプ大統領
U.S.Navy
巻頭言・コロナ、ポストコロナ、そしてウイズコロナ
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン ステルスボマーB-21
U.S.Airforce
コブラの実弾射撃とサバイバル
菊池雅之
桜島火山爆発総合防災訓練 水陸両用救出作戦
芦川淳
シンガポールエアショー2020
竹内修
始動!東北方面特科連隊
野口卓也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:中露と比較「アメリカ空軍兵器」(19)
無人・有人の大型電子偵察機&新練習機
四発電子偵察機の老朽化と無人偵察機の増大/有人・無人の高高度偵察機コンビ/最強米空軍を育んだ練習機
軍事情報研究会

“米国激震”コロナ感染!世界安保体制の危機

激変する世界の安全保障環境
米国激震、軍隊に蔓延するコロナ・ウイルス
世界中の軍隊が能力を低下させている。その隙を突いて中国軍は対外軍事活動を強行、北朝鮮は核実験も
黒井文太郎

意図せぬ軍事衝突を回避するために
日本と潜在的脅威国の防衛交流
ロシアと中国は日本の「潜在的脅威」であり、事実、現在進行形で領土問題で係争中だ
福好昌治

「F-2」の屈辱を忘れるな!
開発着手!F-35を上回る次期戦闘機
待望の次期戦闘機(F-X)の開発が始まった。こんどこそ日本航空機メーカーの実力を示す機会だ!
吉岡秀之

どこまで進化するのか、最新の空対空ミサイル
21世紀、空中戦の戦い方が変わる
ドッグファイトは過去のものとなり、視程外射程ミサイルを発射・離脱する戦術が基本
青木謙知

米艦載機離着陸訓練場の移転先に急浮上
『無人島馬毛島』を国がまるまる買い上げ
どのような飛行場施設が整備されるのか?米軍機のほか自衛隊の利用はあるのか
文谷数重

空母打撃群に組み込まれる無人艇
海上、海中における無人兵器の活躍
英米で研究開発・試験が進むUSV/UUVの最新状況を紹介
多田智彦

初の国産空母「山東」就役、配備先は海南島
中国、南北で2個空母戦闘群編成!
「遼寧」に加え「山東」を保有し、2個空母戦闘群編成に向けた新たな一歩を踏み出した
田中三郎

ロシアの軍事衛星、米国の偵察衛星に異常接近!
『衛星対衛星』の知られざる戦い
「コースマス2542」。自国の衛星の監視や地球観測を行う衛星といわれていたが?
鳥嶋真也

「ゲームチェンジャー」極超音速滑空飛翔体
ロシアの誇る『アヴァンガルド』
果たして米国との軍事バランスを変えるゲームチェンジャー兵器になり得るのか
小泉悠

水陸機動団が求めた島嶼奪還の切り札
陸自V-22オスプレイと輸送航空隊
6月に木更津駐屯地にV-22が配備され、新編の陸自輸送航空隊が運用。オスプレイのユニークな能力と暫定配備の経緯
青木謙知

レーダー/通信妨害の対処と防護
勝敗を決するデジタル処理とソフトウェア
電子戦を仕掛けられる側にとって最も重要なのは? 知られざる対抗策を事例ごとに整理・解説
井上孝司

物語「令和」の時代の海上自衛隊(5)
22隻体制の完成間近!「潜水艦隊」
海自は昭和31年度に建造した戦後初の国産潜水艦「おやしお」の成功以来潜水艦を数多く建造、AIP艦「そうりゅう」型の誕生に至った
松本英昭

WORLD・IN・FOCUS(214)
「タンクチャレンジ2018」(前編) これは“NATO版総火演”だ 世界の軍事フォトグラファーが集合!
菊池雅之

陸将住職の行状記(3)
初代の陸上自衛隊補給統制本部長に就任
五個の中央補給処及び資材統制隊の廃止・改編による補給統制本部、関東補給処の新編。市ヶ谷移転構想の中で、陸上自衛隊の後方支援体制の近代化事業の締め括りが補給統制本部の新編だった
土井義尚

□市ヶ谷レーダーサイト:コロナ対策には法整備しかない
□書籍:海軍式 戦う司令部の作り方/軍艦春日回航記/ナポレオンの軍隊/九五式軽戦車
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:多摩川精機株式会社 専務取締役(開発担当) 熊谷秀夫氏(その2)


定価 1,300円(税込み)