[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2019年6月号 | 軍事研究 2019年8月号 »

軍事研究 2019年7月号

軍事研究2019年7月号 表紙表紙写真・下田「黒船祭」
U.S.Navy
巻頭言・金融・世界経済に関する首脳会合(G20)で何を
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン トルコIDEFのユニーク装甲戦闘車
清谷信一
春の駐屯地祭、三連発!
野口卓也
『令和』初の岩国フレンドシップデー
石原肇
イスラエル独立記念日を訪ねて
柿谷哲也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:中露と比較「アメリカ空軍兵器」(8)
ミグに落とされた『超音速戦闘機F-100シリーズ』
四年の間に六種のの新型戦闘機が出現
軍事情報研究会

疑惑のロシア『イスカンデル』ミサイル

拡大する中国の強硬な海洋進出に対処
陸自平成最後の新改編と令和への課題
抑止力と対処力を高める「統合起動防衛力」目標の下、即応起動する戦力を目指す陸上自衛隊
竹田純一

従軍取材:陸自NTC派米訓練
「これは最大・最強の訓練となるであろう!」
アメリカ軍兵士が「あまりに苛酷」と呻くナショナル・トレーニング・センターに挑戦
芦川淳

重武装の多任務小規模水上戦闘艦
米海軍次期フリゲート「FFG(X)」
対空戦/対水上戦/対潜戦/電磁戦に対応。LCS後継として合計二〇隻を建造予定
多田智彦

新たな弾道/巡航ミサイルの開発競争が始まる
米ロ『INF全廃条約』破棄!
条約外で軍事力増強に走る中国に対抗!ベネズエラとロシアの接近がアメリカを苛立たせる
能勢伸之

北方領土にも配備か?
最新ミサイル・システム「イスカンデルM」
「INF条約」の鬼子、ロシア・ロケット旅団の主力。北朝鮮の発射でにわかに注目!
小泉悠

空自墜落事故を受けF-35ファミリーを洗いなおす
実戦配備!艦上打撃戦闘機「F-35C」
4月にF-35A初の墜落事故が発生。一方F-35プログラムはA型B型に続き空母搭載型のC型の実戦配備が始まった
青木謙知

軍用洋上作戦機にパワーアップした737
南支那海を監視!米海軍P-8Aポセイドン
現地ボーイング工場を見学。既に沖縄にも配備されている新鋭哨戒機の対潜・洋上監視能力
石川潤一

将来はステルス艦形、電磁レールガン搭載
習近平が観閲、巨艦055A型「南昌」
米イージス艦を凌ぐ13000トン級のミサイル駆逐艦。特徴とその建造計画を紹介
田中三郎

一三億人の大国インドが宇宙軍拡競争に参加!
衛星攻撃作戦『ミッション・シャクティ』
米ロ中に続く衛星攻撃に成功!宇宙ゴミが大量発生するにもかかわらず非難はなかった
鳥嶋真也

今を生きるパレスチナ民衆のリアル
自爆テロ未遂犯の過去と現在
パレスチナではイスラエル寄り姿勢のトランプ政権の評判は悪い。一方、無能で腐ったパレスチナ指導部に絶望、イスラエル統治下に入った方が良いとの声も。しかし右翼ユダヤ人入植地は拡大
池滝和秀

島嶼奪回!陸上自衛隊上陸作戦の再検証
「導爆索」で水際障害の処理は可能か
水陸両用戦の能力強化を進める陸上自衛隊は導爆索の導入を計画している。しかし高密度に敷設された機雷の無力化は極めて困難である
文谷数重

米空軍は最新ステルス戦闘機のパーツを製造
『3Dプリンタ』軍事分野の正しい活用法
3Dプリンタは軍事分野ではどのような分野が向いているのか。利点と適した使い方を世界各国の軍事面における事例から探る
井上孝司

WORLD・IN・FOCUS(203)
陸自は大改革の真っ最中 機動化、新装備!機甲科廃止!? 万難を排して精強を目指せ
菊池雅之

一海上自衛官の回想(16)
練習艦隊司令官(北米・中米への遠洋練習航海その2)
一五〇年の歴史を持つアナポリス海軍兵学校にて第五十五代校長ラーソン大将を表敬。講話を拝聴後、兵学校全学生との昼食会が行われた。全学生四千名が揃うと壮観であった
山崎眞

□市ヶ谷レーダーサイト:丸山穂高の何が間違っているのか
□映画&書籍:ハッピー・デス・デイ/戦闘機「超」集中講義/回天
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:クラリオンイベント ディフェンス&セキュリティーマネージングディレクター ティム・ポーター氏


定価 1,300円(税込み)