[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2018年12月号 |

軍事研究 2019年1月号

軍事研究2019年1月号 表紙表紙写真・コロンボに入港した海自護衛艦「かが」
柿谷哲也
巻頭言・少子高齢化も国家の安全保障問題
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンスウエポン アルミヤ2018のロシアンAFV
木村和尊
21世紀のアドヴァンスウエポン 新世代装輪装甲車ボクサー
竹内修
「かが」in インド洋
柿谷哲也
アブハジアの「戦勝」記念日
松村真基雄
珠海エアショー2018
布留川司/鈴崎利治
平成最後の観閲式は威風堂々に
野口卓也


ミリタリー・ニュース

新連載 カラー図説:中露と比較「アメリカ空軍兵器」(2)
戦略爆撃機の誕生『複葉機から究極のB-29』
航空機後進国であったアメリカ/大戦時に大量調達した四種の欧州製爆撃機
軍事情報研究会

皇太子の“暗殺部隊”15人の実行犯

ジャーナリスト・カショギ氏謀殺事件
皇太子の「暗殺部隊」15人の実行犯
在トルコ領事館で殺害。その規模からしてムハンマド皇太子の指示であるのは間違いない
黒井文太郎

安田純平氏はなぜ解放されたのか!
『イスラム二大国』イランとサウジの対決
イスラム教スンニ派のサウジアラビアとシーア派のイランの覇権争いがエスカレート
池滝和秀

米『スペース・フォース』の秘密兵器か!
謎の無人スペースプレーン『X-37B』
宇宙空間に一年を超えて滞在。五回のミッションでいったい何をやっているのか!
鳥嶋真也

二十一世紀陸上自衛隊の新体制(3)
『虎の子』機甲師団と『政経中枢』師団
戦車の三分の一を抱える第7師団。第1師団と第3師団は首都圏、関西圏を守る「政経中枢タイプ」
奈良原裕也

ロシア軍空前の大軍事演習、北方領土も連動
「ヴォストーク2018」二九万七千人動員
毎年秋に実施する軍官区単位の演習。今年は東部軍管区主体、対日米戦争を念頭に
小泉悠

米海軍の中国A2/AD突破戦略!
空母戦力は大陸深奥の戦略拠点を狙う
米海軍は現在水上艦からなる小規模部隊を多数編成、従来の艦隊防空や航空優勢の確保から長距離攻撃へとシフト
文谷数重

攻撃半径は5000km!目標はグアム米軍基地
中国H-6K巡航ミサイル爆撃機
『中国の軍事力2018』は、中国軍爆撃機の長距離洋上オペレーションを初めて特集した
田中三郎

「装輪装甲車(改)」には「ボクサー」
自衛隊員の「戦死者」を出さないために
国内開発は挫折してしまったが、即応起動連隊の中核新型装輪装甲車の装備化は焦眉の急だ
竹内修

ISR無人機/空中発射デコイ/対電波放射源ミサイル
空自対艦/対地攻撃力に必要な装備
スタンドオフ・ミサイルの導入だけでは向上しない攻撃能力向上のために求められる体制と導入すべき装備
宮脇俊幸

次世代の戦闘機/爆撃機パイロット養成マシーン
米新高等練習機『ボーイングBTX-1』
T-38の相次ぐ墜落、遂に米空軍も新型機種を決定。空自のTX選定も左右しかねないBTX-1の選定から採用理由までを解説
石川潤一

「国際海軍海洋展示会」ユーロネイヴァル2018
三菱重工業初参加!多任務フリゲートを展示
三菱重工が多任務フリゲートFMMFを展示、フリゲートやコルヴェットなどの新型水上艦艇や無人機の出展が目立った
多田智彦

果たしてあなたは理解できるか?
イージス戦闘システムのコンピュータ言語
コンピュータを動かすソフトウェアはどのような仕組みとなっているのか。最新の防衛装備品と身近なPCを題材に解説
井上孝司

WORLD・IN・FOCUS(197)
フォーカス的2018年重大ニュース 陸自の大改編!!陸上総隊発足 誕生!女性戦闘機パイロット
菊池雅之

一海上自衛官の回想(10)
海幕班長としてイージス艦などの予算要求
着任当時「61中期防」が始まったばかり。初導入のイージス艦の予算要求の詰めでは海幕一丸となって対処すべき課題が
山崎眞

□市ヶ谷レーダーサイト:市ヶ谷庁舎『人民食堂』閉店
□映画&書籍:バハールの涙/プロジェクト・オブ・スカンクワークス/ドイツ装甲部隊史1916-1945
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:ボーイング ジャパン株式会社 アジア担当リージョナル エグゼクティブ ジョン・スーディング氏


定価 1,300円(税込み)