[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2018年11月号 |

軍事研究 2018年12月号

軍事研究2018年12月号 表紙表紙写真・陸上自衛隊、イギリス陸軍と初の共同訓練
野口卓也
巻頭言・米国の中間選挙と日中首脳会談
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンスウエポン CV-22B!クローズ・アップ
石川潤一
国産超音速空対艦ミサイルASM-3
防衛装備庁
横田基地日米友好祭2018
石原肇
本邦初公開!レイセオン・ツーソン工場
レイセオン
ユニオンジャック、富士に翻る!
野口卓也


ミリタリー・ニュース

新連載 カラー図説:中露と比較「アメリカ空軍兵器」(1)
空の帝国アメリカ『世界最強の空軍力』
第五番目の軍隊・アメリカ空軍の誕生/その中核部隊は一二個のメジャー・コマンド
軍事情報研究会

高額米国製輸入兵器ばかり!31年度防衛予算

調達を見送り!外国製ミサイルを調達
国産超音速空対艦ミサイル『ASM-3』完成
航空自衛隊は三一年度概算要求に量産調達経費の計上を見送り、外国製空対艦ミサイルを導入
小林春彦

夜の佐世保疾走&五島列島で総合防災訓練
インスタ映え!水陸両用『AAV7』
陸自「水陸機動団」は今年三月の発足以来、単独あるいは他国との共同で水陸両用作戦訓練を続けている
芦川淳

陸自三一年度防衛予算を読む
島嶼防衛とミサイル防衛の二正面戦!
陸自の主敵は中国と北朝鮮!問題はイージス・アショアに多額の予算を取られることだ
福好昌治

空自F-15の『能力向上』F-35の不足を補う
FMS調達増加!米国への依存度高まる
能力向上機が搭載する電子機器やミサイルは国産から外国製に切り替わるなど米国への依存度は高くなる
小林春彦

海上自衛隊は護衛艦五四隻、潜水艦二二隻体制
新世代FFM護衛艦3、4番艦建造
現中期防に引き続き護衛艦や潜水艦の建造、既存装備の改修等が整備の中心となっている
多田智彦

北朝鮮の弾道ミサイルに怯えて過剰評価
イージス・アショアは無駄な買い物か!?
急遽導入が決まったイージス・アショア。当初1基800億円が1237億円にまで高騰。配備先の周辺自治体の反発も。問題の原因と対処法
文谷数重

手段を選ばぬ海外軍民両用技術の窃盗
アメリカの覇権を脅かす『軍事的脅威』
米国防総省年次報告『中国の軍事力』。急速に近代化が進む中国人民解放軍の評価はいかに
能勢伸之

作戦行動半径2000km!日本の大部分を覆う
ステルス戦闘機J-20山東半島に配備
進出距離倍増を目指し空中給油機部隊を拡大!中国の空軍力は新たな局面を迎えている
田中三郎

第5世代原潜とAIP潜水艦の開発着手
よみがえるか?ロシア潜水艦隊
ロシア海軍はソ連崩壊後の混乱を脱したか?新国家装備計画「潜水艦・洋上航空戦力編」
小泉悠

アメリカ防衛産業のビッグ5!
多種多様、レイセオン社ミサイルの数々
日本の防衛に密接にかかわる装備品を開発・製造しているメーカーの工場を取材。その技術力と生産力を実感
竹内修

在日米空軍横田基地取材!
海兵MV-22より凶悪なCV-22Bオスプレイ
巨大な米空軍全体でもわずか4個しかないCV-22B特殊作戦機の飛行隊。2018年、遂に横田基地に四番目の部隊が編成
石川潤一

海でも空でもイージスシステムの主力ミサイル
『SM-3』弾道弾迎撃専用ミサイル
米国が開発し西側世界に輸出されているレイセオン社製スタンダードミサイルのうち、BMDシステムを構成しているSM-3は進化を続けている
井上孝司

WORLD・IN・FOCUS(196)
タイ軍艦「タークシン」乗艦記 国が変われば“匂い”も変わる 中国船体に米国の武器
菊池雅之

一海上自衛官の回想(9)
米国海軍大学留学
昭和六十年米海軍大学に入校。NCCのびっしり詰まった講義の合間、一八か国から集まった学生同士、お互いの親睦を図り理解しあう関係を築くことは大きな財産となった
山崎眞

□市ヶ谷レーダーサイト:自衛隊はゴジラと戦えるのか?
□書籍:16式機動戦闘車写真集/米軍式・最強の意思決定/F-35完全教本/作戦司令部の意思決定
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:公益財団法人防衛基盤整備協会 専務理事 石渡幹生氏(続き)


定価 1,300円(税込み)