[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2017年11月号 |

軍事研究 2017年12月号

軍事研究2017年12月号 表紙表紙写真・X-2 先進技術実証機
石原肇
巻頭言・長期政権でなければ取り組めないこと
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン X-2高運動性試験フェーズへ
本誌取材班
英国の軍事・セキュリティ見本市DSEI
清谷信一
第6師団、ヤキマで全力射撃
野亦義久
北部方面実動演習『北鎮29』
野口卓也
ロシアのパールク・パトリョート
浜田一穂
アメリカ空軍横田基地友好祭2017
石原肇


ミリタリー・ニュース

カラー図説:戦争を変える『現代の超兵器』(5)
「電磁レールガン」誕生した軍艦の近未来主砲
マッハ二三の極超音速、レールガンの革命的な潜在能力/実用レールガン開発、射程三七〇km超え
軍事情報研究会

特別公開『X-2』vsロシアSu-57ステルス戦闘機

太平洋で核実験強行か?
北朝鮮、水爆実験に成功!?
金正恩が得意気に公開した水爆模型「ピーナッツ」映像を分析・正しく解説する
野木恵一

平成三〇年度『自衛隊航空戦力』の予算案
特別公開!X-2ステルス先進技術実証機
来年度はP-1/C-2に続く航空機開発としてF-2後継機に係る判断を下す年である
小林晴彦

探知困難!中国の衛星攻撃兵器
『紛争空間』へ変貌する宇宙空間
防衛省は来年度概算要求に四四億円を計上し、宇宙監視システムの詳細設計等を実施する
上河徹

中国正規空母を凌駕するステルス搭載軽空母
海自「いずも」型空母と「F-35B」
「いずも」「かが」に中国は怒りくるっている。悲願の空母戦力を持てば中国海軍も恐れるにたりぬ
文谷数重

制式名称決定!第5世代戦闘機
ロシアのステルス戦闘機『Su-57』
ステルス性を追求した機体と超音速巡行能力、ロシア独自の三次元型エンジン搭載
青木謙知

西側の介入意図を挫く警告射撃的『核』使用
ロシア軍大演習「ザーパド2017」
ロシア・ベラルーシ連合軍合わせて人員1万2000人、航空機70機、戦闘装甲車両680両、艦艇10隻、実態はその数倍が参加したとみられる
小泉悠

島嶼防衛や弾道ミサイル事態に対応困難! 航空自衛隊の後方体制(後編)
複合的危機に直面する『空自後方』
今や複合的危機に直面する空自後方が目指すべき将来体制・態勢を提言する
尾上定正

北朝鮮キム委員長をミサイルで狙い撃ち
無人攻撃機『プレデター』一族の発展
韓国に無人攻撃機を配備すると発表。たちまち金正恩への刺客配備と騒がれた
石川潤一

「ブラックウォーター」元CEO
中国民間軍事会社会長エリック・プリンス
実姉はトランプ政権の教育長官。自らは共和党支持者で、いまや中国民間軍事会社FSGの会長
阿部拓磨

現地取材!夜の街を突っ走る新型戦車アルマータ
ロシア対独戦勝パレード
大量のロシア人に囲まれたなかで撮影。街中を行進するICBM(大陸間弾道弾)の姿に思わず眩暈が
鈴崎利治

サンクトペテルブルク海洋防衛博
ロシア海軍の新型レーダーと射撃指揮装置
IMDS2017では、艦船だけでなく各種レーダーや兵装も展示された。旧ソ連時代の装備から新型多機能レーダーまで
多田智彦

軍事と鉄道(8)(最終回)線路は続くよどこまでも♪
鉄道の存在が果たす役割と効果
新幹線の車両開発に活きた「ゼロ戦」の技術など
井上孝司

WORLD・IN・FOCUS(184)
外洋練習航海取材記(2) 献花・慰霊も練習航海の任務です 慰霊碑を清掃、桜を植樹
菊池雅之

航空自衛隊一技術幹部の生涯(6)
心血を注いだFS-Xの開発
開発に大切なものは人である。何にもまして必要なことは良い戦闘機を作り上げるのだという情熱であろうと思う
松宮廉

□市ヶ谷レーダーサイト:審判下る!須らく改憲すべし
□書評:スペツナズ/第二帝国/パンツァー・オペラツィオーネン/日本の港 艦艇ウォッチングガイド
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:防衛省 大臣官房衛星監 田原克志氏


定価 1,230円(税込み)