[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2017年10月号 |

軍事研究 2017年11月号

軍事研究2017年11月号 表紙表紙写真・「富士火力展示」振動ローラとマカダムローラ
花井健朗
巻頭言・本音と建て前の間で戸惑う国際社会
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン 続々登場!新世代潜水艦ラインナップ
永江修・他
航空自衛隊三沢基地航空祭12年ぶりにB-1展示
石原肇
モスクワ・タンクバイアスロン2017
鈴崎利治
クビンカ戦車博物館巡り
浜田一穂
富士総合火力演習「緊張の夏」火力の夏!
野口卓也/花井健朗


ミリタリー・ニュース

カラー図説:戦争を変える『現代の超兵器』(4)
第四の大量破壊兵器『自動車爆弾(VBIED)』脅威と進化
自動車爆弾、規格外の破壊力が民間人を無差別殺戮/アフガン派遣米軍の敵は自動車爆弾攻撃
軍事情報研究会

日本『弾道ミサイル防衛』に全力

「お願いだから攻めてこないでくれ!」
金正恩の望みは唯一「金王朝」の永続
ツイッター親爺とちびっ子ロケットマンの罵りあい!アメリカとは開戦したくないし、交渉する気もない
黒井文太郎

グアムを完全に包囲、あとは核弾頭を装着するだけ
「火星12」日本上空800km、3700kmを飛翔
「断じて容認できない」「断固とした抗議」。強がりではなく打ち落とす兵器と実力はあるのか?
井上孝司

平成三〇年度防衛予算を読む
主敵は北朝鮮、喫緊の課題『ミサイル防衛』
「事項要求」で導入が既成事実化した「イージス・アショア」!島嶼防衛用の高速滑腔弾開発も
福好昌治

イージス艦にBMD機能、「イージス・アショア」も導入
日本は『弾道ミサイル防衛』に全力
北朝鮮の核・ミサイル対策で「イージス・アショア」の導入検討。海自イージス艦にBMD防衛機能を付与
多田智彦

沿岸警備も外洋作戦もおまかせあれ!
「30DX」新しい構想の汎用護衛艦
対水上船や対潜戦等に対機雷戦機能も具備、多様な任務への対応能力の向上と船体のコンパクト化を両立
大塚好古

『後方』なくして『勝利』なし!
航空自衛隊の後方体制にメスを入れる
正面装備の価格上昇、任務の増大で後方の体制は危機的な状況に陥っている
尾上定正

F-22並みの高性能か、張り子の虎か?
中国最新のステルス戦闘機殲撃J-20
次々と国産戦闘機をとうじょうさせている中国初のステルス戦闘機、その機体形状・兵器システム等々を解析
青木謙知

極東ロシアの経済振興と軍事プレゼンスの拠点
開かれた『軍都ウラジオストク』
核実験場のある東北部北朝鮮国境からわずか100km強!ロシアの狙いはなにか!
小泉悠

艦隊決戦を有利にする「巡洋艦戦略」
中国海軍の鼻面を引きずり回せ!
中国に制海権を握らせないため、日本の国力でも実施できる「巡洋艦戦略」のすすめ
文谷数重

2018年会計年度米国防予算要求
米海陸軍が一年で購入する最新主力兵器
「三軍装備とミサイル調達篇」弾道ミサイル防衛システムにも莫大な予算が投入される
石川潤一

「法的検証」シリア内戦の化学兵器虐殺
国際法は戦争犯罪を駆逐出来ないのか
民間人死者の75%はアサド政権とロシアのしわざ。具体的に国際法の何に違反しているのか。
木村和尊

英国の航空機増産・影の工場をフル活用
『バトル・オブ・ブリテン』勝利の裏に
イギリスは迎撃戦術と戦闘機・爆撃機の急速増産「グループ計画」「影の工場」で戦いぬいた
宮園道明

WORLD・IN・FOCUS(183)
外洋練習航海取材記(1)「ふゆづき」「みちしお」in マレーシア 海自“練習航海”とは?
菊池雅之

航空自衛隊一技術幹部の生涯(5)
FS-X開発の前哨戦、日米で政治問題化
昭和六三年三月空幕装備部長に着任。技術出身ということもあり、あまり細かいことに口を挟まぬよう気を付けたつもりが逆効果となり、今考えると申し訳ないことをした
松宮廉

□市ヶ谷レーダーサイト:将官人事の問題点と昇任者略歴
□書評:スパイ大事典/機龍警察 狼眼殺手/陸上自衛隊最前線/中国の海洋侵出を抑え込む
□映画&DVD:パトリオット・ウォー ナチス戦車隊に挑んだ28人・IT/イット“それ”が見えたら、終わり。
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:ノースロップ グラマン ジャパン 社長 スタン クロー氏


定価 1,230円(税込み)