[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2017年6月号 | 軍事研究 2017年8月号 »

軍事研究 2017年7月号

軍事研究2017年7月号 表紙表紙写真・中国初の国産空母「001A」進水
中国国防省
巻頭言・アメリカ合衆国とアメリカ合州国
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン 中国国産空母「001A」
柿谷哲也
ロシア対独戦勝パレード2017
ロシア国防省
自衛隊アデン湾海賊対処行動 陸海空
菊池雅之
善通寺第14旅団の市中パレード
野口卓也
米海兵隊岩国基地フレンドシップデー
石原肇


ミリタリー・ニュース

カラー図説:冷戦兵器の大巨人『アメリカ陸軍』(16)
日本有事の太平洋米陸軍と特殊作戦部隊
歩兵部隊のいない在日米陸軍の存在価値とは何か/沖縄にも駐屯する陸軍の特殊作戦部隊
軍事情報研究会

特殊部隊か大戦争か!金正恩「斬首作戦」

脅威の実態とイージスシステムの現状と将来
対中国/北朝鮮、イージス艦8隻の国土防衛能力
海自イージス艦は中国や北朝鮮の弾道ミサイルに対し有効に対処できるシステムだ
山崎眞

特殊部隊の潜入か大規模軍事作戦か
「斬首作戦」金正恩の首を取れ!
アメリカは間接・直接の手段をもって敵対国家を転覆させ、テロリストを抹殺してきた
竹内修

自民党、弾道ミサイル防衛能力強化で緊急提言
北のミサイル発射基地を先制攻撃
わが国のBMD能力の強化のため、新規装備の導入や敵基地反撃能力の保有を提言
能勢伸之

北朝鮮、ミサイル開発への恐るべき執念
二つの大型発射車両、そのメカニズムと能力
「太陽節」パレードに登場した二種類の大型弾道ミサイルは、同じミサイルの「二段型」と「三段型」ではないか
野木恵一

日本も導入か! 射程1000km超の攻撃能力
『トマホーク巡航ミサイル』
「毒ガス基地」を攻撃!これまでにも悪者を攻撃してきたトマホークのメカ・戦歴・使い方
青木謙知

海岸で身を曝し全滅を待つしかない水陸機動団
火力支援なき島嶼奪還作戦の悲劇
敵前上陸作戦に不可欠な海空からの火力支援は不十分で整備も進んでいない。問題と解決策とは
文谷数重

3年目を迎えたロシアのシリア介入(前)「対テロ戦争」を名目に無差別空爆
起死回生!アサド政権を救ったプーチン
アサド政権を存続させることに成功し、シリア情勢を巡る対立の構図を大きく書き換えた
小泉悠

北朝鮮を恫喝したトランプ政権の切り札
日本海に送り込んだ空母打撃群の実力
新型フォードを含む米海軍のニミッツ級空母と空母航空団の戦力体制を艦載機の編成を含めて解説
石川潤一

アメリカ海軍の近未来が見えてくる
『ネイビー・リーグ2017』
LCSに替わるフリゲートをはじめ、フォード級次期空母、ズムウォルト級次期駆逐艦、コロンビア級次期弾道ミサイル原子力潜水艦など
多田智彦

共産党大会を前に海軍重視の将官人事
海洋支配を目指す「習近平戦略」
海軍司令員と三大艦隊司令員はすべて交代。南シナ海の防衛を担当する南部戦区の司令員に海軍将官が就任
田中三郎

二兆円の巨大プロジェクト!社運を懸けたボーイングの闘い
米空軍「T-X」選定レースの行方
T-38後継となる次期高等練習機には3機種が有力候補とされている。いよいよ本格化する機種選定レース
林富士夫

軍事と鉄道(5)車両の武装化/装甲化
「装甲列車」走る諸兵科連合部隊
「装甲列車」は米南北戦争で初めて登場後、ロシアや中国大陸で活躍。「列車砲」の思想は第2次大戦後鉄道移動式ICBMに
井上孝司

WORLD・IN・FOCUS(179)
激戦を封じ込めた島 ペリリュー島慰霊祭 LCACで上陸果たす
菊池雅之

航空自衛隊一技術幹部の生涯(1)
パイロットを断念、技術幹部を目指す
「航空自衛隊に博士はいらない」この言葉は肝に銘じて片時も忘れたことはない
松宮廉

□市ヶ谷レーダーサイト:本日天気明朗なれど波高し
□映画:ハクソー・リッジ/ドッグ・イート・ドッグ
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:経済産業省製造産業局航空機武器宇宙産業課長 畑田浩之氏


定価 1,230円(税込み)