[ メイン | 本 誌メニューへ戻る ]
« 軍事研究 2017年3月号 | 軍事研究 2017年5月号 »

軍事研究 2017年4月号

2017年4月号 表紙
表紙写真・珠海「中国航空宇宙博覧会」
鈴崎利治
巻頭言・三つの不確定要因が重なって厳しくなる朝鮮半島情勢
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン アメリカの新型装甲車AMPV登場!
BAE Sys.他
エアショーチャイナ2016
鈴崎利治
第2師団、雪中の救命ドクトリン
野口卓也
E-2Dホークアイの岩国展開
野口卓也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:冷戦の大巨人『アメリカ陸軍』(13)
ブラッドレー一族の支配&諸兵科連合大隊の強さ
ロシア重歩兵戦闘車はブラッドレーを完全圧倒/旅団の中核機動打撃力・諸兵科連合大隊
軍事情報研究会

トランプ大統領が起こす『戦争』

オルタナ右翼と「アメリカ・ファースト」
トランプ大統領が起こす『戦争』
国内はすでに「内戦状態」!トランプ大統領は実は安全保障分野に対する知識は低いし関心もない
黒井文太郎

固体燃料技術とコールド・ローンチ
金正恩の新型ミサイル、日本全域を射程に
固体燃料ロケットの技術的特徴、コールド・ローンチのメカニズム、そして性能、北極星2のすべて
野木恵一

日米NIFC-CAによるミサイル防衛の新体制
中国巡航ミサイルの脅威を排除!
米海軍の巡航ミサイル対処NIFC-CAを構成するF-35BとE-2Dが相次いで岩国に配備された
能勢伸之

在日海兵隊、A-18D、AV8Bを更新
F-35B実動部隊、岩国に到着!
F-35B岩国配備までの経緯、ならびに同機の特徴であるSTOVL能力のメカとシステム
井上孝司

米海兵隊に選ばれた『岩国基地』
最新ステルス機F-35初の海外配備
米全軍における初のF-35海外配備先となった日本。質的に変貌しつつある海兵隊岩国基地
青木謙知

米海軍空母打撃群のクォーターバック
空飛ぶ司令塔「E-2D」早期警戒機
石川潤一

カタパルトを必要としない「制海艦」構想
F-35Bは大型空母の存在意義を奪う
垂直離着陸機の登場は、カタパルトと原子力推進が必須だった大型空母の存在意義を揺るがす
文谷数重

本格的大型空母か身の丈にあった空母もどきか
中国空母艦隊、台湾沖を周回
V/STOL機や回転翼機を搭載できる全通型飛行甲板を備えた実質的な「空母」保有国も出現
多田智彦

蒸気式は通常動力型/電磁式は原子力空母?
中国艦載機のカタパルト発艦実験
スキージャンプ方式に替えてカタパルトを採用するのか?長期建造計画の動向をカタパルトの観点から分析する
田中三郎

アジア太平洋の米軍戦力 最終回
地球の至る所に、アメリカ覇権の源泉
豪州に秘密通信傍受基地、ディエゴに爆撃出撃基地。配備されている米軍基地と展開している米軍戦力
福好昌治

ロシア「南アジア戦略」に変化!
インドの宿敵パキスタンに急接近
ロシアは冷戦期より南アジアにおいて「戦略的パートナー」であるインドとの関係を重視していたが、近年南アジア政策に変化の兆しが見える
小泉悠

オキナワ短信―「やんばるの森」を踏み荒らす活動家
オスプレイ墜落の現場を行く
芦川淳

テロ対策特殊装備展「SEECAT16」
これで[テロ]を封じ込めるのか!?
国内唯一のテロ専門対策展であるSEECATは昨年10月で10年目の開催を迎えた
阿部拓磨

WORLD・IN・FOCUS(176)
ESSM、みごとに命中! ヘリ空母「ひゅうが」取材記 金曜カレーは最高
菊池雅之

一陸上自衛官の回想(12)
「阪神淡路大震災」(二)
自衛隊の救援活動は、人命救助や医療支援、給水・給食、入浴支援、人員・物資の輸送、倒壊施設や道路障害の排除など広範多岐にわたる活動を長期間行うことができる。体験に基づく改善すべき点は
松島悠佐

□市ヶ谷レーダーサイト:稲田防衛大臣 大丈夫か?
□書評:自衛隊のヒト・カネ・組織/検証 危機の25年/[新版]独ソ戦史/ガントリビア99
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□今月の「軍事知識検定」
□顔:ノースロップ・グラマン ディレクター フローリィ B.エリス氏


定価 1,230円(税込み)