[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2016年3月号 | 軍事研究 2016年5月号 »

軍事研究 2016年4月号

軍事研究2016年4月号 表紙表紙写真・陸上自衛隊90式戦車
鈴崎利治
巻頭言・明るい展望の見当たらない国際社会
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
先進技術実証機『X-2』初公開!
小林春彦
北朝鮮、弾道ミサイル発射強行!
APF時事
日米共同訓練「フォレストライト02』
菊池雅之
ちゅらわしのぐすく、その名は第9航空団
野口卓也
空中機動!第12旅団、ヘリボーン指導官養成訓練
芦川淳
相模原市国民保護実動訓練
野口卓也


ミリタリー・ニュース

新連載カラー図説:冷戦兵器の大巨人『アメリカ陸軍』(1)
陸軍生誕240年・今ロシアの脅威
二人の陸軍制服トップが米国の第一の脅威はロシアだと表明/米陸軍現役兵力の歴史的推移
軍事情報研究会

公開!ステルス技術実証機『X-2』初飛行へ

世界の「ステルス戦闘機」技術発展の系譜
初公開!先進技術実証機『X-2』
敵レーダー波を散らす・閉じこめる・抑えこむ…。日本は将来戦闘機の母体X-2を試作研究
青木謙知

ベル412EPIベースの国際共同開発に
陸自UH-Xの逆転劇は何故起きたのか?
何度も見送られた陸幕要求のOH-1ベースの国産案。7年も遅れて開発着手になった背景に何が!
吉岡秀之

世界最大の派遣軍:戦う在日米軍(6)(最終回)尖閣有事・離島防衛・対北朝鮮コマンドウ
在日米軍の戦い『日本有事』
世界最大の派遣軍・戦う在日米軍〈最終回〉。日中開戦となった時、在日米軍はいかに戦うのか?大胆予測
福好昌治

大陸の奥深く配置された兵器工場
米軍が恐れる排除不可能な中国の脅威
独ソ戦を勝ち抜いたソ連の教訓を現代に活かす。多くの工場群は大陸の奥深く縦深・分散配置されている
宮園道明

国防建設の最重点に置く「情報」化
中国総参謀部の「信息化」方隊
「信息(インフォメーション)」を重視、「紅客(ハッカー)」によるネットワークシステムへの攻撃を準備
田中三郎

中国母艦航空部隊vs米空母航空団
J-15フライング・シャークの正体
文谷数重

第2次大戦後の米軍大将の系譜(その2)
米海軍・海兵隊と統合軍の4つ星達
第二次大戦終結から七〇年間に現役で大将となったのは、海軍が一五四名、海兵隊が四八名を数える
永井忠弘

出来るか「再突入弾頭」「固形燃料」「小型化」「移動式」
北朝鮮長距離ミサイル、真の脅威!
露天発射台の光明星/テポドンはいつでも潰せる。車載移動式弾道ミサイルこそが真の脅威だ
野木恵一

アメリカ海軍の誇るニミッツ級
横須賀配備の最強空母「ロナルド・レーガン」
ニミッツ級原子力空母9番艦「ロナルド・レーガン」は8番艦までと異なりより進化している
多田智彦

「光明星」発射に間に合わなかった沖縄ルポ
与那国駐屯地は郷土部隊!
「北朝鮮ミサイルに待機する自衛隊」は撮れなかったが、着々と工事進む与那国駐屯地を確かめることができた
芦川淳

2015年版ロシア「国家安全保障戦略」
内乱を呼ぶ「カラー革命」の脅威
新「国家安全保障戦略」のなかでロシアが考える全般的な情勢認識や追求する国益とは何か?
小泉悠

二一世紀軍艦がこぞって採用!
ガスタービンエンジンRR「MT30」
ステルス駆逐艦ズムウォルト、LCSフリーダム、空母エリザベス、最新鋭軍艦が採用
竹内修

アメリカ空軍メジャー・コマンド「MAJCOM」(1)
空軍戦闘機・重爆撃機の総司令部とは何か
今回は航空戦闘軍団、グローバルストライク軍団、特殊作戦軍団、宇宙軍団の部隊編成を紹介
石川潤一

WORLD・IN・FOCUS(164)
「ドーンブリッツ15」取材記(中) 10年前にこの状況を想像できたろうか(いや誰もできない)
菊池雅之

空の防人回想録(24)(最終回)
後輩に伝統継承を託して『退官』
自衛官の人生はと聞かれると、喜びや感動したことよりも、殉職した部下の葬送式で無念の思いや流した涙の思いが強く残っています
鈴木昭雄

□市ヶ谷レーダーサイト:北朝鮮の核・ミサイル報道に違和感
□書評:戦術学入門/オールアバウト陸上自衛隊/戦略的インテリジェンス入門/ガンルージュ
□映画&DVD:ヘイトフル・エイト/レディ・ソルジャー
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□今月の「軍事知識検定」
□顔:防衛省大臣官房審議官 西田安範氏


定価 1,230円(税込み)