[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2015年3月号 | 軍事研究 2015年5月号 »

軍事研究 2015年4月号

軍事研究2015年4月号 表紙表紙写真・陸上自衛隊のAAV7
河津幸英
巻頭言・知ってないことを知る謙虚さ
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン 米海軍の機動揚陸台船MLP
U.S.NAVY
島嶼防衛!陸上自衛隊のAAV7
河津幸英
日米共同訓練・フォレストライト02
野口卓也
フォレストライト01・日米の空中機動作戦
菊池雅之
ノースウインド2・矢臼別空挺降下
野口卓也
伊勢湾MINE-X
花井健朗


ミリタリー・ニュース

カラー図説「アメリカ海軍vs中国人民解放軍(5)」
米艦隊を阻止せよ!中国の空母キラーウエポン
A2/AD戦略の手本はソ連/中国の偵察衛星は米空母を一日に何回ほど監視できるのか
軍事情報研究会

『イスラム国』世界一の美人兵士を斬首

世界一の美人クルド兵士を陵辱・斬首
『イスラム国』残忍!狂暴!を誇示
イスラム国のスポークスマンを強制される英国人記者/幼児・少年時代からテロリストを養成
阿部拓磨

アメリカ、世界最強ステルス戦闘機を投入
F-22A「イスラム国」爆撃
ステルス戦闘機F-22Aラプターの初実戦イスラム国爆撃。はたして第五世代戦闘機の実力とは
青木謙知

アメリカ空軍重爆撃機トリオの現状・将来(1)
「イスラム国」爆殺!超音速爆撃機B-1B
重爆撃機トリオの中で一番怪力のB-1Bランサーは、一四四発という大量の精密直撃弾を搭載する
石川潤一

元はと言えばアメリカ軍の置き土産
イスラム国の豪華な近代兵器
火砲と航空機はソ連製とアメリカ製の両方…。イスラム国が誇示する豪華装備だが、所詮は鹵獲品
竹内修

アメリカ統合軍の戦い(9)最終回:米統合軍特殊作戦部隊の対テロ戦争(後)
ビンラディンからイスラム国へ
対テロ掃討作戦と親米勢力育成を遂行、しかしイラクでは「イスラム国」の台頭を許してしまった
福好昌治

日系アメリカ人の将官たち
米太平洋軍司令官にハリス海軍大将
永井忠弘

経済制裁/原油価格下落/軍事圧力
プーチン政権最大の危機!
ウクライナから始まったロシアと西側の角逐。欧米とサウジアラビアがロシアに仕掛ける三大圧力
小泉悠

日本優位の前提条件は沖縄の航空基地
中国は太平洋「第2列島線」を目指す!
中国の水上艦隊は琉球列島線を突破することはできない。巷の中国脅威論の現状認識をただす
文谷数重

地上における空母パイロット養成基地
中国純国産空母、満載排水量8万トン
純国産空母の建造が進められ、並行して「海軍飛行員訓練センター」の建設も進んでいる
田中三郎

F-35Aの調達は最小限にせよ!
航空防衛産業を元気にする6つの処方箋
吉岡秀之

『艦載巡航ミサイル』
艦隊決戦から陸上攻撃の主役へ
水上目標と陸上目標双方が攻撃可能なだけでなく、長距離の精密誘導も可能となっている
多田智彦

与那国は自衛隊誘致を再決定
辺野古移設工事とヘイトスピーチ
焦点は辺野古への米軍基地移設問題だ。しかし移設反対を叫んでいるのは辺野古の住民ではない
芦川淳

パンツァー・クリーク(10):番外編
日本戦車隊、最初で最後の大戦果!
太平洋戦争劈頭、マレー半島に上陸した日本陸軍戦車隊は果敢に先制奇襲、英軍防御ラインを次々と突破
山野治夫

WORLD・IN・FOCUS(152)
頼もしき自衛隊の災害対処演習 『みちのくALERT2014』 オスプレイが悪目立ち…
菊池雅之

空の防人回想録(12)
『ミグ25事件』暴かれた低高度対処能力
一番恐れたのはソ連が函館まで「ミグ25」を破壊もしくは取り戻しに来るのではないかということだったそうです
鈴木昭雄

□市ヶ谷レーダーサイト:防衛省の今年と装備庁新設を占う
□書評:あたご型護衛艦モデリングガイド/近現代日本の軍事史/パラグアイ戦争史/潜水艦完全ファイル
□書評:メカブックス現代ピストル/日本国最後の帰還兵深谷義治とその家族/機龍警察火宅/ヒトラーランド
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・統合幕僚監部防衛計画部長 山村浩海将補


定価 1,230円(税込み)