[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2014年11月号 | 軍事研究 2015年1月号 »

軍事研究 2014年12月号

軍事研究2014年12月号 表紙表紙写真・公試運転中の「いずも」
花井健朗
巻頭言・エボラ出血熱の大規模感染を止められるのか
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン アフリカ最大の軍事見本市
清谷信一
第12旅団御嶽山噴火災害派遣
統合幕僚監部
在外邦人等輸送訓練
野口卓也
日米実動訓練「雷神2014」
芦川淳
横田基地友好祭2014
石原肇


ミリタリー・ニュース

カラー図説新連載:「アメリカ海軍vs中国人民解放軍」(1)
海洋派遣を握る米海軍の巨大シーパワー
湾岸地域でイスラム国を攻撃/中国を想定した海上大演習バリアント・シールド2014
軍事情報研究会

中国の大本営「中央連合作戦指揮センサー」

民間軍事会社CEOを名乗る「戦争ぼけ」
『ユカワ・ハルナ』とは何者か!?
中東では目の仇とされる民間軍事会社の実態を知らぬ日本人の「平和ぼけ」ならぬ「戦争ぼけ」
阿部拓馬

首斬り・大量銃殺…残虐の限りをつくす
「イスラム国」はイスラム法に適うのか!?
そもそも「イスラム」とは何なのか? 最悪の過激派集団の行動原理をイスラム教から解説!
黒井文太郎

『雷神2014』に日米連携強化を見た
ヤキマ初登場!陸自10式戦車の実力
実弾射撃では短時間に命中弾を標的に叩き込み!続いて電撃的な機動力を発揮しつつ発砲!
芦川淳

日本とフィンランド:新世代装輪装甲車
機動戦闘車vsパトリアAMV
105ミリ砲搭載の陸自機動戦闘車、フィンランドのパトリア装甲モジュラー車両
斎木伸生

中期防で緊急導入!新早期警戒機
東シナ海上空、警戒監視能力を強化
中国に対する警戒監視能力強化の一環、来年度要求に計上された新早期警戒(管制)機
竹内修

世界に4機だけの警戒管制機E-767
航空自衛隊「警戒航空隊」とはなにか
石川潤一

ロシア軍秋季大演習「ヴォストーク2014」
一五万人を動員、択捉島へ長距離展開!
北方領土を巡って日本との軍事紛争が発生! 日米同盟軍から占領四島とオホーツクを死守!
小泉悠

ウクライナ危機、日本で再燃する「ロシア脅威論」
極東ロシア軍の対日侵攻は可能か!?
シベリア・極東地方は大規模な戦力の維持・運用を支える能力に欠き、鉄道の輸送容量も不足
文谷数重

中国全軍を動員!抗日戦争を指揮
「東シナ海連合作戦指揮センター」
習近平政権は全軍を指揮する「中央連合作戦指揮センター」と「東シナ海連合作戦指揮センター」を新設
田中三郎

ペーパー・タイガーか海自護衛艦を凌ぐか
「防衛白書」が脅威と見なす中国の海上戦力
多田智彦

ここが気になる!中国兵器(航空機編)
見た目も怪しげな「第5世代戦闘機」
試験・評価のプロセスに手抜きをしているのか、機体の技術水準が低いのか、はたまたウソをついているのか
井上孝司

アメリカ統合軍の戦い(6)
なぜイラクの民主化に失敗したのか?
福好昌治

森野軍事研究所【軍事研究の狭間から】
美辞麗句「統合機動防衛力」構想
防衛計画の大綱への提言・苦言!抽象的な美辞麗句をならべ、一方で「金」がないの一点張り!
江口博保

WORLD・IN・FOCUS(147)
日本の海を守る最前線 海上保安庁が危ない 少ない予算・少ない人員
菊池雅之

空の防人回想録(8)
空幕防衛班『防衛灯台の灯火となれ』
4次防策定 雫石事故
鈴木昭雄

□市ヶ谷レーダーサイト:歴史問題は安全保障問題である
□映画:デビルズ・ノット/フューリー
□軍事用語のミニ知識:現代軍事革命
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・防衛省衛生監 塚原太郎氏


定価 1,230円(税込み)