[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2014年8月号 | 軍事研究 2014年10月号 »

軍事研究 2014年9月号

軍事研究2014年9月号 表紙
表紙写真・防衛省「先進技術実証機」
技術研究本部
巻頭言・大国の無茶が罷り通る時代
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン「ユーロサトリ2014」
清谷信一
ベールを脱いだ防衛省「先進技術実証機」
技術研究本部
アグスタの新世代回転機
Agusta Westland
潜入、泥沼のシリア市街戦
桜木武史
第10師団平成二六年度協同転地演習
野口卓也他
嘉手納基地アメリカフェスト
金城武則


ミリタリー・ニュース

カラー図説:「アメリカの対中国戦争」(13)
B-2の中国本土ステルス爆撃
米軍の勝利は低航空戦力の策源地を一気に潰す精密爆撃に懸っている/B-2の航空基地破壊能力
軍事情報研究会

B-2の中国本土ステルス攻撃

強まる党の軛! 潰された解放軍の「国軍化」構想
習近平共産党の「絶対支配」を鮮明化
大規模改編が明記された軍事改革、その中心には中国共産党による軍の絶対支配強化がある
田中三郎

リムパックに参加!中国版イージス風システム
「中華神盾」は張り子の虎か!?
ミサイルとレーダーを中心に米イージス艦と比較、「中華神盾」の限界性能を客観的に検証
文谷数重

コピー、コピーで一流兵器?を続々開発・量産
『山寨』兵器!海賊版ならぬ「山賊版」
大半は、旧ソ連・ロシア製兵器のライセンス生産したものか、コピーないし勝手に改良したものだ
井上孝司

国産イージスに国産FCS-4を開発せよ!
世界最高性能『日本の多機能レーダー』
現用多機能レーダーFCS-3は世界で初めてのアクティヴ・フェーズド・アレイ方式だ
多田智彦

世界最大規模の兵器見本市ユーロサトリ2014
武器輸出緩和! 日本企業13社が出展
防衛装備移転3原則決定を受け、国内外の関心を集めた日本企業の展示内容を紹介!
清谷信一

予算増額の厳しさや制度改革の困難性を経験した筆者が
「防衛生産・技術基盤戦略」を徹底検証
山崎剛美

ロシア軍装備更新計画:海洋・空中核戦力と宇宙戦力
核弾頭もその搭載ミサイルも新たに開発
制御システムの改善、小威力弾頭、中威力弾頭、対MD対抗など、様々な種類のペイロードを混載!
小泉悠

米海兵隊航空の全貌(後編):F-35岩国へ
F-35、初の実戦配備は米海兵隊
今や主力機のオスプレイや最新ヘリだけでなく大統領専用機や無人機を含む最新機種を解説!
石川潤一

真の混乱は「勝利宣言」の後にやってきた…
イラク混迷の元凶、米中央軍のイラク戦争
共和国防衛隊を撃破してバグダッドに突入、だが解放軍であるアメリカ軍は歓迎されなかった
福好昌治

スンニ派の鬱屈、シーア派の怨念
泥沼の宗教戦争!「イラク内戦」
村上和巳

潜入取材:地獄のシリア内戦
すぐ隣の死。廃墟の市街戦従軍記
政府軍はあらゆる重火器を投入し市民生活を破壊。泥沼のカオスと化しているシリア内戦
桜木武史

沖縄最新事情:2014年上半期
与那国島に陸自新駐屯地
沖縄では今、黙々と民生協力に打ち込んできた自衛隊への理解と期待が高まりつつある
芦川淳

機雷掃討艇「カタンパー」に乗る
フィンランド島嶼防衛のための機雷戦
実はフィンランド海軍の主力は機雷戦艦艇であり、敷設艦艇も掃討艦艇も充実揚陸艦も機雷敷設能力を持つ
斎木伸生

WORLD・IN・FOCUS(145)
中国が初参加! 「リムパック2014」(前編) 西普連の練度が高くてメディアの程度が低い件
菊池雅之

空の防人回想録(5)
ブルーインパルス「五輪を描く」
第1航空団に勤務 操縦学生の意義 東京オリンピック支援
鈴木昭雄

□市ヶ谷レーダーサイト:夏の内局大異動で西体制盤石に
□ニューモデル&BOOK:WW汽ぅリス戦車マーク献瓠璽襦紳萋鷦‖臉鐇こΔ侶獲儺/浚
□軍事用語のミニ知識:社会役、代替服務
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・三菱重工業株式会社 防衛・宇宙ドメイン営業統括部特殊車両営業部長兼特殊車両事業部副事業部長 岡崎隆氏


定価 1,230円(税込み)