[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2014年6月号 | 軍事研究 2014年8月号 »

軍事研究 2014年7月号

軍事研究2014年7月号 表紙表紙写真・米韓豪合同演習ダブルドラゴン
菊池雅之
巻頭言・中ロ二大国が孤立するとき、何が起こるか
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン「オスプレイの上陸作戦」
菊池雅之
鹿屋基地開隊65周年
鈴崎利治
「航空医学実験隊」
編集部
高射学校創設記念
野口卓也
国民食「カレー」、横須賀の陣!
野口卓也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:「アメリカの対中国戦争」(11)
反攻作戦『中国防空網の破壊』
敵防空網の制圧・破壊が真っ先に必要/主役は三沢配備の第六世代ワイルド・ウィーズル
軍事情報研究会

取材 航空自衛隊を支える研究機関
「航空医学実験隊」とはなにか
パイロットの安全性を向上、ワークロードを低減、新しい機材開発のためのデータを提供
小林直樹

日本、ベトナム、フィリピン 周辺諸国を威圧!
建造開始!「中国国産空母」
2020年代に原子力空母を中心に編成される4個空母戦闘群は一大脅威となるだろう
田中三郎

四つの侵攻シナリオを検証
軍事分析『ロシアのウクライナ侵攻作戦』(前半)
大義名分はロシア語住民の保護。どこから、どんな部隊が、どのような侵攻経路で攻めてくるのか!
三井光夫

プーチン政権も支援 もうひとつのウクライナ危機
ロシア系未承認国家「沿ドニエストル」
ウクライナ西部を流れるドニエストル川沿にも親露的な未承認国家PMRが存在する
小泉悠

スホーイからT-90戦車、BTR装甲車まで
激突!ロシアとウクライナの兄弟兵器
ウクライナ国境に展開しているロシア軍とウクライナ軍の陸空主要装備を比較、紹介する
竹内修

「国家安全保障戦略」を読み解く(3)
世界における『自衛隊』の役割
洗堯

「自動警戒管制システム(JADGE)」
中国戦闘機大接近!空自指揮統制の要
ネットワーク型戦闘の時代を迎え、中期防に能力向上を明記、その役割はますます拡大している
宮脇俊幸

自衛隊の上陸戦に必要な戦術と兵器(3) 絶対的に不足!船腹量と直接揚陸手段
海上輸送力の裏付けがない「水陸機動団」
海自の輸送艦3隻では陸上自衛隊の水陸機動団と必要な物資を一気に運ぶことができない
文谷数重

アメリカ統合軍の戦い(4) 米中央軍のアフガン対テロ戦争
苦闘の「不朽の自由作戦」のすべて
険しい山岳地帯における空地一体の捜索襲撃作戦、IED/待ち伏せ攻撃のドキュメント
福好昌治

最新レーダーも無力化する米軍の電子ジャミング兵器
世界最強の電子攻撃機戦力と次世代ジャマー
石川潤一

ネイビー・リーグ・ショウ2014
次期弾道ミサイル原潜&将来水上戦闘艦
「オハイオ」級の後継、建造中の次期原子力空母、「アーレイ・バーク」級の後継将来水上戦闘艦
多田智彦

電気推進のテクノロジー(第2回)
電磁式カタパルトEMALSを動かす仕組み
電動化した際に必要になる動力源と制御機構/交流電動機から生まれたリニアモーター
井上孝司

現地取材:フィンランド版・離島防衛部隊
ニュランド/ウーシマー旅団に学べ!
参考となるのは米海兵隊ではなく北欧の小国ながら少数精鋭主義のフィンランド軍ではないか
斎木伸生

WORLD・IN・FOCUS(143)
米韓合同演習「ダブルドラゴン」(前編) 模擬空幕と発煙弾が記者を襲う!

菊池雅之


空の防人回想録(3)
胸に輝く「ウイングマーク」
防大と操縦学校の生活と教育 「ファイティング・スピリッツ」&「ステイ・ウィズ・リーダー」
鈴木昭雄

□市ヶ谷レーダーサイト・安倍総理の防衛知識は大丈夫なのか?
□書評:戦略論 戦争と平和の論理/マスード 伝説のアフガン司令官の素顔
    /人はなぜ平和を祈りながら戦うのか?/日本離島防衛論
□映画&DVD:インベーダー・ミッション/車両基地 陸上自衛隊駐屯地
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・防衛省 地方協力局次長 山本達夫氏


定価 1,230円(税込み)