[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2014年4月号 | 軍事研究 2014年6月号 »

軍事研究 2014年5月号

軍事研究2014年5月号 表紙
表紙写真・DD-117「すずつき」
花井健朗
巻頭言・韓国が歴史認識に敏感なのは判るが
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
ユーロ・インファントリー
IAt他
第2師団の雪中訓練
黒川省二郎
海兵隊、豪雪の地に積雪戦闘
野口卓也
「すずつき」に自衛艦旗翻る
花井健朗


ミリタリー・ニュース

カラー図説:「アメリカの対中国戦争」(9)
2020年の空戦力『ステルス戦闘機対決』
ステルス戦闘機開発の潤沢な軍事予算/形態別AAMの搭載数増加策&新兵器クーダ
軍事情報研究会

日本製人型ロボットの勝利&中国の軍艦計画

ロボティックス・チャレンジ
圧勝!『日本の人型ロボット』
米国防高等研究計画局DARPA主催「世界初の人間大ロボットによるオリンピック」
阿部拓磨

沿岸部から遠洋へ!海洋からの侵攻を目論む中国
中国海軍、大量の新型艦船を建造
国産空母・第2世代AIP潜水艦・第4世代原潜・大型揚陸艦、多数の新型水上戦闘艦を建造
田中三郎

中国が構築する大規模地上戦力渡洋能力
強襲揚陸艦LHDを核とする揚陸艦隊
揚陸艦艇を大量に建造中!081型強襲揚陸艦は最新鋭071型揚陸艦2隻と揚陸艦隊を編成
多田智彦

自衛隊の上陸戦に必要な戦術と兵器(1) 自衛隊・目指すべきは海軍国の渡洋進攻能力
必須の制空・制海権、足りない海上輸送力
水陸機動弾団だけでは、防衛大綱・中期防が想定するような逆上陸作戦の遂行は不可能だ
文谷数重

有り得ない広さ、有り得ない時間での実戦訓練
富士学校部隊訓練評価隊のデザート遠征
74式戦車と96式装輪装甲車がM1A1戦車やストライカー装甲車と日米対抗演習!
菊池雅之

「国家安全保障戦略」を読み解く(1)
平成の『富国強兵戦略』
経済力・技術力の強化、外交力、防衛力等を強化し、国家安全保障上の強靭性を高める!
洗堯

アメリカ陸軍最強特殊部隊の汗馬
先進改良されるMH系特殊作戦ヘリ
米陸軍には師団隷下の戦闘ヘリ旅団以外にも、多くのヘリ部隊が編成されている
石川潤一

情報通信技術がもたらす軍事作戦の進化
データ融合から「共同交戦」の実現へ
情報通信技術の活用によって不可能だった軍種間の連携やリモート交戦が可能になる
井上孝司

ロシアの最重要拠点・軍港セヴァストーポリ
プーチンは大ロシア復興の英雄となるか
米国やEU諸国の反発を尻目にロシアが強硬手段に訴える背景には二〇年来の屈辱が
小泉悠

アメリカ統合軍の戦い(3)中央軍、フセイン政権との戦いの始まり
湾岸戦争「デザート・ストーム」
福好昌治

イスラエル戦記「祖国復活求めて2000年」
昨日の友は今日の敵、ユダヤ軍団の対英作戦
建国の歴史は第2次世界大戦終結後、パレスチナを統治する英国との戦いとなった
鈴木基也

ICBM搭載のスーパーEMP弾頭
北朝鮮が開発中の超秘密兵器
日米にとって新たな脅威となっているICBMに搭載可能なスーパーEMP弾頭!
山本紀義

シャーマン戦車を一方的に撃破
パンター・エース、バルクマンの十字路
十字路脇についたバルクマンはM4シャーマン、ハーフトラック、ジープを次々と撃破
山野治夫

WORLD・IN・FOCUS(141)
陸海空自衛隊統合演習JX25 88式SSMの沖縄展開 演習はそのまま海外派遣へ!
菊池雅之

空の防人回想録(1)
「天、我を見捨てず」保安大学校を目指す
スキーのジャンプ台そして飛行機、空中に飛び出す恐怖心と充実感
鈴木昭雄

□市ヶ谷レーダーサイト・春の将人事と今後の人事トレンド
□映画&DVD・ナンバーテンブルース/さらばサイゴン/ DVD-BOX世界の戦争映画名作シリーズ2
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・防衛省 服務管理官 廣麥Щ匯


定価 1,230円(税込み)