[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2013年12月号 | 軍事研究 2014年2月号 »

軍事研究 2014年1月号

軍事研究2014年1月号 表紙表紙写真・米海軍ズムウォルト級一番艦進水
General Dynamics
巻頭言・中国の防空識別圏設定は文民統制の歪みか緩みか
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
DDG-1000「ズムウォルト」
General Dynamics
さらば「はまゆき」第一世代DD、最後の任務
花井健郎
ヤキマ実動訓練「雷神」
野亦義久
第2師団南へ 装甲車、鉄路を行く
花井健郎
DARPAロボティック・チャレンジ
阿部拓磨


ミリタリー・ニュース

カラー図説:「アメリカの対中国戦争」(5)
中国空軍の台湾空中進行戦役
軍備近代化がままならぬ台湾国軍/戦闘機増強問題と対爆シェルターの多い空軍基地
軍事情報研究会

北方領土のロシア軍&プレデター無差別戦争

尖閣、竹島騒ぎの陰で軍を近代化
「北方領土」は永遠にロシアのものか
1個師団を配備する北方領土のロシア軍事力を現場で得た情報をもとに徹底解説
小泉悠

アメリカと世界の海中を二分する
中国の第4世代原子力潜水艦
中国政府はついに巨浪-2搭載第4世代原子力潜水艦097型「秦」級の存在を認めた
田中三郎

統一された定義なく、混乱を極める論議
自民党は「集団的自衛権」を誤解している
個別的自衛権、集団的自衛権、交戦規定の区別がついているかも怪しい
福好昌治

アメリカの無差別爆撃の実態!
『無人攻撃機』が醸成する反米感情
巻き添えで死傷する民間人が異常に多い。無人機による識別特性攻撃の実体とは!
黒井文太郎

福島第1原発事故で米国防総省が動く
世界初の人型ロボット競技会
日本を含む世界各国から大学、研究機関等100チームを超えるエントリーが殺到
阿部拓磨

欧州の最新水上艦艇がテムズ川に集結
建造進む空母「クイーン・エリザベス」
注目の空母「クイーン・エリザベス」や欧州の最新艦船の動向を詳しく紹介する
多田智彦

ペルシャ湾遅れをとった掃海部隊
『実力世界一』に返り咲いた海上自衛隊
海自のシステムは掃海が中心だった。掃海と掃討の違い、対機雷戦の基本戦術を解説
文谷数重

戦力は「人力」と「3トン半」
「JTF-椿」伊豆大島を救え
毎日のように雨が降る土石流の現場で自衛隊員は行方不明者捜索に苦闘していた
嘉納愛夏

重視されるメンタル的な強さと知的水準
英海兵隊に学ぶ陸自水陸両用部隊の在り方
日本人ジャーナリストで初めて取材が許可された英海兵隊コマンドウ訓練センター
清谷信一

アメリカ空軍のトータルフォース構想
地球を監視する巨大な電子偵察機部隊
石川潤一

背に腹はかえられない、目的は予算節約
フィンランド軍、大リストラ開始
少子化という社会状況や装備品の価格高騰、予算不足に直面したフィンランド軍
斎木伸生

現地取材:欧州ヘリコプターメーカーの雄
「アグスタウエストランドは雄飛する」
青木謙知

軍事作戦におけるコンピュータと状況認識(14) 重視されるユーザー・インターフェイス
グラスコクピットと液晶ディスプレイ
優れたセンサーや処理能力を持つコンピュータも、ユーザー・インターフェイス次第
井上孝司

WORLD・IN・FOCUS(137)
1万名が市内行進する韓国の軍事パレード 飛び交う花束と歓声
菊池雅之

ペルシャ湾掃海回想録(5)
「猛暑、煤煙、砂嵐、筆舌に尽せぬ困難に耐え抜いた」
機雷と掃海 隊員達の活躍
落合

□市ヶ谷レーダーサイト・匹夫の勇は百害あって一利なし
□映画紹介・皇帝と公爵/オンリー・ゴッド
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・防衛省 装備施設本部副本部長(管理担当) 小座間陽一氏


定価 1,200円(税込み)