[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2013年11月号 | 軍事研究 2014年1月号 »

軍事研究 2013年12月号

軍事研究2013年12月号 表紙
表紙写真・陸上自衛隊の機動戦闘車
野口卓也
巻頭言・チェコとハンガリーを走りぬけて考えたこと
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン:陸の新兵器「機動戦闘車」
野口卓也
MAKS2013モスクワ航空宇宙サロン
鈴崎利治
韓国軍創設65周年記念「玄武」一族のパレード
菊池雅之
ポルトガル空軍捜索救難部隊AW101の活躍
青木謙知
ソマリア沖護衛、通算500回!
統合幕僚監部


ミリタリー・ニュース

カラー図説:「アメリカの対中国戦争」(4)
巡航ミサイルに無防備なグァム基地&THAADの限界
グァムの米軍基地も安全圏でなくなった/H-6K巡航ミサイル爆撃機とCJ-20!
軍事情報研究会

切り札! 機動戦闘車&ヘリ空母『いずも』

初公開! 陸上自衛隊の最新陸戦兵器
「機動戦闘車」を解剖する!
機動力、火力、防御力、他国の同種兵器と比較し機動戦闘車の能力と運用を推理!
竹内修

横浜で進水した海自最大の最新鋭艦
「いずも」二万六千トンの空母型ヘリ護衛艦
大きな母艦を活かすのは専用の新型航空機だ。海自三代目の全通甲板護衛艦の全貌
多田智彦

独自のGPS衛星で宇宙・航空・海洋を支配
中国海洋進出の「天空一体戦略」
「天空一体戦略」を打ち出し、宇宙における制空権確保に乗り出そうとしている!
田中三郎

アメリカ統合軍の戦い(1)太平洋軍1990〜2000
繰り返す北朝鮮危機とイラク攻撃
前方展開されている「アメリカ統合軍」、その作戦行動の軌跡を追う新シリーズ!
福好昌治

地球規模のグローバルモビリティ
空輸と空中給油「航空機動軍団AMC」
米軍戦力を地球上のどこへでも素早く展開、戦域内の兵力を移動させられる能力!
石川潤一

第2次大戦後の米/英/イスラエルの英雄たち
戦場における勇気を称える「最高勲章」
世界の主要国は軍人・軍属に対し、最高勲章の授与し、英雄的な行為を称えている
永井忠弘

「暗黙知」か「形式知」か!?
米陸軍の状況判断思考過程「MDMP」
知識の共有化を図る取り組みを継続している米陸軍野外マニュアルの示す状況判断
木元寛明

英国の国際軍事見本市DSEi2013
防衛政務官が初視察/日本企業も初出展
英国ロンドンで隔年開催する国際軍事見本市、欧州諸国が新型装甲車両などを出展
清谷信一

BAEやロールス・ロイスも参加!
初開催!「日英安全保障協力会議」
伸長する中国海軍力にどう対抗するか、サイバー防衛は!? 防衛装備日英共同開発
黒井文太郎

世界最強のイスラエル諜報工作機関
モサドを「裏切った」二重スパイXの悲劇
鈴木基也

政権安定、テロ鎮圧、周辺紛争封じ込め
ロシア軍秋期大演習「ザーパド2013」
演習の中身は小規模紛争対処を念頭に、一連の軍改革の流れに沿ったものとなった
小泉悠

現地取材:ヘリブランドの工場を訪ねて
世界有数のヘリ・メーカー「ユーロコプター」
日本でも警察や消防、ドクターヘリとして各種機体が活躍しているユーロコプター
青木謙知

軍事作戦におけるコンピュータと状況認識(13) 開発・訓練などの経費節減に貢献
「シミュレーション」カギを握るモデリング
各種の「シミュレーション」は、訓練や開発のコスト軽減に大きく貢献している!
井上孝司

WORLD・IN・FOCUS(136)
当世自衛隊教育光景 逸材集まる高等工科学校 15歳の“防衛省職員”
菊池雅之

ペルシャ湾掃海回想録(4)
「MDA10の牢屋に囚われた日米の指揮官」
日米掃海部隊の共同作戦
落合

□市ヶ谷レーダーサイト・姑息な解釈改憲は一利なし
□書評・陸軍人事/ジェット旅客機をつくる技術/ミリタリーインシグニア・オブ・キャラクターズ/富士学校まめたん研究分室
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・防衛省 大臣官房技術監 外園博一氏


定価 1,200円(税込み)