[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2013年9月号 | 軍事研究 2013年11月号 »

軍事研究 2013年10月号

軍事研究2013年10月号 表紙
表紙写真・DDH「いずも」進水式
海上幕僚監部
巻頭言・前途が見え難い冷却化した米ロ関係
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン:DDH「いずも」進水

異端の強襲揚陸艦「アメリカ」
U.S.Navy/Northrop Grumman
第7師団第7後方支援連隊練度確認訓練
芦川淳
海上自衛隊舞鶴地方隊展示訓練2013
野口卓也
サマーブルー・スカイ!千歳基地航空祭
鈴崎利治
自衛隊PKOの「絆橋」ミッション
統合幕僚監部


ミリタリー・ニュース

新連載「アメリカの対中国戦争」
台湾有事&弾道ミサイルの集中攻撃!オキナワ嘉手納基地
台湾有事にともなう米中軍事衝突/西太平洋の米軍基地攻撃の主役となる第二砲兵
軍事情報研究会

空自F-2戦闘機のパワーアップ計画

国産機の強み、主体的な改修・性能向上
マルチロールファイター「F-2」
開発完了から今日に至るまでの進化の過程と、さらなる能力向上の可能性を解説!
宮脇俊幸

武器輸出三原則等緩和で新局面
輸出なるか!? US-2&防衛省開発航空機
インドへのUS-2の輸出、転換期を迎えた防衛省開発航空機の民間転用とその展望
小林春彦

現地取材:精鋭機甲部隊を支える後方支援のメカニズム
陸上自衛隊第7師団第7後方支援連隊
素早く無駄のない隊員達の動きは、さすが機動打撃師団を支えるサポート部隊だ!
芦川淳

陸上自衛隊改革私論─直ちに実行すべき四つの提言
隠しきれない陸上自衛隊最大の弱点
陸上自衛隊の近代化が急務である一方、不退転の決意で自己改革が求められている
木元寛明

金正日60歳誕生日を記念して「性能試験」「暴風&天馬」(後編)
北朝鮮の最新戦車「暴風号」徹底解明
一九九〇年代初頭に開発されたロシアのT-90に匹敵する新型戦車の開発に成功!
一戸崇雄

南シナ海から太平洋、インド洋へ進出!
中国独自の空母建造と大型軍港の建設
中国海軍の南シナ海、ひいては西大西洋に対する軍事拡張・進出の意図が垣間見る
田中三郎

10年間予算削減と軍事力リストラ
米国防費、2兆ドルの強制カット
運用費や調達費、兵器プログラム削減の結果、本土防衛や世界展開に影響が出ている
福好昌治

2014年度の航空関連米国防予算案
10年先のアメリカ四軍航空戦力の行方
緊縮予算の中で米軍が航空機関連予算をどのように分配・運用するのかを解説する
石川潤一

弾道ミサイルもロケット弾も打ち落とす
イスラエルのミサイル迎撃コンプレックス
イラク戦争の教訓から弾道ミサイル迎撃用の「アロウ」シリーズを開発、配備した
野木恵一

セルジュコフ改革は「死んだ」のか?
兵隊のいない高級士官ばかりのロシア軍
将校の増加や師団の復活などの「巻き戻し」的な施策が見られる最近のロシア軍!?
小泉悠

国際海洋防衛展示会IMDS2013(その1)
ロシア海軍の新型戦闘艦と外国向け軍艦計画
あか抜けした設計のステレグシシィ級と重武装のブヤン級。実艦と模型展示を紹介
多田智彦

24年度防衛省装備施設本部契約についての考察
防衛省「中央調達」から見えてくるもの
浜尾玲基

パンツァー・クリーク(5)
死闘、プロホロフカのIV号戦車
150両ものT-34が突進してくるではないか!! 殴り合いのような戦車戦が始まった
山野治夫

WORLD・IN・FOCUS(134)
「いずも」進水に「しらね」を思う 世界の保存艦事情
菊池雅之

ペルシャ湾掃海回想録(2)
「ゆめゆめ考えてもみなかったペルシャ湾行き」
掃海との出会い・ペルシャ湾掃海への道
落合

□市ヶ谷レーダーサイト・夏の将官大異動(上)
□軍事用語のミニ知識・海兵隊・海軍陸戦隊…旧日本海軍
□書評・「レアメタル」の太平洋戦争/アジア動向年報2013/突撃!自衛官妻4/帝国陸海軍 小銃拳銃画報
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・株式会社IHI 常務執行役員航空宇宙事業本部長 満岡次郎氏


定価 1,200円(税込み)