[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2013年5月号 | 軍事研究 2013年7月号 »

軍事研究 2013年6月号

軍事研究2013年6月号 表紙
表紙写真・44普通科連隊(於東富士演習場)
菊池雅之
巻頭言・テロを防ぐことは難しいが備えなければならない
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
最新長射程ミサイル

74式、90式、10式がそろい踏み
菊池雅之
P-1量産機、部隊配備を開始!
本誌取材班
我、海洋業務の基盤となる!
野口卓也
八代海に初めての掃海艦艇集結!
野口卓也


ミリタリー・ニュース

連載カラー図説:『合衆国海兵隊マリーンズ』(16)
海上基地構想:サン・アントニオ級&新型揚陸艦艇
上基地構想の中核将来揚陸作戦部隊/万能型のサン・アントニオ級輸送揚陸艦!
軍事情報研究会

特集 日本の新対艦兵器vs中国空母艦隊&軍港

最新鋭国産哨戒機、第一線配備!
中国潜水艦の天敵「P-1」
世界最先端の技術を詰め込んだP-1は対艦ミサイルや対地ミサイルも搭載できる!
竹内修

日本侵攻軍艦を撃破!国産ミサイル
新空対艦誘導弾「ASM-3」
中ロ両国で著しい海軍力増強が続くなか空対艦誘導弾の重要性は一層高まっている
宮脇俊幸

中国海軍、大規模施設を秘密裏に建設
空母遼寧号「青島某軍港」を母港に
秘密裏に建設を進めてきた空母の母港。遼寧省に空母のための艦載機試験センター
田中三郎

敵機から空母を守る!!中国版イージス艦
中国海軍の最新鋭防空ミサイル戦闘艦
最新のフリゲートを含めて052系の最新鋭防空ミサイル戦闘艦の全貌を解説する
多田智彦

アンチ「日の丸F-15」の主役!
中国の最新型戦闘機フランカーの全貌
中国の主力戦闘機となった輸入・国産型Su-35フランカーの現状と全貌を解説する
石川潤一

続・中国軍艦、日本艦にレーダー照射
中国を黙らせた海自の電子戦能力
日本側は照射の事実を公表。最終的に言い訳と反論を繰り返す中国側を追い込んだ
井上孝司

森野軍事研究所 「軍事研究の狭間から(33)」
中国が歴史上、尖閣諸島を支配した証拠はない

実効支配を実力で示す「陸上自衛隊の駐留」
無人と洋上監視のままで放置しておくと、いつかは中国の奇襲上陸を許す事になる
矢野義昭

ミサイル発射騒動は北朝鮮の心理戦だ
北朝鮮「寸止め挑発」の成功
周到に準備された心理戦=「予め決められていた」危機であることが見えてくる!!
黒井文太郎

世界最大級の兵器見本市「IDEX」
スーダンを隠れ蓑に中国の武器輸出
不自然な初出展の陰で、中国がスーダンを兵器輸出の隠れ蓑としている疑惑が浮上
清谷信一

日本の次期主力戦闘機に何が起きているのか?
F-35の「トラブル」診断書
トラブルはつきものなのだが、要求性能の低下や調達計画に影響をおよぼしている
青木謙知

プーチンも黙過する
ロシア軍の生物・化学兵器プログラム
生物兵器/化学兵器禁止条約に加盟しているが今なお開発を続けている疑いが強い
小泉悠

「悪の帝国」ソビエトを崩壊に追い込んだ
レーガン政権の陸軍近代化に学ぶ
レーガン政権はソ連に軍拡競争を強いて経済を破綻させ、東西冷戦を終結させた!
木元寛明

欧州戦跡紀行:ロシア編
スターリンの秘密地下壕に入る!
スターリンの癖に合わせて設計建造された、まさにスターリンのための秘密施設だ
斎木伸生

WORLD・IN・FOCUS(130)
「アイアンフィスト13」取材記(前編) ヘリキャスティング訓練、強烈な統合火力訓練
菊池雅之

日本列島と朝鮮半島(2)
日本の復興をもたらした朝鮮特需
朝鮮特需による経済復興は、朝鮮半島情勢が日本に直結することを示す好例だった
藤井非三四

□市ヶ谷レーダーサイト・防衛産業の再起こそ危機打開の鍵
□軍事用語のミニ知識・「国軍」「国防軍」「自衛隊」
□映画&DVD・フッテージ/東ベルリンから来た女
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・BAEシステムズ 北東アジア総支配人 クリスティーヌ・M・ゼイツ氏


定価 1,234円(税込み)