[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2013年2月号 | 軍事研究 2013年4月号 »

軍事研究 2013年3月号

軍事研究2013年3月号 表紙
表紙写真・空母トルーマン艦上の無人機X-47B実証機
U.S.NAVY
巻頭言・内戦状態の国で起きた人質事件はテロではなく戦争
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
無人機X-47B、空母へ搭載!
U.S.NAVY
世界驚愕のソルジャー型ロボット登場
野口卓也
第1空挺団の初降下
野口卓也
第1ヘリ団、明けの洋上を飛べ!
菊池雅之
MV-22Bオスプレイ搭乗記
芦川淳
ゴラン高原派遣16年10か月の任務終了
統合幕僚監部


ミリタリー・ニュース

連載カラー図説:『合衆国海兵隊マリーンズ』(13)
海兵特殊部隊とLAV大隊&歩兵ウエポン
ラムズフェルトの強権に屈し創設/『軽装甲偵察大隊』と八種類のLAV軽装甲車
軍事情報研究会

沖縄制圧!中国巡航ミサイルの低空脅威

沖縄全般の防衛力強化こそ最大の抑止!
中国が狙う『尖閣』は台湾・沖縄侵攻の足がかり
尖閣諸島に触手を伸ばす中国の意図を挫くべく、防衛態勢は着実に強化されている
芦川淳

新たなミサイル防衛システム
中国巡航ミサイルの低空脅威に対処
低空脅威にも対処可能な米海軍NIFC-CA等の次世代ミサイル防衛を紹介する!
能勢伸之

森野軍事研究所 「軍事研究の狭間から(30)」アフリカを食い荒らす中国(その2)
兵器輸出を餌に重要資源を収奪!
単純労働者が中国から大勢押し寄せ傍若無人、周辺はリトルチャイナタウンに変貌
江口博保

衛星打ち上げ機か? ミサイルか!
『銀河3号』の技術力を真面目に解剖する!
ついに衛星打ち上げに成功。一段目の弾体とエンジンを回収できたのは収穫だった
野木恵一

叔母の亭主・張成沢が牛耳る金正恩体制
ミサイル成功の陰で軍人トップを大粛正
軍上層部を次々と粛清。サバイバルの渦中にある北朝鮮をインテリジェンス的に分析
黒井文太郎

兵員4万8千人から5年で1万5千人増:アメリカ統合軍の全貌(5)
ビンラディンを抹殺した『米特殊作戦軍』
特殊作戦軍は陸軍・海軍・空軍・海兵隊からの特殊部隊を擁する世界最強の組織だ
福好昌治

戦闘機の長距離進出を可能に!
KC-46Aマルチロール空中給油機
防空能力を高めるには現有戦闘機の能力を拡張するためのタンカー増強が不可欠だ
石川潤一

正規軍をも凌ぐロシアの準軍事組織
大統領直轄エリート治安作戦部隊『国家親衛隊』
連邦軍と国内治安維持や国境警備を担う強力な「準軍事組織」の総体がロシア軍だ
小泉悠

欧州独自発想の斬新艦載兵器レポート:EURONAVAL2012取材(2)
『50ノット、射程140km超のドイツ長魚雷』
ステルス仕様の統合レーダー・マスト、ミサイルと魚雷を妨害する両用自衛デコイ
多田智彦

進化する『先進個人装備ACIES』実用化間近か!
技術研究本部の誇るべき研究・開発
先制探知・攻撃、被害局限、電子装備化、性能の高度化を柱に装備品開発を進める
阿部拓磨

核の闇商人の『悪徳商法』に騙されて!?
イランを「核兵器」開発に駆り立てる本当の理由
核兵器開発はイラク軍の化学兵器使用をきっかけに故ホメイニ師の指示でスタート
鈴木基也

軍事作戦におけるコンピュータと状況認識(第6回)
『無人ヴィークルを操る自律制御のメカニズム』
ロボット兵器の最大の課題、自律制御
井上孝司

武装SS、フィンランド軍でソ連に対抗  欧州戦跡紀行:エストニア完結編
他国の旗の下で戦ったエストニア人
ドイツ国防軍としてあるいはフィンランド軍に参加してソ連と戦う者が大勢いた!
斎木伸生

WORLD・IN・FOCUS(127)
海軍も迷彩服の時代に IMCMEX12取材ウラ話 ホテルのシャワーに不意打ち
菊池雅之

最後の士官候補生、自衛隊勤務回想記(17)
任は重く、されど身は北面の武士か
第15章 来し方を顧みれば
横地光明

□市ヶ谷レーダーサイト・安倍救国内閣に水差す売国奴
□軍事用語のミニ知識・情報の分類及び定義
□映画・ゼロ・ダーク・サーティ
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・防衛省 衛生監 鈴木康裕氏


定価 1,234円(税込み)