[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2013年1月号 | 軍事研究 2013年3月号 »

軍事研究 2013年2月号

軍事研究2013年2月号 表紙
表紙写真・中国の新型ステルス戦闘機J-31
Imaginechina/アフロ
巻頭言・憲法改正は一気呵成に進むべし
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
北朝鮮、弾道ミサイル発射、核弾頭搭載を目指す!
アフロ
21世紀のアドヴァンス・ウエポンLAND、SEA & AIR
空陸自衛隊、2012年を締める
野口卓也/鈴崎利治
潜入取材!シリア自由軍に接触せよ!!
桜木武史
第374空輸航空団メディアオリエンテーション
石原肇


ミリタリー・ニュース

連載カラー図説:『合衆国海兵隊マリーンズ』(12)
新旧交代の主力戦闘機:F/A-18からF-35時代へ
F-35B実戦飛行隊の新編成/海兵隊ホーネット戦闘攻撃機の世界最初の実戦飛行隊
軍事情報研究会

中国新ステルス戦闘機&陸海空次世代兵器

現実の領土を越えて線引き、五大戦区
「中国軍の現代化」
目指す現代化、各軍合同司令部と陸海空軍部の設置、戦略ミサイル・宇宙軍の創設
田中三郎

殲撃20型と謎の殲撃31型は果たして本物か!?
日本の遥か先を行く中国のステルス戦闘機
中国は2年間で2種の第五世代戦闘機を進空させた。その開発意図と能力を推理!?
竹内修

進化する世界の次世代陸戦兵器
21世紀型歩兵「日本の先進個人装備」
歩兵のC4I化、動力スーツや荷物を運ぶ自律無人機など21世紀型歩兵が現実に!
三鷹聡

敵防空網を破壊できるか!?
航空自衛隊の「電子戦能力」
秘匿性の高い航空自衛隊の電子戦態勢を、搭載電子戦機材と組織の変遷を元に紹介
宮脇俊幸

ステルス型あり!超音速型あり!
遂に出現「次世代型」対艦ミサイル
米製ハープーンと仏製エグゾセの後継となるステルス型LRASMとペルセウス!
多田智彦

日本は機動戦闘車(MCV)を開発中
大流行!8輪駆動装甲車は真に有効か?
高い戦略機動性、低コスト、冷戦後世界各国陸軍装備のトレンド8輪駆動型装甲車
黒部明

日本の企業も独自の対テロ装備をアピール
日本最大規模「テロ対策特殊装備展12」
個性的な無人機・ロボット、IT・コンピューター技術、特殊部隊用装備品を紹介
阿部拓磨

現地取材:百里基地整備補給群
稼動率100%を維持する高技能集団
整備補給群は、戦力そのものなのだ。航空自衛隊整備補給群の組織と任務を紹介!
石川潤一

プーチンのロシア、軍事情勢2013(後)
愛人問題と巨額汚職事件、国防相失脚
反発勢力の巻き返しに軍の改革は頓挫するか。国防相解任後の軍・国防省の新体制
小泉悠

軍需企業トップが読み間違った政治介入
経営統合失敗!EADS&BAEシステムズ
欧州二大防衛企業が進めてきた経営統合交渉はメルケル独首相によって葬られた!
木村正人

現地取材:再びのシリア潜入ルポ
自由シリア軍と最前線を行く!
支配エリアを広げる自由シリア軍。無差別攻撃で国民を殺傷、都市を破壊する政府
桜木武史

森野軍事研究所 「軍事研究の狭間から(29)」
アフリカを食い荒らす中国
武器輸出からみた中国のアフリカ進出
江口博保

WORLD・IN・FOCUS(126)
甦る少年時代のショック ストライカーがやって来た マスコミも大挙襲来
菊池雅之

最後の士官候補生、自衛隊勤務回想記(16)
任は重く、されど身は北面の武士か
第14章 有終の美を目指して「みちのくの守り」
横地光明

□市ヶ谷レーダーサイト・安倍内閣発足。日本を取り戻せ!
□書評・黎明の笛/近現代日本の軍事史:第一巻/世界の戦闘艦カタログ
□軍事用語のミニ知識・作戦情報・戦闘情報
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・ボーイングジャパン 社長 ジョージ・L・マフェオ氏


定価 1,234円(税込み)