[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2011年4月号 | 軍事研究 2011年6月号 »

軍事研究 2011年5月号

軍事研究2011年5月号 表紙表紙写真・被災者を診察する陸上自衛隊衛生科隊員
陸上幕僚監部
巻頭言・福島原発事故対処の根底にある一つの問題
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
東北関東大震災に総力投入!
菊池雅之/芦川淳/防衛省他
砂漠の兵器ショー、アラブ首長国連邦のIDEX
清谷信一
騒乱発生! 在外邦人を輸送せよ!
野口卓也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:新連載『自衛隊有事作戦と新兵器』(6)
国家的危機を画像撮影する次世代有人・無人偵察機
大規模・特殊災害へ迅速対応に不可欠な画像情報/幻となったF-15偵察システム
軍事情報研究会

東北関東大震災と自衛隊
10万人超!総力を投じた災害派遣
未曾有の大震災、初動の素早さと活躍する装備は災害派遣への備えの結実であろう
芦川淳

一問一答:中国ステルス機の実力
J-20は脅威となりうるか
過小評価に乗ることなくF-X選定を含む防空態勢の質的向上に取り組むことが喫緊
林富士夫

『インターナショナル・ロードマップ』
進化続くF/A-18E/Fスーパー・ホーネット
完成された機体と思われがちだが新たな脅威に備え今なお進化が続くF/A-18!
青木謙知

大震災・福島原発事故の画像偵察に威力を発揮
高高度無人偵察機RQ-4グローバルホーク
米軍はこの高価な機体を百機以上も調達、NATO諸国だけでなく韓国も導入か!?
石川潤一

統合参謀本部『国家軍事戦略』を読む
米軍の対中戦略と極東米軍情報
統合参謀本部の国家軍事戦略は、中国に対する警戒感が随所に見られるのが特徴だ
福好昌治

冷戦後最大規模の国家武器計画(第3回)
ロシアの海軍力・戦略核・宇宙戦力近代化
フランス製「ミストラル」級対日強襲揚陸艦2隻の導入が両国間で正式に決定した
小泉悠

進む宇宙アセットの作戦への組み込み
オバマ政権の連合宇宙作戦センター
オバマ政権は連合宇宙センターを創設するなど軍事宇宙システム構築を進めている
野木恵一

補給・輸送、揚陸任務、災害支援もこなす万能艦
新型艦種の出現「統合支援艦JSS」
新時代の艦船JSS、狙いは有事・平時を問わず実効的な支援任務の提供にある!
多田智彦

現地取材:フォートワースのF-35生産工場(2)
F-35のセンサーとエンジン
F-35ライトニングIIの戦闘能力を支えているのが、最新のセンサー類とエンジンだ
青木謙知

目立つイスラム諸国の国産軍用車両
中東最大の兵器見本市「IDEX2011」(前編)
中東諸国で開発・生産された車両や装備品の出展が目立った。その実力をレポート
清谷信一

横須賀で原潜も原子炉修理か
バージニア級が日本初入港
米国vs中国の海中小競り合い時代。横須賀で原子炉修理の既成事実化も進んでいる
石川巖

バルト三国のパルチザン闘争(上)
圧殺された「リトアニア自由軍」
第世界大戦に翻弄されソ連に呑込まれたバルト三国。北の国の知られざるゲリラ戦
齊木伸生

森野軍事研究所 日本の安全保障に及ぼす影響 「軍事研究の狭間から(8)」
中国『接近拒否戦略』の脅威
矢野義昭

WORLD・IN・FOCUS(105)
大震災の日 取材に…行けない!? 現地で目撃した惨状
菊池雅之

ある自衛官の回想(5)
空自創設期の実態(後方体験録)
…航空自衛隊のほとんどの人は航空戦力を支援する後方関係者である。補給隊長の最重要任務は部品を切らさぬよう最善の手段を講じることである…
坂梨靖彦

□市ヶ谷レーダーサイト・この震災に見出される一縷の光明
□書評・映画・4月の涙
□映画・戦火のナージャ
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・三菱重工業株式会社 船舶・海洋事業本部艦艇営業部長 小谷野直也氏


定価 1,234円(税込み)