[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2010年9月号 | 軍事研究 2010年11月号 »

軍事研究 2010年10月号

軍事研究2010年10月号 表紙
表紙写真・表紙写真・イギリス海軍45型駆逐艦
野口卓也
巻頭言・自衛隊を人造りの場にせよ
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
実戦仕様のレオパルト2重防護型戦車
清谷信一
ファンボロー航空ショーの最新鋭戦闘機
青木謙知

モノクロ:
リムパックの新鋭艦:イージス、ステルス、LCS!
菊池雅之
極東最前線、嘉手納基地
佐藤昭夫
大韓海峡海戦戦勝60周年記念行事
柿谷哲也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:『自衛隊の日本防衛力』(8)
陸自方面隊の沿岸海域防衛戦力:SSM-1&中SAM
陸自の一五個作戦基本部隊/陸自方面特科のMLRS/88式地対艦誘導弾SSM-1
軍事情報研究会

"腰のひけた"合同演習の実態
米韓演習「インビンシブル・スピリット」
北朝鮮の狼藉は問題だが戦争はできないし中国を刺激するのもまずい…これが現実
福好昌治

朝鮮戦争直後から現在に至る
北朝鮮を抑止する米韓連合軍事演習
戦争行為を抑止する米韓連合演習の変遷を、北朝鮮の行動と対比しながら振り返る
藤井非三四

シベリア・極東で実施された
ロシアの大軍事演習「ヴォストーク2010」
冷戦後最大規模のロシア軍実動軍事演習がわが国の北方領土・択捉島で行なわれた
小泉悠

自国上空で爆発する核弾頭防空ミサイル?
「戦術核兵器」とは何だったのか
冷戦が本格化した50年代、アメリカは熱狂的に陸海空の戦術核兵器を開発・配備!?
野木恵一

英国ポーツマス海軍基地祭の艦船公開展示
初見学!!英最新鋭45型駆逐艦デアリング級
最新鋭の防空ミサイル駆逐艦の艦内公開、木造艦ヴィクトリー等の歴史的展示品!
多田智彦

軍民の新型機が多数登場
ファーンボロ航空ショー2010
ボーイング787旅客機を始め初出品の航空機が出揃ったファーンボロ航空ショー
青木謙知

国際ヘリ展示会『ヘリロシア2010』
ロシアの軍民最新ヘリ事情
ロシアの最新ヘリ事情を世界14か国が参加した「ヘリロシア2010」会場で取材
小泉悠

ユーロサトリ トレンドは防御力向上とRWS
ヨーロッパの最新装甲車
多くに共通する特徴はIEDや地雷、ロケット弾に対する防御力の向上とRWSだ
清谷信一

現地取材:陸上自衛隊の化学防護部隊
第1特殊武器防護隊初の師団訓練検閲
特殊武器防護隊。テロ戦争の時代、特殊武器攻撃による被害を最小限に抑える存在
芦川淳

攻撃ヘリのような大金は払えない!?
米陸軍スカウトヘリの現状と将来
80年代から失敗を繰り返しているスカウトヘリの開発を辿り将来候補機を展望する
石川潤一

装甲の発達と防御メカニズム(9)
ソ連/ロシア戦車の防御メカニズム【後編】
爆発反応装甲ロシアのコンタクト・シリーズは徹甲弾にも有効だと謳われているが
一戸崇雄

東陣営を揺さ振った秘密の攻撃 インテリジェンス解読(11)
IRD、イギリスのプロパガンダ機関
虚偽の内容のよりも、事実を伝えるプロパガンダの方が、はるかに効果的だった!!
橋本力

戦跡紀行 再びの北欧編(1)
スウェーデン極北の軍都、ボーデンを歩く
斎木伸生

WORLD・IN・FOCUS(98)
菊池雅之

日本の戦史(195)
八原大佐と沖繩作戦(百七)
総括:沖縄作戦の分岐点を探る(十)持久作戦への転移と米軍の第二次総攻撃
大田嘉弘

□市ヶ谷レーダーサイト・猛暑の内局人事は代謝不良
□書評・ロボット兵士の戦争/零戦の死闘/海上保安庁の力2/シークレットサービス
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・株式会社IHI常務執行役員 航空宇宙事業本部長 石戸利典氏


定価 1,080円(税込み)