[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2010年2月号 | 軍事研究 2010年4月号 »

軍事研究 2010年3月号

軍事研究2010年3月号 表紙
表紙写真・先進個人装備システム(ACIES)
防衛省技術研究本部
巻頭言・安全保障に係る来年度最大の課題は新防衛計画大綱の策定
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
無人機研究システム/空対空用小型標的
防衛省技術研究本部
『先進個人装備システム』の部隊実験
防衛省技術研究本部

モノクロ:
P-3C、初春の富士山を飛ぶ!!
野口卓也
陸自ヘリ、北の大地を飛ぶ!
野亦義久
習志野に落下傘の花が咲く!!
野口卓也
C-130H、ハイチへ飛ぶ!
統合幕僚監部


ミリタリー・ニュース

新カラー図説:『国土防衛型自衛隊&海外派遣型自衛隊』(1)
国土防衛型から海外派遣型に大転換したドイツ連邦軍
軍事情報研究会

特集 自衛隊が戦うアフガンの危険、実戦装備

NATO/ISAFの厳しい現実に学ぶ
自衛隊ヘリ部隊のアフガン空輸支援
自衛隊が派遣された場合、ヘリ空輸、兵站維持を含めて何をなすべきか分析し提言
江畑謙介

タリバンに狙われる43か国、8万5000人の大部隊
ISAF、国際治安支援部隊のすべて
アフガニスタン全土に展開している派遣各国の兵力、任務、実戦装備をすべて解説
村上和巳

自衛隊におすすめ、苛酷な環境で使える条件とは
アフガンで活躍する攻撃ヘリ&輸送ヘリ
高地かつ高温、武装勢力の攻撃下では強力なエンジン・頑丈な機体・装甲が必須!
青木謙知

アフガン空輸仕様の最新ターボプロップ機
欧州共同開発のA400M大型四発輸送機
ようやくNATO諸国軍待望の米軍機に比肩可能な新世代大型軍用輸送機が完成!
石川潤一

山岳地帯アフガンで使える陸戦兵器
自衛隊に提案、アフガン派遣で役立つ装備
派遣された場合、絶対の必需装備となるのは、自衛隊に一両もない救護装甲車だ!
清谷信一

多国籍軍に膨大な死傷者が続出
全データ:タリバン・テロの犠牲者
なぜタリバンはかつてアフガンを支配し米軍に駆逐されそして今また復活したのか
村上和巳

米軍、ビンラディン捕殺作戦に三度失敗
米軍得意のトマホーク攻撃・精密爆撃・特殊戦部隊の猛追・CIAの諜報作戦!?
鈴木基也

最新建造動向!『列国海軍の主力戦闘艦』
冷戦後海軍艦艇の一斉世代交代:大型空母・多目的母艦・ステルス戦闘艦・潜水艦
多田智彦

高度整備と修理教育の担い手
取材:陸上自衛隊武器学校
霞ヶ浦駐屯地・武器学校は火器・車両、誘導武器・弾薬の補給や整備の技術を教育
野木恵一

インテリジェンス解読(8) イギリス特殊作戦執行部SOE
ナチス要人を暗殺せよ
SOEは各地のパルチザン支援作戦、ハイドリヒやヒトラーの暗殺作戦を練り実行
橋本力

陸自もPKO部隊を派遣か!?
負の三角地帯:イエメン、スーダン、ソマリア
日本政府は数百人規模の陸上自衛隊を派遣する予定。混迷続く三つの貧困国を解説
稲坂硬一

欧州戦跡紀行:スウェーデン編(1)
「極北の要塞」ボーデンの物語
ロシアのと直接対峙することになったスウェーデンは北からの侵攻に備えて要塞を
齊木伸生

WORLD・IN・FOCUS(91)
菊池雅之

日本の戦史(188)
八原大佐と沖繩作戦(百)
総括:沖縄作戦の分岐点を探る・その三「第三十二軍の北・中飛行場の放棄」
大田嘉弘

□市ヶ谷レーダーサイト・再び、普天間基地問題にもの申す
□防衛産業ニュース
□映画・ハート・ロッカー
□軍事研究バックナンバー

定価 1,080円(税込み)