[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2008年11月号 | 軍事研究 2009年1月号 »

軍事研究 2008年12月号

軍事研究2008年12月号 表紙
表紙写真・韓国陸軍の新戦車K2
菊池雅之

巻頭言・緊急金融危機克服能力を構成する五つの要素
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
実弾飛び交う韓国海軍観艦式
菊池雅之

モノクロ:
ソウルの軍事パレード・新型戦車と新型IFV
菊池雅之
木更津でヘリが祝賀の乱舞!
野口卓也
米空母ジョージ・ワシントン横須賀配備
野口卓也
空自PAC-3、弾道ミサイル迎撃成功
航空自衛隊


ミリタリー・ニュース

連載:戦車7000両の激突!湾岸戦争大戦車戦(9)
第18空挺軍団の『西方の壁作戦』
フランコ・アメリカン機動隊の結成/敵領一五〇匯望綺蚤腓離悒螢棔璽鷽攻作戦
軍事情報研究会

特集 グルジア戦争&タイフーン戦闘機

連載:『ロシア軍の再興と実力(1)』
グルジアの六日戦争
現状把握可能な情報を基に、再興途上にあるロシア軍の近代化の度合を推測する!
江畑謙介

欧州を縛る天然ガスパイプライン
エネルギー大国ロシアの勃興
ソ連邦が崩壊して17年、混乱と停滞を経てロシアは資源力を背景に強国として復活
稲坂硬一

欧州最新戦闘機(3)
ユーロファイター・タイフーン
F-X候補機タイフーン開発の中心メーカーBAEを二回にわたって直接取材した
石川潤一

アメリカ主導の流れは変わるか
検証:日本航空界のヨーロッパ機
各種欧州製機体が官公庁や民間で活躍している。日本におけるヨーロッパ機の状況
青木謙知

F-X、新ヘリ! 欧米メーカーがPR
会場レポート:『JA2008』
海外からはフィンメカニカ社やユーロファイター社が新規参加して大いに賑わった
加賀仁士

アフリカ航空宇宙・防衛展示会AAD2008
乗艦報告「独製フリゲート&潜水艦」
南ア海軍フリゲート、射撃センサーや艦対空ミサイルなど国産装備品の搭載も多い
多田智彦

南アの最新版耐地雷装甲車
RG-31Mk6が登場。共同開発の8輪装甲車バジャーなど個性的な展示品を紹介
清谷信一

防衛省改革の決め手:隊員の質の向上
身上調査すら出来ない募集政策。さらにその背景には国防に対する国民の無関心!
高井三郎

艦載機載せたまま、すぐに釜山へ
原子力空母G・ワシントン、横須賀へ配備
火災事件、入港狂騒曲、そして横須賀基地の受け入れ準備の数々をレポートする!?
石川巖

レーダーの出現とその発展(その5)
対空レーダー&電子戦の開始
英空軍は損害を減らすため独対空レーダーを撹乱する「ウィンドウ作戦」を実施!
鳥羽利男

極秘兵器:振動・音響センサ網の発明
最高機密『エスキモーの家作戦』
米国は人や車輌の動きを自動的に検知・無線報告する振動・音響センサ網を開発!
鈴木基也

金正日の病状から権力の動向まで
北朝鮮を監視する米韓インテリジェンス
金正日重病説。北朝鮮内部の動静を探るヒューミント・イミント・シギントとは?
黒井文太郎

現地取材:21世紀の北欧諸国(5)
近代化進むフィンランド軍実戦部隊
最高の訓練を受け効率的な戦闘能力を維持している緊急展開部隊:レディネス旅団
斎木伸生

WORLD・IN・FOCUS(77)
菊池雅之

日本の戦史(173)
八原大佐と沖繩作戦(八十八)
ニミッツ元帥は、第六海兵師団が沖縄の県都那覇市内に拠点を確立したと発表した
大田嘉弘

□市ヶ谷レーダーサイト・防衛調達改革は自明の理か?(1)
□書評・自衛隊の情報戦/戦争サービス業/機動部隊/第三帝国の興亡…(4)ヨーロッパ征服
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・防衛省大臣官房審議官 岸本邦夫氏


定価 1,080円(税込み)