[ メイン | 別 冊メニューへ戻る ]
« 2008年1月号 別冊 | 2008年11月号 別冊 »

2008年6月号 別冊

完売しました

『新兵器最前線』シリーズ6
海自汎用護衛艦&世界の戦闘艦技術
「海自汎用護衛艦&世界の戦闘艦技術」 表紙
全ページカラー
定価:1,600円(税込み)送料:290円

表紙/裏表紙写真: 護衛艦「むらさめ」/「いかづち」…撮影:花井健朗
【カラー特集】
海上自衛隊のワークホース『汎用護衛艦(DD)』
世界の新水上戦闘艦−ステルス型船体構造艦−
護衛艦「すずなみ(DD-114)」の建造

[海上自衛隊の汎用護衛艦(DD)]
海自汎用護衛艦の役割・機能と部隊運用  “8艦8機体制”における各型護衛艦と艦載ヘリの役割、そして冷戦後の任務と課題 …野木恵一〈軍事評論家〉
第1世代DD「はつゆき」型/「あさぎり」型  “八八艦隊”の主力構成艦として作られた、最初の汎用護衛艦の特徴とウエポン …野木恵一
第2世代DD「むらさめ」型/「たかなみ」型 ステルス、VLS、国産艦対艦ミサイル。長足の進歩を遂げた新たな護衛艦 …野木恵一
5000トン型新汎用護衛艦(19DD) 30年の歳月をかけて正常進化した第3世代DD …岡部いさく〈軍事評論家〉
海自艦載哨戒ヘリSH-60Kの能力 半減する調達数をカバーする高性能ヘリ・兵装と部隊の整理統合 …石川潤一〈航空評論家〉
[技術者解説]
『護衛艦設計外論』 設計手順(配置・寸法)/建造技術変遷(機関配置) …安生正明〈元防衛庁技術研究本部主任設計官〉
汎用護衛艦のガスタービン主機 舶用機関としての特徴(長所・短所)/併用方式(COGOG/COGAG) …岩狭源晴〈兵器研究家〉
護衛艦用国産レーダーの開発・発展 捜索型/追尾型/多機能型(開発史・原理・運用・技術特徴) …多田智彦〈防衛技術研究家〉
水上艦用ソーナーシステムの動向 欧州の曳航式低周波ソーナー/我国の遠距離用OQS-XX …水野鉄臣〈(財)防衛技術協会客員研究員〉
[世界の水上戦闘艦&ウエポン・システム]
米海軍の沿海戦闘艦LCS…多田智彦
仏伊海軍共同開発のFREMM…多田智彦
英海軍の45型デアリング級駆逐艦…多田智彦
仏海軍のフォルバン級次世代駆逐艦…多田智彦
伊海軍のアンドレア・ドリア級次世代駆逐艦…多田智彦
独海軍のザクセン級防空フリゲート…多田智彦
蘭海軍のプロヴィンシェン級防空指揮フリゲート…多田智彦
ロシア・中国海軍の新鋭主力戦闘艦…多田智彦
ズムウォルト級次期駆逐艦に見る 米海軍の最先端水上戦闘艦技術…多田智彦

『新兵器最前線』シリーズ発行予定※内容・順番等は変更する場合があります。

「対テロ戦争で活躍する装甲車ファミリー(仮)」