[ メイン | 別 冊メニューへ戻る ]
« 2007年9月号 別冊 | 2007年12月号 別冊 »

2007年11月号 別冊

完売しました

ワールド・インテリジェンス Vol.9

特集 特殊部隊と心理戦の最先端


定価:1,300円(税込み)送料:290円

ワールド・インテリジェンス Vol.9 表紙
巻頭言 不思議の国のテロ特措法「攻防戦」への疑問…黒井文太郎(本誌編集長)

【グラビア】
島嶼防衛のスペシャリスト「西部方面普通科連隊」密着撮
日本で2度目のPSI“海上阻止訓練”開催!…野口卓也

“活字メディア”初インタビュー◆陸上自衛隊の専門家に聞く「世界の特殊部隊」事情…荒谷卓(陸自研究本部室長・前特殊作戦群長)/
岐路に立つ“世界最強の特殊部隊”◆元第22SAS中隊指揮官インタビュー…菅原出(安全保障アナリスト)/
米軍資料で読む「アメリカ特殊部隊」の最新事情…福好昌治(軍事ジャーナリスト)/
米軍特殊部隊が展開する「対テロ戦」とは…福好昌治/
「SAS(陸軍特殊部隊)」「SBS(海軍特殊部隊)」「SRR(特殊偵察連隊)」◆9・11以降のイギリス特殊部隊…ジェームス・シンプソン(安全保障問題研究家)/
特殊部隊出身者が創設した「民間軍事会社」(PMC)にベテラン特殊部隊員たちが続々転職中!! …菅原出/
パワーの米国vsテクニックの欧州◆インタビュー 実際に見た「世界の特殊部隊員」…笹川英夫(フォト・ジャーナリスト)/
ロシア、中国、イスラエル、オーストリア「特殊部隊」取材報告…笹川英夫/
世界最大の特殊部隊=北朝鮮「特殊部隊」の実態…福好昌治/
意外な特殊部隊大国だった韓国…菊池雅之(フォト・ジャーナリスト)/
海上自衛隊&海上保安庁“特殊部隊”に新たなMIO任務…柿谷哲也(フォト・ジャーナリスト)/
特殊急襲部隊「SAT」×捜査一課特殊犯捜査係「SIT」◆事件で見えてきた警察「特殊部隊」の実像…菊池雅之/
「特殊作戦群」「中央特殊武器防護隊」なども統括する◆陸上自衛隊の「特殊」な新部隊「中央即応集団」とは…菊池雅之/

インタビュー 島嶼防衛で「潜入」「対ゲリラ・コマンドウ」も見据えた◆陸自「西部方面普通科連隊」の任務とは…若生明智・連隊長に聞く/
陸上自衛隊「市街地戦闘」には何が必要か◆第5旅団27普通科連隊(釧路)のケース・スタディ…(取材・構成)大久保義信/

「狙撃探知システム」から「対象限定貫通弾(APLP)まで◆コレに注目! 特殊部隊が使う「武器」…大久保義信(『軍事研究』武器解説担当)/
編集部が独断と偏見で選んだ 特選! 特殊部隊映画/
知恵の戦い=心理戦とは何か◆米軍「心理戦マニュアル」を読む…福好昌治/
イラク大量破壊兵器疑惑もプロデュース! ◆「戦争広告代理店」の巧妙なプロパガンダ工作とは…菅原出/

インタビュー ターゲットは「アメリカ世論」! ◆米下院従軍慰安婦決議をめぐる中国「心理戦」の深層…江崎道朗(日本会議専任研究員)/

“黒幕”は党内序列5位の大物!? ◆中国の宣伝戦を担う「中央対外宣伝弁公室」&「中央宣伝部」/

連載 イスラエル情報・工作機関の歴史(3)
1960年代 イスラエル諜報機関の興隆期◆スパイ活動・脅迫爆弾・ミグ戦闘機…稲坂硬一(近畿大学九州短期大学非常勤講師)/

『ミトロヒン文書』の欧州各国への影響(後編)
英情報機関が狙った情報公開の目的とは…橋本力(英アベリストウィス大学大学院修士課程)/

「大陸反攻計画」と「台湾海峡ミサイル危機」◆回顧録が明らかにした「中国vs台湾」危機の真相…本田善彦(台湾在住ジャーナリスト)/

CIA機密解除文書にみる戦後アメリカの対日工作(後編)
「児玉誉士夫」「賀屋興宣」はスパイだったのか/
日本の過激派/テロ組織月オウム真理教検証◆「テロ組織としてのオウム」の未解明部分/

集中連載 フランス情報機関の歴史(7)
フランス情報機関の暗部とアルジェリア紛争の始まり…柏原竜一(情報史研究家)

《情報史研究》
英国における中央情報機構設立の営み(3)
ヴァンシッタートと初期JIC…奥田泰広(京都大学大学院博士後期課程)/

【インテリジェンスNEWS】
 トルコ軍「越境」参戦でクルド紛争へ!?/過熱するパキスタンのイスラム・テロ/シリア空爆をめぐる情報戦/ますます高まるアルカイダの脅威/韓国情報部が金大中拉致を暴力団に要請?/発覚した日本マネロン・ルート、ほか