[ メイン | 別 冊メニューへ戻る ]
« 2007年8月号 別冊 | 2007年11月号 別冊 »

2007年9月号 別冊

完売しました

ワールド・インテリジェンス Vol.8

特集 世界を知る“情報”の読み方

    激震! 日本の公安機関


定価:1,300円(税込み)送料:290円

ワールド・インテリジェンス Vol.8 表紙
巻頭言 安倍政権とともに散った(!?)安全保障論議…黒井文太郎(本誌編集長)

【グラビア】
戦場を駆ける日本人女性ジャーナリスト
 玉本英子(アジアプレス)/ 山本美香(ジャパンプレス)/
 大高未貴(ジャーナリスト)/ 早瀬史麻(フォトジャーナリスト)
遂に公開! 海自特殊部隊SBU…野口卓也

巻頭インタビュー◆"インテリジェンスのプロ"に聞く日本の対外情報機能強化策
…佐藤優(起訴休職外務事務官・元外務省主任分析官)

特集【1】世界を知る「情報」の読み方
北朝鮮■鈴木典幸(ラヂオプレス理事)
中国■上村幸治(獨協大学教授/元毎日新聞中国総局長)
インテリジェンス■春名幹男(名古屋大学大学院教授/元共同通信特別編集委員)
軍事■秋元千明(NHK解説委員)
中東■島崎淳(共同通信外信部記者/元バグダッド支局長)
アジア■小松健一(毎日新聞編集委員/元アジア総局長)
メディア■波津博明(大妻女子大学教授/元読売新聞解説部次長)
メディア■大野博人(朝日新聞外報エディター)
メディア■河本知之(TBS外信部長)
北朝鮮■惠谷治(ジャーナリスト)
衛星■松浦晋也(ノンフィクション・ライター)
核拡散■田窪雅文(『核情報』主宰)
電波受信■山下透(『アジア放送研究会』理事長)
メディア■阿部重夫(『月刊ファクタ』編集長)
メディア■永井浩(『日刊ベリタ』編集長)
メディア■平野日出木(『オーマイニュース』編集次長)
インターネット■田中宇(ジャーナリスト)
インターネット■河上イチロー(元『デア・アングリッフ』主宰)
インターネット■『軍事板常見問題』
インターネット■『軍事情報』
インターネット■ジョン・ヤング(『クリプトム』主宰)
日本では誰がどんな調査をしているのか◆世界の動きを見据える「シンクタンク」の研究者…伊藤弘太郎(ジャーナリスト)

特集【2】激震! 日本の公安機関
地に堕ちた日本のインテリジェンス機関◆ドキュメント 元公安調査庁長官「詐欺事件」…村上和巳(ジャーナリスト)
切札は巧妙な政財界工作!◆知られざる「公安」VS「朝鮮総連」の裏面史…李策(フリーライター/元朝鮮総連専従職員)
公安調査庁への質問状(1)◆私が質問主意書を提出した理由…河村たかし(民主党衆議院議員)
公安調査庁への質問状(2)◆これが国会質問主意書の核心部分だ!

標的は「アルカイダ」&「革マル」◆公安警察の最新事情
調査隊から情報保全隊へ◆知られざる「自衛隊の公安」の今昔…福好昌治(ジャーナリスト)
史料発掘! 日中戦争秘史◆岡田芳政中佐と香港「興亜機関」…小谷賢(防衛省防衛研究所教官)
『ミトロヒン文書』の欧州各国への影響(前編)◆KGB機密資料に書かれていた注目情報とは? …橋本力(英ウェールズ大学大学院修士課程)

日本の過激派(1)福知山線事故の陰に労組間の内ゲバ◆「JR」に浸透した新左翼組織「革マル」…李策
知られざる日米同盟の「核心」◆自衛隊&米軍「インテリジェンス共有」の全貌…福好昌治
着々と整備が進むテロ関連データベース◆アメリカ「テロ対策」の情報化最新事情…小谷瑠以(JST社会技術研究開発センター・アソシエイトフェロー)
相次ぐテロ事件に英国情報機関はどう対応してきたか◆イギリスのイスラム過激派対策の内幕…橋本力

インタビュー バグダッドはどう「取材」されているのか◆イラク軍部隊に従軍した日本人女性ジャーナリストに聞く…玉本英子(アジアプレス)

フランス情報機関の歴史(6)
ディエン・ビエン・フーの敗戦と情報機関…柏原竜一(情報史研究家)

《情報史研究》
英国における中央情報機構設立の営み(2)
ヒューミント運営における「ブリティッシュ・スタイル」の確立…奥田泰広(京都大学大学院博士後期課程)

【インテリジェンスNEWS】
続々と解除されるCIA機密文書/ FBI、中国公安部、マイクロソフト社の連携で違法コピー組織摘発/ ビンラディンはパキスタンで闘病中?/ 中国でインターネット規制進む/ CIA監察報告、同時テロで元長官らの対応批判/ 自民党の外交力強化プラン、ほか