[ メイン | 別 冊メニューへ戻る ]
« 2007年5月号 別冊 | 2007年8月号 別冊 »

2007年7月号 別冊

完売しました

ワールド・インテリジェンス Vol.7

特集 ロシア・欧州の情報機関 日本の戦後情報秘史


定価:1,300円(税込み)送料:290円

今号から定価が変わりました。

ワールド・インテリジェンス Vol.7 表紙
巻頭言 拝啓ミーシャ様…黒井文太郎(本誌編集長)

【グラビア】
北朝鮮vs警察極秘チーム「ヤマ」“電波”をめぐる攻防…青木勝弘
実戦の警察特殊部隊「町田」「愛知」拳銃篭城事件…菊池雅之
空撮! 断崖の島「尖閣諸島」に肉薄する…西牟田靖
黒覆面の陸上自衛隊特殊作戦群…野口卓也 /在タイ北朝鮮大使館

巻頭企画 メディア初/単独インタビュー◆ついに誕生! 陸自初の総合的・本格的インテリジェンス部隊「中央情報隊」の任務と実像…市川卓治(陸将補/陸上自衛隊中央情報隊長)/
そのインテリジェンス理論は現代「対テロ戦」にどう適用できるのか◆大河ドラマ『風林火山』で注目される「孫子の兵法」…インタビュー 太田文雄(防衛大学校安全保障・危機管理教育センター長/元防衛庁情報本部長)/

特集【1】ロシア&欧州の情報機関
KGB解体後もいまだ強大な組織・機能は健在!◆現代ロシア「インテリジェンス機構」のしくみ…橋本力(英ウェールズ大学大学院修士課程)/
《コラム》「FSB」の権力が強化されている!…橋本力/
世界に浸透する「寒い国から来たスパイ」◆ロシア諜報機関「SVR」「GRU」の“長い手”…橋本力/
《コラム》「政治」の中の諜報機関、ソ連からロシアになって何が変わったか?…橋本力/
欧州にはどんな「情報機関」があるのか◆EU加盟27か国の情報機構完全ガイド…ジェームス・シンプソン(安全保障問題研究家)/
◆西欧主要4か国「英仏独伊」インテリジェンス事件簿…村上和巳(ジャーナリスト)/
真の目的は「産業スパイ」!?◆フランスの通信傍受計画「フレンシュロン」…橋本力
「国際軍事スタッフ」と「テロ対策情報ユニット」で情報共有◆9・11以降のNATOインテリジェンス…ジェームス・シンプソン/
「合同状況センター」「EU衛星センター」「欧州軍参謀部情報班」「ユーロポール」◆EUとしてのインテリジェンス…ジェームス・シンプソン/
◆対テロ戦で“再建”急ぐオランダ情報機関…菅原出(安全保障アナリスト)/
アメリカも頼った“イラク国内”の情報網◆ポーランド×米国 諜報分野の意外な“蜜月”…ジェームス・シンプソン/
検証 アルカイダ“プラハ・コネクション”騒動◆チェコ諜報機関と9・11…ジェームス・シンプソン/

特集【2】日本の戦後情報秘史
自衛隊退官後も東南アジアで情報活動!◆伝説の「F機関」指揮官 藤原岩市の“戦後”…インタビュー 冨澤暉(東洋学園大学理事/元陸幕長)/
日米関係の深層で活躍した政界ブレーン◆天川勇・元海軍大学校教授の「戦後秘史」…インタビュー 天川由記子(帝京大学准教授)/
大阪万博ではじまった関西「対ロシア諜報戦」◆昭和40年代 公安調査庁“ソ連班”の活動とは…インタビュー 榊久雄(元近畿公安調査局調査官)/
CIA機密解除文書にみる戦後アメリカの対日工作(前編)◆「有末機関」と「河辺機関」の真実/
陸自「情報保全隊」の調査力はどれほどなのか◆共産党に流出した内部資料を“採点”する…村上和巳/
◆アジア太平洋「米空軍」インテリジェンスの全貌…福好昌治(軍事ジャーナリスト)/
地図から消された極秘警察無線施設◆愛知県「守山無線通信所」…青木勝弘(ジャーナリスト)/

ハイテク時代の人民戦争を国民に「啓蒙」?◆中国・TVドラマ『沙場点兵』にみる現代「人民解放軍」事情…本田善彦(在台北ジャーナリスト)/
◆テネットCIA長官はなぜ回想録を出したのか…落合浩太郎(東京工科大学准教授)/
インテリジェンス機関「民主的統制」の研究◆英情報部「民主化」の経緯と「情報保安委員会」の役割…川合秀幸(京都大学大学院博士前期過程)

《情報史研究》
英国における中央情報機構設立の営み(1)
アーサー・バルフォアの「CID」運営…奥田泰広(京都大学大学院博士後期課程)/

フランス情報機関の歴史(5)争乱初期のベトナムで仏情報機関はどう動いたか…柏原竜一(情報史研究家)/

【インテリジェンスNEWS】
イギリスのアルカイダ系テロ未遂犯に長期刑判決/FBIのデータマイニング・プログラム/西アフリカにアルカイダ浸透か/イスラエルが新偵察衛星を打ち上げ、ほか

《Column》麻生幾…特殊部隊「SAT」隊員の殉職に想う