[ メイン | 別 冊メニューへ戻る ]
« 2007年4月号 別冊 | 2007年7月号 別冊 »

2007年5月号 別冊

完売しました

ワールド・インテリジェンス Vol.6

特集 世界&日本の地下社会


定価:1,200円(税込み)送料:290円

ワールド・インテリジェンス Vol.6 表紙巻頭言 地下社会の動向を追え!…黒井文太郎(本誌編集長)

【グラビア】
地下社会を牛耳った男たち〜世界「マフィア」列伝/ 世界の麻薬ルート\こ最大のアヘン生産地=アフガニスタン…桜木武史 /世界の麻薬ルート▲▲襯丱縫◆ペルー 辺境のドラッグ街道をゆく…黒井文太郎/ 警察と自衛隊の合同訓練!…野口卓也

右翼・ヤクザ・宗教ネットワーク―◆「地下社会」×「情報機関」その知られざる関係…インタビュー 菅沼光弘(元公安調査庁調査第2部長)/ 香港、台湾から米国、欧州、新宿歌舞伎町まで◆知られざる中国「黒社会」の最新動向…江建(フリーライター)/ 大物政商「ベレゾフスキー」と大親分「ヤポンチク」◆カネと暴力のロシア地下社会…田中健之(アジア・ナショナリズム研究家)/ 国際的組織犯罪のニューウェーブ◆欧米の暗黒街を席捲する「アルバニア・マフィア」…菅原出(安全保障アナリスト)/ アフガニスタンのアヘン生産が急増!◆世界の「麻薬事情」最新動向…村上和巳(ジャーナリスト)

いまやインターネットで戦車やミサイルも販売!◆知られざる現代「武器商人」の実像…菅原出/ 拡大する世界の地下経済◆巧妙化する「マネーロンダリング」最新動向…平田裕(フリーライター)/ すべては「秘密組織」が裏で糸を引いている!?◆なぜ「陰謀論」はなくならないのか…野田敬生(ジャーナリスト)/ ◆南米の魔界都市「神の町」と「シウダー・デル・エステ」/ 「福音派」「統一教会」…宗教ネットワークの研究◆キリスト教右派=保守系陣営の怪しい人脈…野田敬生

日本暴力団21組織と深い関係!?◆隣国「韓国」のヤクザ事情…李策(フリーライター)/ 情報活用への提言◆情報デジタル化のメリットとは…吉川由紀枝/ 法規制の不備の拡大が生む「地下経済」◆東アジア「組織犯罪動向」の読み方…インタビュー ベリサリオス・カトゥラス

深層追跡! あなたの隣の地下社会◆「在日外国人」アンダーワールド…李策/ ◆ヤクザは山口組だけになる? 進行する暴力団の一極集中…平田裕/ レバノンのテロに神奈川の盗難車が使用されていた!◆ヤクザ=マフィア=テロ組織の「点と線」…李策/ オウム事件以後も増殖する日本のカルト宗教…李策

「縦割り」「情報」「憲法解釈」で骨抜き必至?◆安倍版NSCの致命的弱点を問う…インタビュー 前原誠司(民主党前代表)/ 対テロ戦の時代にどう対応するのか◆アメリカ「HUMINT(人的諜報)」の展望…落合浩太郎(東京工科大学准教授)/ イラク式の「斬首」計画まで登場!◆最新動向 2007年・英国テロ事情…小谷瑠以(テロ問題アナリスト)

◆再編著しい米太平洋海軍&海兵隊の情報部隊…福好昌治(軍事ジャーナリスト)/ 倒錯した派遣計画、そして現地情報不足―◆民間人通訳が見たサマワ派遣自衛隊始末記…インタビュー 金子貴一(ジャーナリスト/イラク復興支援隊付通訳)

イスラエル情報・工作機関の歴史(2)旧ナチ『アイヒマン』を拉致・連行…稲坂硬一(近畿大学九州短期大学非常勤講師)/ アメリカの外交暗号も解読していた!◆知られざる旧日本軍のインテリジェンス…小谷賢

》情報史研究《 集中連載 フランス情報機関の歴史(4)
〜「対外情報防諜局」(SDECE)と戦後フランス〜噴出するスキャンダルに翻弄される情報機関…柏原竜一(情報史研究家)

【インテリジェンスNEWS】
 「後継者」で明暗わかれたイタリア・マフィア/ カナダ・マフィアの勢力地図に変化/ 偽ドル製造する南オセチア/ バルト犯罪グループの活動が拡大/ アイルランド犯罪組織が活発化/ アルカイダを名乗ったアルジェリアのイスラム過激派/ フィリピン「モロ民族解放戦線」戦闘再開か/ イラン反政府組織にCIA関与説?/ タリバン系組織とパキスタン部族が「内紛」/ 米で長期服役の日本赤軍メンバーが強制送還/ 武器輸出問題を追っていたロシア記者が変死/ 個人情報を不正に入手していたFBI/ 行方不明となった元イラン革命防衛隊ヒズボラ工作担当者/ イギリス国内にテロリスト2000人?