[ メイン | 別 冊メニューへ戻る ]
« 2006年10月号 別冊 | 2007年1月号 別冊 »

2006年11月号 別冊

完売しました

ワールド・インテリジェンス Vol.3

特集 北朝鮮&中国の対日工作!


定価:1,200円(税込み)送料:290円

ワールド・インテリジェンス Vol.3 表紙巻頭言 インテリジェンスではわからない「北朝鮮の今後」 黒井文太郎(本誌編集長)
【グラビア】日本人向け上海カラオケ「かぐや姫」/北朝鮮・中国の対日拠点/北朝鮮不審船が積んでいた大量の武器!/北朝鮮の核実験場/核関連施設/タイでクーデター
【COLUMN】「日本人拉致」から「偽ドル」「覚醒剤」まで 北朝鮮工作機関の闇を追う! インタビュー 高世 仁(『ジン・ネット』代表)/ドル紙幣偽造、麻薬・タバコ密造、戦略物資不正輸入 北朝鮮「不法ビジネス」の系譜/事実上の北朝鮮代表部だったマカオ「朝光貿易」の正体/奄美沖工作船事件から浮上した北朝鮮「覚醒剤」暴力団ルート/謀略国家のしくみ、北朝鮮「工作機関」の全貌 清水 惇(『北朝鮮情報機関の全貌』著者)/東京ディズニーランド、暴力団幹部との会合、ミサイル代金回収……? 金正男は日本で何をしていたのか?/「ミスターX」は軍を代表する金正日側近だ! 北朝鮮対日「政界」工作の実態とは インタビュー 辺 真一(『コリア・レポート』編集長)/対日政界工作に暗躍!日朝交渉「エージェント」全リスト 野村旗守/謎の工作員「康成輝」の数奇な人生「百人町事件」の主人公が私に語ったこと 今村 等/私が見た「学習組」 朝鮮総連非公然組織の虚像と実像 李 策(フリーライター/元朝鮮総連非公然組織「学習組」組員)/核技術もミサイル技術も日本から流出した!朝鮮総連傘下組織「科協」の正体 野村旗守/ウラで暗躍した「コワモテ」在日非公然組織とは/私は北朝鮮のスパイだった! 日本人の元工作員が告白する秘密活動のすべて 取材・構成 ジン・ネット(インタビュアー/高世仁・石田久人)/狙われた朝銀マネー! 北朝鮮の軍事産業と闇の送金ルート 野村旗守/北朝鮮が狙う日本の「技術」、規制品目「不正輸出」のしくみ/最悪の国家犯罪はいかに行なわれたのか? 「拉致事件」11件の犯行手口/北朝鮮「対日スパイ」事件史/隙を見せずに長期的な「対日工作」を推進中 「中国大使館」の研究/「上海総領事館員自殺」「対馬自衛官『内部資料』持ち出し」を結ぶ上海「カラオケ」と中国公安機関の影/「世界一大きなスパイ集団」中国の巨大なインテリジェンス機構/法をすり抜ける巧妙な情報収集中国の「対日スパイ工作」事件簿/加速する「人民元経済圏」化 中国=北朝鮮「国境」最新事情 李 策/「ミツトヨ事件」で浮上した日本の「核の闇市場」/日本で極秘活動していた韓国情報機関 野田敬生(ジャーナリスト/元公安調査官)/米政府が公開した未遂テロ情報 対テロ戦5年の「中間決算」 有田 司(共同通信ワシントン特派員)/日本諜報事件史:ソ連に取り込まれた自衛隊幹部 「宮永スパイ事件」の深層 野口裕之(産経新聞政治部・専門委員)

》情報史研究《集中連載 フランス情報機関の歴史
19世紀後半 ドイツとの戦争が生んだ情報機構(普仏戦争〜第1次大戦〜第2次大戦前夜) 柏原竜一(軍事史研究家)

【インテリジェンスNEWS】4つの国籍を使い分けた凄腕「北朝鮮工作員」摘発/ザルカウィ情報を捕捉したヨルダン特殊部隊/インドが爆弾テロの黒幕に「パキスタン情報機関」を名指し/ロシアのスパイを拘束したグルジア/内部抗争激化するパレスチナ/内戦必至のイラク/復活したタリバン/スリランカ自爆テロで100人超死亡/米政府がイラン国営銀行に制裁/金日成の電話を盗聴していた安企部/炭疽菌テロ計画の首謀者だったオウム上祐/防衛庁が独自のワシントン連絡事務所を創設へ/財務省が「通貨偽造対策担当企画官」(仮称)新設へ/公安調査庁が「国際テロ対策室」(仮称)新設へ/内閣情報セキュリティセンターが24時間体制へ