[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2006年10月号 | 軍事研究 2006年12月号 »

軍事研究 2006年11月号

軍事研究2006年11月号 表紙
表紙写真・米空軍F-117Aナイトホーク
U.S. Airforce
巻頭言・★終止符を打たれたM5大型個体燃料ロケット
志方俊之

》写真ページ《
カラー:
米海軍「シャイロー」横須賀配備
野口卓也
平成18年陸上自衛隊富士総合火力演習
門田充弘

モノクロ:
モンゴルの多国間演習カーン・クエスト2006
斎木伸生
在日米軍 横田基地友好祭2006
石原肇
広島県断水事故給水支援、陸海自の統合災害派遣
第13旅団


ミリタリー・ニュース

連載:米海軍・海兵隊の改革『シー・パワー21』(13)
無人兵器母艦STILETTO&新海兵戦闘車
空・海無人兵器母艦スティレット/将来作戦に備える海兵隊の次世代戦闘車両計画
軍事情報研究会

特集 敵地急襲、ヒズボラ討伐戦の誤算と教訓


曲がり角を迎えた常勝軍
最強イスラエル国防軍に翳り!
特徴・性質を探るとともに、徴兵・召集拒否が増えつつある現状と今後の姿を探る
野木恵一

一か月に及ぶ爆撃作戦を完遂
レバノン爆撃の主役イスラエル軍
航空作戦を一か月も続けるイスラエル軍の作戦能力は中小の空軍では不可能だ!
石川潤一

特異な国の特異な主力戦車
メルカバMk4のすべて
常に実戦の教訓を取り入れて改良・改修が続けられているメルカバ戦車を徹底解説
山野治夫

敵戦力見積りも作戦計画も間違い
詳報:イスラエル軍の誤算と教訓
イスラエルにとって今回の紛争は航空攻撃でも地上戦でも不満足な結果に終わった
宇垣大成

イージス艦と空母戦闘群
無敵の万能艦ではない。そもそも冷戦時代に空母を護るためにつくられた護衛艦だ
浜田一穂

NATO対空戦闘システムを搭載
F124型「ザクセン級」防空フリゲート
被弾時の高度な耐久力、ドイツ流のボックス・ガーダーや強剛性の四層甲板構造!
多田智彦

投稿:GPS民間開放の真相
GPSの選択利用性(精度劣化策)の技術解説とともに民間開放の真相を分析する
鈴木基也

低周波アクチブソナーとT-AGOS艦
横浜ノースドッグに潜水艦探索艦が一点集中
横浜米軍専用岸壁のノースドッグは、対中国・対北朝鮮の潜水艦捜索艦の拠点だ!
石川巌

ユーロサトリ2006
陸戦ロボットと将来歩兵装備
実用段階に入った将来歩兵システムと、工兵器財/無人空中&陸上兵器・携帯火器
清谷信一

軍需から民需:第6回
潜水艦の超高張力鋼技術
超高張力鋼、特殊な潜水艦構造(耐圧内殻)・金属材料・大型全自動溶接装置
鳥羽利男

華北の張家口で見た人民公園の「東風2号」
中国人民解放軍の戦略弾道ミサイル
秘密保全にうるさいあの中国で弾道ミサイルが内部部品ごと公園に展示されている
竹田純一

シリーズ連載:先史解題(13)
第32軍の沖繩作戦の真実
勇戦ぶりが讃えられることが多い沖繩守備32軍。だがやはりその思考と戦術は…
樋口隆晴

国家/国益/軍隊・わが国が今着手すべき「政掌軍事」
亀井浩太郎

日本防衛の基本問題を論ず(11)
強固な日米同盟を目指して
森野軍事研究所

WORLD・IN・FOCUS
菊池雅之

日本の戦史(148)
八原大佐と沖繩作戦(六十三)
張鼓峯事件停戦委員長に選ばれた長大佐、彼の華々しい経歴にまた一つ花を添えた
大田嘉弘

□市ヶ谷レーダーサイト・今年の夏人事・拾遺
□用語・戦争以外の軍事行動MOOTW
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・川崎重工業株式会社航空宇宙カンパニーバイスプレジデント兼営業本部長 
鈴木伸一氏


定価 1,008円(税込み)