[ メイン | バックナンバーメニューへ戻る ]
« 軍事研究 2006年5月号 | 軍事研究 2006年7月号 »

軍事研究 2006年6月号

表紙
表紙写真・米海軍の特殊部隊シールズ
U.S. Navy
巻頭言・世界各地で起きているデモが意味するもの
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
米攻撃原潜の新兵器SEALs
T-4ブルーインパルス、第11飛行隊創隊10周年記念行事
航空自衛隊

モノクロ:
スイス山岳要塞を訪ねて
斎木伸生
パキスタンの米軍ヘリとMASH
今岡昌子
米海軍厚木基地「さくら祭り」
小林隆


ミリタリー・ニュース

連載:米海軍・海兵隊の改革『シー・パワー21』(8)
沿岸海域を支配する攻撃サブマリン三本柱
シーウルフ級:最強の水中兵器/ヴァージニア級:多目的攻撃原潜/オハイオ級改
軍事情報研究会

特集 何が変わる「統合幕僚長」誕生

防衛構想と脅威認識を確立せよ
「統合幕僚監部」発足の意義と問題点
統合幕僚監部は防衛庁本庁の機関をいじくっただけの「下向き」改革ではないか
日裏昌宏

組織から読み取る意図と特徴
統合幕僚監部の新編と陸海空幕僚監部の改編
今回の改編を最初で最後とするのではなく、継続的に変革を続けることが大切だ!
田村尚也

決め手は「人の質」と「人事」だ
大本営における陸海軍統合運用の試み
統合を成功させるのも失敗させるのも結局は「人」であり「人事」だということだ
藤井久

陸上自衛隊対戦車ヘリの発展
コブラとアパッチ
アパッチ取得、しかし陳腐化も早い、現役のコブラからアパッチ採用の問題点まで
石川潤一

航空機と艦艇設計技術の境界線
21世紀艦艇技術の変革
ステルス・デザイン、ウォータージェット推進、空飛ぶミサイルに迫る超音速弾!
山本紀義

B-29に始まる巨大旅客機の誕生
航空技術の軍用から民需への転用
B-29をルーツとする現代旅客機。航空技術の軍需から民需への転用の典型的な実例
鳥羽利男

アメリカ全軍、一丸の総力戦へ
初登場の新語で06QDRを検証する
対イスラムの長期戦を勝ち抜こう、新語をキーにして06QDRを石川流に読み解く
石川巖

日本の生命線の危機
マラッカ海峡を跳梁する「海賊船」
日本の石油の80%が通過するマラッカ海峡でタンカーや貨物船を狙った海賊が出没
稲坂硬一

「小型の人民元経済圏」の実現か
加速する北朝鮮と中国の経済活動
中国最大の国境都市、丹東は韓国資本が流入しており、目覚ましい発展ぶりだった
李策

大日本帝国歴史紀行
ミクロネシアの島と海に残る戦跡
かつて大日本帝国の委任統治領ミクロネシアの島々は、太平洋戦争の激戦地だった
西牟田靖

欧州戦史紀行
武装中立国スイス、列強に囲まれた苦難の歴史
スイスがどのように建国され、中立を国策とし、維持してきたかを知る人は少ない
斎木伸生

国家/国益/軍隊(5)
西独、敗戦後の政軍関係
亀井浩太郎

日本防衛の基本問題(6)専守防衛を論ず
「戦略・戦術の視点からの専守防衛考」
専守防衛を論じるには、戦術・戦略、防衛政策、国家戦略の三つの視点が必要だ!
森野軍事研究所

WORLD・IN・FOCUS
菊池雅之

日本の戦史(143)
八原大佐と沖繩作戦(五十八)
神中佐は台湾第八飛行師団参謀に任命された。要はタマのくるところへ行くことだ
大田嘉弘

□市ヶ谷レーダーサイト・俄に風雲告げる日本海
□用語・大佐−陸軍/空軍
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔・防衛庁陸上幕僚監部監理部長 寺芳治将補


定価 1,008円(税込み)