メニュー

月刊軍事研究



アーカイブ


新しいページで開く

QRコード

QRコード
atom rss1.0 rss2.0
Powered by

推奨ブラウザ FireFox 公式サイト タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け) Google Chrome

2017年12月08日

軍事研究 2018年1月号

軍事研究2018年1月号 表紙表紙写真・「あきづき型」改「あさひ」
花井健朗
巻頭言・トランプ大統領主導の北朝鮮制裁
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン 日豪最新鋭艦のデビュー
花井健朗ほか
日本海で日米印洋上共同訓練!
永江修ほか
ロシアのモニノ空軍博物館(2)
浜田一穂
第2師団の師団検閲に密着
菊池雅之
中部方面隊創隊57周年
野口卓也
「C-130Hサヨナラセレモニー」
石原肇


ミリタリー・ニュース

連載:カラー図説 戦争を変える『現代の超兵器』(6)
無双のレールガン戦車:電磁砲と電磁装甲
防衛省が開発を加速する電磁加速システム/レールガン戦車は戦車から巡航ミサイルまで破壊
軍事情報研究会

統合運用、『統合幕僚長』の権限と責任

トランプ、北をテロ支援国家に再指定
「金正恩」沈黙を破ってミサイル発射!
二か月の沈黙は何だったのか?今回のミサイル実験はアメリカ本土到達を狙った飛距離増大が目的か
黒井文太郎

オホーツク海周辺で弾道弾投射の大演習
ロシア「戦略ロケット軍」の大規模演習
西から東へ、東から西へ、大陸を縦横に飛び交う弾道ミサイル! 核兵器の使用を想定した大演習
小泉悠

日本をすっぽり覆う核の傘
アメリカの核兵器4662発
戦略核三本柱『ICBM・潜水艦弾道弾・戦略爆撃機』米軍が保有する核兵器・核弾頭と、その運搬手段
石川潤一

「核兵器禁止条約」の意義と課題
被爆国日本が参加しなかったワケ
「廃絶への一歩」か「世界の分断」か! 核兵器禁止条約にいたる経緯を解説しつつ、問題点を分析
木村和尊

真剣に核戦争に備えるヨーロッパに学ぼう
北の核攻撃から身を守る『核シェルター』
スイスや北欧各国は国中にシェルターを構築してきた。フィンランドでは実に400万人収容可能
斎木伸生

陸海空自衛隊の統合運用
『統合幕僚長』の権限と責任
かつては“高位高官、権限皆無”と揶揄された統合幕僚会議だったが、統合幕僚監部ではようやく真の統合運用体制が整いつつある
福好昌治

自衛隊の敵前上陸戦は立ち往生する!
尖閣奪回を阻む『水際障害』
水際障害対策が欠落しており、中国が設置する妨害物や機雷、地雷といった水際障害を突破できない
文谷数重

航空自衛隊も導入!北ミサイル防衛の最後の砦
ペトリオット最新型PAC-3 MSE
今も進化を続ける地対空誘導弾!PAC-3ならびに最新型のPAC-3 MSEの技術的特徴を解説
井上孝司

海軍、急ピッチで電磁カタパルトを開発
中国南シナ海の空母搭載機訓練基地
国産空母に、蒸気カタパルトか電磁カタパルトか、どちらを採用するのか関心が集まっている
田中三郎

初代大統領ジョージ・ワシントンは独立戦争の英雄
軍人が大統領になる国『アメリカ』
トランプ大統領とは対照的に軍歴を持つ大統領が多数派であり、将官経験者だけで一二名も輩出
永井忠弘

超高速長魚雷「シュクヴァル」は200ノット
ロシア海軍で生まれ変わる艦載兵装
サンクトペテルブルク海洋防衛博には様々な艦船搭載武器が出展。ソ連海軍時代の開発が殆どだが、ミサイル・砲墳兵器は整理や小型軽量化が進み、魚雷は種類豊富に
多田智彦

サーブが誇るベストセラー無反動砲の最新作
陸自に提案!『カールグスタフM3/M4」
カールグスタフ・シリーズは日本を含む40か国以上が採用した無反動砲の傑作。その最新モデルを紹介
竹内修

英国の軍事・セキュリティ見本市
時代を反映する無人車両とレーザー兵器
隔年開催のDSEI。今回は無人車両やレーザー兵器など時代を反映した装備が目を引いた
清谷信一

WORLD・IN・FOCUS(185)
外洋練習航海取材記(3) 中国艦がストーキング 空へ羽撃く飛行幹部
菊池雅之

航空自衛隊一技術幹部の生涯(7)
支援戦闘機F-2開発の総括と教訓
F-2の開発は技術的には複合材の主翼とアクティブ・フェーズド・アレイ・レーダーの採用が目玉であった。しかし「生煮えの技術」は「火傷」を負うことになる
松宮廉

□市ヶ谷レーダーサイト:神戸製鋼とSUBARUの問題
□書評:イカロス出版公式カレンダー2018/M16ライフル/機動の理論/イージス艦事典
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:防衛省 大臣官房審議官 槌道明宏氏


定価 1,230円(税込み)

2017年12月07日

在庫復活(8、9月号)と宛先不明のお知らせ

以下の号は在庫切れとなっていましたが、若干数復活しましたのでお知らせいたします。

2017年8月号
2017年9月号

数冊ですので、お買い求めの際はお早めにご注文ください。

また、定期購読のお客様で、あて先不明で届かない方がいらっしゃいます。
郵便振替にて1年間のお申し込みをいただいており、ご連絡先に確認いたしましたが、
現在もお届けできない状況です。
お手数をおかけしますが、お心当たりの方はお問い合わせください。お待ちしております。

2017年11月15日

お詫びと訂正(2017年12月号)

『軍事研究』2017年12月号の写真ページに誤りがありました。

18ページからの北部方面隊実動演習を「北鎮29」と表記しましたが、

正しくは「北演29」(ほくえん29)でした。謹んで訂正いたします。

 陸上自衛隊関係各位および読者の皆様にお詫びいたします。

2017年11月10日

軍事研究 2017年12月号

軍事研究2017年12月号 表紙表紙写真・X-2 先進技術実証機
石原肇
巻頭言・長期政権でなければ取り組めないこと
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン X-2高運動性試験フェーズへ
本誌取材班
英国の軍事・セキュリティ見本市DSEI
清谷信一
第6師団、ヤキマで全力射撃
野亦義久
北部方面実動演習『北鎮29』
野口卓也
ロシアのパールク・パトリョート
浜田一穂
アメリカ空軍横田基地友好祭2017
石原肇


ミリタリー・ニュース

カラー図説:戦争を変える『現代の超兵器』(5)
「電磁レールガン」誕生した軍艦の近未来主砲
マッハ二三の極超音速、レールガンの革命的な潜在能力/実用レールガン開発、射程三七〇km超え
軍事情報研究会

特別公開『X-2』vsロシアSu-57ステルス戦闘機

太平洋で核実験強行か?
北朝鮮、水爆実験に成功!?
金正恩が得意気に公開した水爆模型「ピーナッツ」映像を分析・正しく解説する
野木恵一

平成三〇年度『自衛隊航空戦力』の予算案
特別公開!X-2ステルス先進技術実証機
来年度はP-1/C-2に続く航空機開発としてF-2後継機に係る判断を下す年である
小林晴彦

探知困難!中国の衛星攻撃兵器
『紛争空間』へ変貌する宇宙空間
防衛省は来年度概算要求に四四億円を計上し、宇宙監視システムの詳細設計等を実施する
上河徹

中国正規空母を凌駕するステルス搭載軽空母
海自「いずも」型空母と「F-35B」
「いずも」「かが」に中国は怒りくるっている。悲願の空母戦力を持てば中国海軍も恐れるにたりぬ
文谷数重

制式名称決定!第5世代戦闘機
ロシアのステルス戦闘機『Su-57』
ステルス性を追求した機体と超音速巡行能力、ロシア独自の三次元型エンジン搭載
青木謙知

西側の介入意図を挫く警告射撃的『核』使用
ロシア軍大演習「ザーパド2017」
ロシア・ベラルーシ連合軍合わせて人員1万2000人、航空機70機、戦闘装甲車両680両、艦艇10隻、実態はその数倍が参加したとみられる
小泉悠

島嶼防衛や弾道ミサイル事態に対応困難! 航空自衛隊の後方体制(後編)
複合的危機に直面する『空自後方』
今や複合的危機に直面する空自後方が目指すべき将来体制・態勢を提言する
尾上定正

北朝鮮キム委員長をミサイルで狙い撃ち
無人攻撃機『プレデター』一族の発展
韓国に無人攻撃機を配備すると発表。たちまち金正恩への刺客配備と騒がれた
石川潤一

「ブラックウォーター」元CEO
中国民間軍事会社会長エリック・プリンス
実姉はトランプ政権の教育長官。自らは共和党支持者で、いまや中国民間軍事会社FSGの会長
阿部拓磨

現地取材!夜の街を突っ走る新型戦車アルマータ
ロシア対独戦勝パレード
大量のロシア人に囲まれたなかで撮影。街中を行進するICBM(大陸間弾道弾)の姿に思わず眩暈が
鈴崎利治

サンクトペテルブルク海洋防衛博
ロシア海軍の新型レーダーと射撃指揮装置
IMDS2017では、艦船だけでなく各種レーダーや兵装も展示された。旧ソ連時代の装備から新型多機能レーダーまで
多田智彦

軍事と鉄道(8)(最終回)線路は続くよどこまでも♪
鉄道の存在が果たす役割と効果
新幹線の車両開発に活きた「ゼロ戦」の技術など
井上孝司

WORLD・IN・FOCUS(184)
外洋練習航海取材記(2) 献花・慰霊も練習航海の任務です 慰霊碑を清掃、桜を植樹
菊池雅之

航空自衛隊一技術幹部の生涯(6)
心血を注いだFS-Xの開発
開発に大切なものは人である。何にもまして必要なことは良い戦闘機を作り上げるのだという情熱であろうと思う
松宮廉

□市ヶ谷レーダーサイト:審判下る!須らく改憲すべし
□書評:スペツナズ/第二帝国/パンツァー・オペラツィオーネン/日本の港 艦艇ウォッチングガイド
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:防衛省 大臣官房衛星監 田原克志氏


定価 1,230円(税込み)

2017年10月10日

軍事研究 2017年11月号

軍事研究2017年11月号 表紙表紙写真・「富士火力展示」振動ローラとマカダムローラ
花井健朗
巻頭言・本音と建て前の間で戸惑う国際社会
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン 続々登場!新世代潜水艦ラインナップ
永江修・他
航空自衛隊三沢基地航空祭12年ぶりにB-1展示
石原肇
モスクワ・タンクバイアスロン2017
鈴崎利治
クビンカ戦車博物館巡り
浜田一穂
富士総合火力演習「緊張の夏」火力の夏!
野口卓也/花井健朗


ミリタリー・ニュース

カラー図説:戦争を変える『現代の超兵器』(4)
第四の大量破壊兵器『自動車爆弾(VBIED)』脅威と進化
自動車爆弾、規格外の破壊力が民間人を無差別殺戮/アフガン派遣米軍の敵は自動車爆弾攻撃
軍事情報研究会

日本『弾道ミサイル防衛』に全力

「お願いだから攻めてこないでくれ!」
金正恩の望みは唯一「金王朝」の永続
ツイッター親爺とちびっ子ロケットマンの罵りあい!アメリカとは開戦したくないし、交渉する気もない
黒井文太郎

グアムを完全に包囲、あとは核弾頭を装着するだけ
「火星12」日本上空800km、3700kmを飛翔
「断じて容認できない」「断固とした抗議」。強がりではなく打ち落とす兵器と実力はあるのか?
井上孝司

平成三〇年度防衛予算を読む
主敵は北朝鮮、喫緊の課題『ミサイル防衛』
「事項要求」で導入が既成事実化した「イージス・アショア」!島嶼防衛用の高速滑腔弾開発も
福好昌治

イージス艦にBMD機能、「イージス・アショア」も導入
日本は『弾道ミサイル防衛』に全力
北朝鮮の核・ミサイル対策で「イージス・アショア」の導入検討。海自イージス艦にBMD防衛機能を付与
多田智彦

沿岸警備も外洋作戦もおまかせあれ!
「30DX」新しい構想の汎用護衛艦
対水上船や対潜戦等に対機雷戦機能も具備、多様な任務への対応能力の向上と船体のコンパクト化を両立
大塚好古

『後方』なくして『勝利』なし! 航空自衛隊の後方体制(前編)
航空自衛隊の後方体制にメスを入れる
正面装備の価格上昇、任務の増大で後方の体制は危機的な状況に陥っている
尾上定正

F-22並みの高性能か、張り子の虎か?
中国最新のステルス戦闘機殲撃J-20
次々と国産戦闘機をとうじょうさせている中国初のステルス戦闘機、その機体形状・兵器システム等々を解析
青木謙知

極東ロシアの経済振興と軍事プレゼンスの拠点
開かれた『軍都ウラジオストク』
核実験場のある東北部北朝鮮国境からわずか100km強!ロシアの狙いはなにか!
小泉悠

艦隊決戦を有利にする「巡洋艦戦略」
中国海軍の鼻面を引きずり回せ!
中国に制海権を握らせないため、日本の国力でも実施できる「巡洋艦戦略」のすすめ
文谷数重

2018年会計年度米国防予算要求
米海陸軍が一年で購入する最新主力兵器
「三軍装備とミサイル調達篇」弾道ミサイル防衛システムにも莫大な予算が投入される
石川潤一

「法的検証」シリア内戦の化学兵器虐殺
国際法は戦争犯罪を駆逐出来ないのか
民間人死者の75%はアサド政権とロシアのしわざ。具体的に国際法の何に違反しているのか。
木村和尊

英国の航空機増産・影の工場をフル活用
『バトル・オブ・ブリテン』勝利の裏に
イギリスは迎撃戦術と戦闘機・爆撃機の急速増産「グループ計画」「影の工場」で戦いぬいた
宮園道明

WORLD・IN・FOCUS(183)
外洋練習航海取材記(1)「ふゆづき」「みちしお」in マレーシア 海自“練習航海”とは?
菊池雅之

航空自衛隊一技術幹部の生涯(5)
FS-X開発の前哨戦、日米で政治問題化
昭和六三年三月空幕装備部長に着任。技術出身ということもあり、あまり細かいことに口を挟まぬよう気を付けたつもりが逆効果となり、今考えると申し訳ないことをした
松宮廉

□市ヶ谷レーダーサイト:将官人事の問題点と昇任者略歴
□書評:スパイ大事典/機龍警察 狼眼殺手/陸上自衛隊最前線/中国の海洋侵出を抑え込む
□映画&DVD:パトリオット・ウォー ナチス戦車隊に挑んだ28人・IT/イット“それ”が見えたら、終わり。
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:ノースロップ グラマン ジャパン 社長 スタン クロー氏


定価 1,230円(税込み)

2017年09月28日

お詫びと訂正(2017年10月号)

井上孝司氏の記事の中に誤記がありました。誠に申し訳ございません。

237ページ下段、2行目〜

「二等車は赤、三等車は青」は、正しくは「二等車は、三等車は」です。
謹んで訂正いたします。

2017年09月08日

軍事研究 2017年10月号

軍事研究2017年10月号 表紙表紙写真・米B-1Bと空自F-2の共同訓練
航空自衛隊
巻頭言・政治家と学者は各個に意見表明する義務があるのでは
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン ポーランドとドイツの新型MBT

ロシアのモニノ空軍博物館
浜田一穂
第10師団の北行/後編 突進!展開!浜大樹揚陸訓練
花井健朗
第10師団の北行/後編 暑き北の大地に、熱き士気を燃やす!
野口卓也
杜の都の空は、PAC-3が護る!
野口卓也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:戦争を変える『現代の超兵器』(3)
IED(即製爆弾)・核兵器に次ぐ史上最も凶悪な兵器
年間死傷者数二・一万円人!人類史上最も凶悪な兵器/製造・仕掛けが容易で大威力かつ探知困難
軍事情報研究会

「火星14」はアメリカを火の海にできるのか!

戦争前夜だった8月
「火星12」でグァムを包囲射撃
アメリカ軍の統合参謀本部議長や太平洋軍司令官が日本や韓国、中国を慌ただしく訪問
黒井文太郎

アメリカも認めた!
北朝鮮の大陸間弾道弾「火星14」
ついに北朝鮮は対米戦略兵器を完成させた。北ICBMのメカニズムと性能、実戦能力を分析
野木恵一

金正恩がおびえる「最強兵器」
超音速爆撃機「B-1Bランサー」
五六トンの爆弾を搭載! 超低空を超音速で侵入!金正恩は神経を尖らし名指しで非難
青木謙知

チンギスハンを越えた中国史上最強の皇帝
『習近平』の人民解放軍90周年閲兵式
内モンゴルの砂漠に最新の近代兵器が蝟集!軍権を掌握した「習近平一強」が特に目立った
竹田純一

アメリカン・ファースト型の国防予算要求
70兆円の軍事予算で何を買うのか
トランプ米政権が登場して初の国防予算要求が注目される。総額は日本の国家予算に迫る
石川潤一

もうそんなに残っていないT-4の寿命
『JT-X』に要求される絶対要件
先行する米空軍T-Xを参考に、T-4後継機(JT-X)の開発戦略と採用すべき技術項目を探る
林富士夫

「国際」を謳いながら外国艦船の来航なし
サンクトペテルブルク海洋防衛博
プーチン大統領空母「シュトルム」の建造を延期。ウクライナ問題の影響からか外国艦船の姿はなかった
多田智彦

陸海空問わず開発に全力を傾注!
小国にも遅れをとるロシアの無人兵器
ウクライナやシリアの実戦にも投入!期待の「新星」は中高度/高高度滞空型UAV
小泉悠

インドとパキスタン、二国だけの最終戦争!
『核』を持ったヒンズーとムスリム
分離独立から七〇年、永久に解消されない憎しみと不信。何の役にも立たない核兵器をなぜ保有しているのか
藤田涼佑

三〇年度予算に計上!4000トンクラス!
30年度「新型護衛艦」実は強力艦に変身!
「ゆき」「きり」型の後継を目指す新型護衛艦。一見、凡庸に見えるが、将来大きく変化する能力を秘めている
文谷数重

ユダヤの民の怨念が渦巻く暗殺集団の掟
イスラエルの諜報工作機関『モサド』
復讐あるいは生き残りのため、技術と智略を駆使して極秘のミッションをおこなうモサド工作員。ヘマをすれば死は必定の暗殺作戦の秘訣は
鈴木基也

軍事と鉄道(7)占領地の鉄道運営と占領軍専用列車
進駐軍を感心させた日本の鉄道マン
5月号の戦時輸送体制の構築、9月号の日本国内の戦時輸送に続き、占領地における鉄道運営と敗戦後の日本の話を取り上げる
井上孝司

WORLD・IN・FOCUS(182)
北朝鮮クライシス情報! 私も西へ南へ走った ソウルも嘉手納も平常運転
菊池雅之

航空自衛隊一技術幹部の生涯(4)
F-2の開発に活きたT-2CCVの技術
T-2CCVの技術があったので、FS-Xのフライト・コントロールのソフトウェアを米側が開示しないと言われても驚かなかった
松宮廉

□市ヶ谷レーダーサイト:内・幕、夏の高級人事の後編
□映画:ダンケルク
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□今月の「軍事知識検定」
□顔:経済産業省 製造産業局航空機武器宇宙産業課企画官 末森洋紀氏


定価 1,230円(税込み)