メニュー

月刊軍事研究



アーカイブ


新しいページで開く

QRコード

QRコード
atom rss1.0 rss2.0
Powered by

推奨ブラウザ FireFox 公式サイト タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け) Chrome 公式サイト

月刊軍事研究

軍事研究2021年11月号別冊 軍事研究2021年5月号別冊 軍事研究2020年12月号別冊 軍事研究2020年8月号別冊 軍事研究2019年6月号別冊 軍事研究2018年11月号別冊

2021年10月08日

軍事研究 2021年11月号

軍事研究2021年11月号 表紙表紙写真・横須賀を出港する英空母「クイーン・エリザベス」
鈴崎利治
巻頭言・米英中心の国際秩序形成の動き
磯部晃一
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン ロシアの新型戦闘機「チェックメイト」
UAC/Sukhoi
女王の横須賀入港
鈴崎利治/野口卓也
第2師団「レンジャー」行動訓練帰還式
芦川淳
第3普通科連隊の総合戦闘射撃(戦車、特科編)
鈴崎利治
日本のエアベース(5)第8航空団築城基地
菊池雅之


ミリタリー・ニュース

カラー図説:アメリカ海軍「艦上戦闘機と空母航空団」の歴史(17)
ニミッツ級に搭載開始『F-35C打撃戦闘機』
過労状態に陥った空母の海外展開/一〇隻そろった巨大原子力空母ニミッツ級
軍事情報研究会

新型コロナ『自衛隊』は便利屋ではない!

鞭打ち・公開処刑の再来か?
わずか3日でカブールを制したタリバン
「新タリバン政権」は国際社会と融和する穏健組織か、あるいは悪魔の残虐集団か?
黒井文太郎

政府の感染症対策の問題点は何か?
自衛隊を「便利屋」にするな!
必要なのは「野戦病院」ではなく戦略環境を考えるとき、現状に歯止めをかける必要があるのではないか
濱田昌彦

「民生品の活用」軍もクラウド・サービス
米政府の信頼を勝ち取った『マイクロソフト』
米国防総省やNATOを中心に軍事分野でもクラウド・サービスの利用が急拡大
井上考司

サーブ社の「FoFTS-Next」
「鉄が鉄を鍛える」次世代訓練システム
海兵隊が重視する台本なき実動対抗演習。次世代フォース・オン・フォース訓練システムを導入
毒島刀也

日本より実戦的な軍需産業界
意外と売れてる韓国の陸戦兵器
「敵は北朝鮮」。実戦経験から新型対砲レーダーや保管兵器流用自走砲などを開発、輸出でも実績を上げつつある
竹内修

優先すべきは性能よりも建造ペース
害悪!「もがみ」型護衛艦の武装強化論
武装を簡素安価にまとめることで整備数を優先して建造が続くが、最近兵装強化の主張が聞かれる。その問題点とは
文谷数重

イージス・システムの中心「多機能レーダー」
米海軍が最も信頼する『SPY-6』
アーレイ・バーク級はじめフォード級空母からフリゲートまで大小の水上戦闘艦に採用
多田智彦

832名を詰め込みカブール空港を緊急脱出
アフガン大救出作戦「C-17戦略輸送機」
タリバンから必死に逃れる難民を一人でも多く助けたい。陸路は危ない。方法は空輸だけ
石川潤一

偵察衛星の開発・打ち上げ・運用
創設から六〇年!米国国家偵察局(NRO)
偵察衛星の進化の歴史と表裏一体。安全保障の一翼を担ってきたNROとその保有衛星
鳥嶋真也

西部の砂漠地帯に100個以上のサイロ建設!
中国「早期警戒核反撃」戦術
DF-41用を含む多数のサイロ建設、吉蘭泰ミサイル訓練基地が拡張していることが衛星画像の分析から明らかに
田中三郎

戦後国産ジェットエンジン開発史(2)
先進技術実証機の搭載エンジン「XF5-1」
日本にステルス機の開発能力があることを示したX-2。搭載エンジンXF5-1はIHIを中心に国内メーカーすべてが参画した「オールジャパン」体制
池山正隆

陣地作りより魚、ネズミ、トカゲ捕獲が優先
見放されたメレヨン島(中編)
アメリカ軍にも無視されたメレヨン島は補給途絶状態となり疫病と飢餓が蔓延した(「前編」は四月号掲載)
友松裕喜

WORLD・IN・FOCUS(231)
海兵隊と海軍と空自と空軍 「クイーン・エリザベス」来日 F-35のA型B型C型が日本に集結!
菊池雅之

陸将住職の行状記(20)
JMASのアフガニスタン復興支援
設立二年に満たないJMASが国際監視団活動を約一年受託。自衛官OBで組織するJMASがその業務を実行できると評価されたことが確固たる自負を抱かせたのです
土井義尚

□市ヶ谷レーダーサイト:長引いた内局人事と単発の将官人事
□書籍:朝鮮民主主義人民共和国の陸海空軍/経理から見た日本陸軍/F-86&F-104マニアックス
□書籍:戦争という選択/日本社会は自衛隊をどうみているか/情報分析官が見た陸軍中野学校
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:レイセオン・インテリジェンス&スペース シニア・ディレクタービジネス開発エグゼクティブ 田中耕太氏


定価 1,300円(税込み)

2021年10月07日

2021年11月号 別冊

『新兵器最前線』シリーズ
最新世界の空母打撃群
最新世界の空母打撃群
全ページカラー
定価:2,600円税込(本体2,364円)

 
 

 
 


巻頭グラフィック エリザベス空母打撃群「CSG21」/日本のF-35B空母/伊海軍旗艦「カブール」/フランス原子力空母「シャルル・ド・ゴール」

8か国海軍「空母打撃群」の編成戦力図

第1章 アメリカ海軍『強大無比な原子力空母打撃群』

1-1 9個の『原子力空母打撃群』12種の作戦力…柿谷哲也

1-2 6か月の作戦を支える打撃群の主要艦艇…柿谷哲也

1-3 空母は中国の極超音速兵器の攻撃から免れるか?…柿谷哲也

1-4 先進化続く米空母航空団、ステルス機F-35Cと無人艦上機MQ-25…青木謙知

1-5 2000年代米空母航空団の作戦とゲームチェンジャー「フォード」級…青木謙知

第2章 イギリス海軍『女王陛下のクイーン・エリザベス級空母打撃群』

2-1 初の実戦任務「エリザベス空母打撃群」…井上孝司

2-2 英海軍空母航空団の編成と艦載機…井上孝司

第3章 仏海軍シャルル・ド・ゴール空母打撃群

3-1 核抑止力を担う原子力空母「ド・ゴール」:編成と運用…稲葉義泰

3-2 仏製ラファールM艦載機と米製E-2Cの空母航空団…稲葉義泰

第4章 イタリア海軍「カブール」空母打撃群

4-1 多国籍化するカブール空母打撃群の編成と作戦…山形大介

4-2 最大36機の艦載が可能なカブールの空母航空団…山形大介

第5章 ロシア海軍・クズネツォフ空母打撃群

5-1 シリア空爆を経験した『クズネツォフ空母打撃群』の構成艦…藤村純佳

5-2 戦闘機Su-33とMiG-29K、2機種体制の航空団…藤村純佳

第6章 インド海軍「ヴィクラマディチャ」空母戦闘群

6-1 空母2隻体制復活!「ヴィクラマディチャ」と新型国産空母…山形大介

6-2 ロシア製MiG-29Kを主力機とする空母航空団…山形大介

第7章「近海防御・遠海護衛」を任務とする中国の空母打撃群

7-1 「近海防御・遠海護衛」を任務とする中国の空母打撃群…稲葉義泰

7-2 打撃群構成艦に大きく依存する『中国の空母』…稲葉義泰

7-3 J-15マルチロール艦戦を主力とする空母航空団の限界…稲葉義泰

第8章 海上自衛隊『いずも型空母打撃群』

8-1 空母に改修「いずも」型と、F-35Bの導入…竹内修

8-2 「いずも」と多国籍空母打撃群…竹内修

8-3 空母『いずも』の主力戦闘機と早期警戒機…竹内修


2021年09月24日

別冊発売のお知らせ(最新世界の空母打撃群)

別冊・最新世界の空母打撃群 広告"
【再びのお知らせ】 ※タイトル一部変更しました。表紙写真もこれから若干変わります。

軍事研究2021年11月号別冊『最新世界の空母打撃群』

最新鋭空母艦隊と艦載航空機部隊の全貌に迫ります!

2021年10月7日(木)発売、税込2,600円です。
直販(弊社の直接販売)およびオンラインショップ(BASE店舗)でのご予約注文を承ります。

くわしくは改めてアップいたしますので、今しばらくお待ちください。

2021年09月10日

軍事研究 2021年10月号

軍事研究2021年10月号 表紙
表紙写真・東京パラリンピック開会式展示飛行に向かうT-4ブルーインパルス
代表取材/鈴崎利治
巻頭言・20年前の「9・11」
磯部晃一
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン 『ザ・レジェンド』SR-71
DoD/NASA
五輪はTOKYOからPARISへ
航空自衛隊/他
日本のエアベース(4)陸自航空のメッカ、明野駐屯地
菊池雅之
「大鯨」海へ!
花井健朗
第3普通科連隊の総合戦闘射撃(普通科編)
鈴崎利治
エルカン・スペクター光学照準器
Raytheon ELCAN


ミリタリー・ニュース

カラー図説:アメリカ海軍「艦上戦闘機と空母航空団」の歴史(16)
二刀流スターのスーパー・ホーネット
空母の甲板上はスーパー・ホーネット一色/イラク戦争後にスーパー・ホーネット航空団誕生
軍事情報研究会

対中国、バイデン政権の米軍トップ人事

『複合任務侵攻打撃』ステルス爆撃機
21世紀の襲撃者B-21レイダー
来年早々に初披露、初飛行!現用のB-2ステルス爆撃機と何が変わるのか?どこが同じなのか?
青木謙知

日米における人工知能搭載機の研究と開発
「将来の空中戦」有人戦闘機の戦友は無人機
パイロットが信頼できる高度に自律化されたAI機。有人戦闘機と協調行動が可能な無人飛行機
宮脇俊幸

『ステルス水上戦闘艦の発達史』(1)
『元祖』仏ラファイエット級フリゲート
水上戦闘艦に対レーダー・ステルス技術を導入する動きはいつ頃始まったのか
井上孝司

『ロシア』北極海の完全支配と特殊任務
世界最大の原潜「ベルゴロド」の正体
武装は新型原子力魚雷/無人潜水艦を発進。巡航ミサイル原潜として起工された「ベルゴロド」
多田智彦

明暗が分かれた2022会計年度
米軍の極超音速兵器関連事業
空軍のAGM-183 ARRWは予算ストップ、開発進む迎撃ミサイルと迎撃システム。明暗分かれた極超音速兵器事業を解説
能勢伸之

対中国を意識!国防長官と太平洋軍司令官
バイデン政権の米軍高級将官人事
初のアフリカ系米国人国防長官ロイド・オースティン、トップガンを卒業したジョン・アクィリーノ印太平洋軍司令長官
永井忠弘

最後の正統派スパイ『マレク=クリンベルク伝』
七つの顔をもつユダヤ人の戦いと流浪(1)
カネのためでなく、理想や大義のために情報活動に身を投じた「最後の純粋なスパイ」
鈴木基也

米海軍にとって最大の脅威
中国の極超音速対巡航ミサイルDF-100
二年前の中国建国七〇周年記念パレードで初公開された極超音速対艦巡航ミサイルDF-100
田中三郎

シリーズ「最新世界の次世代ロケット」(2)
群雄割拠!米国のロケットビジネス
米国の次世代ロケット開発はベンチャー企業のスペースXがコストを武器にリードし、ブルー・オリジンなどのベンチャー企業が後に続く構図となっている
鳥嶋真也

2022年会計年度に見る米陸軍の新選択
『対中国用の高機動・長距離打撃兵器』
戦略を対中東から対中国に転換。高機動な軽戦車MPFや次世代ヘリFVL、極超音速兵器LRHWやMRCミサイルの開発など全調達品を紹介
石川潤一

新連載:航空自衛隊主要部隊を総まくり(1)
戦闘部隊の総本山・航空総隊、航空救難団、防空の「ハブ」警戒航空団
航空総隊は第一線の先頭任務部隊、常に「15分および1時間待機」の航空救難団、自動迎撃のハブとなろうE-2D装備の警戒航空団
奈良原裕也

WORLD・IN・FOCUS(230)
蜜がない撮影活動 ファントム、F-35A、陸上自衛隊ヘリ… そうだ、“外柵活動”へ行こう!
菊池雅之

陸将住職の行状記(19)
JAMS理事長、『活動の四原則』策定
不発弾や地雷が危険でも我々にしかできない専門的な仕事は我々の責任と受け止め決意しました。しかし、勝手に走り出して倒れてしまってはNGO法人としての国際的社会的責任は果たせません
土井義尚

□市ヶ谷レーダーサイト:この国は何度敗戦すればいいのか
□書籍:機甲戦/海の市街戦/E-2ホークアイ/機龍警察 白骨街道
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:日本マイクロソフト株式会社 ディフェンス&インテリジェンス営業部長 柴田貴嗣氏


定価 1,300円(税込み)

2021年08月10日

軍事研究 2021年9月号

軍事研究2021年9月号 表紙
表紙写真・米空軍B-21新ステルス爆撃機
U.S.Airforce
巻頭言・「経済安全保障」を考える
磯部晃一
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン 無人空中給油機MQ-25
Boeing
最大規模のオリエント・シールド
代表取材
「クイーン・エリザベス」と海賊対処
統合幕僚監部
日本のエアベース(3)多彩な空海航空機が集う岐阜基地
菊池雅之
空の人道支援・災害救援訓練
航空自衛隊


ミリタリー・ニュース

カラー図説:アメリカ海軍「艦上戦闘機と空母航空団」の歴史(15)
戦後誕生した艦上対潜哨戒機の興亡
Uボートの脅威を抑えた護衛空母と対戦母艦機/ジェット対潜哨戒機S-3と対戦ヘリの勃興
軍事情報研究会

急膨張!中国人民解放軍海軍の明と暗

中国海軍、張超少佐の悲劇とJ-15艦上戦闘機
「117」号機が堕ちた!
ベイルアウト後に地面に激突!勇敢、技量優だった張超少佐はなぜ事故を起こしたのか?
田辺義明

新鋭主要艦艇3種、南海艦隊に同時就役
中国、南シナ海の完全支配間近
次期強襲揚陸艦はステルス無人機を搭載!南シナ海を実効支配する姿勢を鮮明にしている
田中三郎

レーダやミサイルはイージスの周辺分野に過ぎない
語られることのない『自動戦闘』の仕組
秘密のベールに包まれたイージス艦の自動戦闘の原理。中国での研究から推測する
文谷数重

本当に「ステルス技術を時代遅れにできる」か
軍事分野に革新!「量子センシング」
量子センシング技術とはどのようなものか?実用化できれば何が変わるのか
井上孝司

内閣衛星情報センターとJAXAが運用
「データ中継衛星1号機・光データ中継衛星」
情報収集衛星の観測データを地上に届けるデータ中継衛星1号機、衛星と地上との間でレーザー光による通信技術の実証を目的とした光データ中継衛星
鳥嶋真也

インタビュー:レイセオン日本代表二人に聞く
世界トップクラス「レイセオン」の新たな体制と未来



有人・無人機に『高性能センサー』搭載
海上保安庁、海洋監視能力を強化
海上保安庁が来年度予算概算要求に滞空型無人航空機「シーガーディアン」の導入経費を計上
川井治之

戦後国産ジェットエンジン開発史(1)
日本初のターボファン『F3』への道のり
官民の壁を超えた「ワンチーム」の凱歌!待望の国産エンジン搭載戦闘機が現実になるのも近い
石井潔

UFOは宇宙人の乗り物なのか
アメリカが発表した「未確認飛行物体」
正体不明の飛行物体は安全保障上の脅威であり、UFO調査は政府機関の責務なのだ
野木恵一

市の面積の三分の一が米軍基地
福生市と横田基地、良好な共存関係
反基地運動も返還運動もない。福生市民にとって横田基地は最初からあった存在なのだ
福好昌治

船体は大型化/最新レーダーと最新武器搭載
中国・インド・韓国の新型水上艦
新型艦は従来の艦艇に比べ、船体が大型化、ステルス形状を採用、レーダーや武器関連の装備を強化する傾向
多田智彦

過去2年と比較。2022年調達計画の全貌
米海軍/海兵隊の『新軍艦・航空機・兵器』
目を引くのは勤続40年以上の主力兵器退役の決定。タイコンデロガ級巡洋艦退役、M1A1全廃、新兵器MQ-25が実用化
石川潤一

アフリカの砂漠に築いた2700キロの壁
誰も知らない「西サハラ戦争」
モロッコと人民戦線の双方が周辺国や大国をスポンサーに武力闘争を続けている。火に油を注いだのがトランプ前大統領の最後っ屁だ
村上和巳

WORLD・IN・FOCUS(229)
「火力」から「情報」へ シン・ジエイタイが登場 今こそ総火演を語ろう
菊池雅之

陸将住職の行状記(18)
JMAS設立、不発弾処理活動へ
当時世界のニュースでは扱われなかったのですが、不発弾による犠牲者は対人地雷による犠牲者とほぼ同数。こうした事実を知ってしまい、予期せぬ選択を迫られることになりました
土井義尚

□市ヶ谷レーダーサイト:内局夏の大異動
□DVD&書籍:SF核戦争後の未来・スレッズ/F/A-18マニアックス/シャルル・ドゴール
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:BAEシステムズ 日本代表兼日本地区担当支配人 トマス・G・ライク氏


定価 1,300円(税込み)

2021年07月12日

お詫びと訂正(2021年8月号)

本誌2021年8月号の199ページに掲載された写真ですが、説明のDF-41とは異なる写真を掲載しておりました。筆者の能勢伸之氏および読者の皆様にお詫びいたします。

2021年07月09日

軍事研究 2021年8月号

軍事研究2021年8月号 表紙
表紙写真・ボーイングMQ-25A無人空中給油機
Boeing
巻頭言・「国家安全保障戦略」を考える
磯部晃一
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン F-15EX「イーグル供
Boeing
LCSがNSM発射に成功!
U.S.Navy, Kongsberg
富士総合火力演習
野口卓也
日米豪仏共同訓練「ARC21」
代表取材
自衛隊「大規模接種センター」
代表取材
日本のエアベース(2)F-35A配備、増強される三沢基地
菊池雅之
宿毛新港と輸送艦「おおすみ」
鈴崎利治


ミリタリー・ニュース

カラー図説:アメリカ海軍「艦上戦闘機と空母航空団」の歴史(14)
画期的なF/A-18戦闘攻撃機と湾岸戦争
戦技養成スクール「トップガン」創設/仮想敵(アドバーサリー)を模した戦闘機の調達
軍事情報研究会

安倍前首相の悲願!『情報機関』の創設

実力ある自衛隊の通信傍受
日本にはなぜ情報機関がないのか!
専門の情報機関がない日本。なぜか? 情報機関創設とその「使い方」を提言したい
黒井文太郎

自衛隊の協力で戦力不足を解消
米海兵隊「遠征前方基地作戦」構想
新たな態勢への変革に取り組む米海兵隊。南西地域の防衛態勢強化を進める自衛隊の協力が必要だ
吉富望

対中正面強化と基地問題の矛盾は解消!
沖縄の海兵隊を除去する3つの理由
沖縄の基地問題を解決しない限り、兵力増強や基地機能の拡大、活動強化は難しい
文谷数重

アメリカ空軍が大量調達、その戦闘能力の凄さ
新型戦闘機F-15EX「イーグル供
強力な空対空・空対地兵装とアビオニクス、UAVとの協働も可能とする発展性
竹内修

「最新世界の次世代ロケット」(1)
次世代ロケットは「再使用」で低コスト化
弾道ミサイルからローンチ・ヴィークルに進化、今日のロケットの最新トレンドを探る
鳥嶋真也

地球温暖化で北の守りが脆弱化
ロシア、「北極軍事化」の狙い!
北極圏は氷の減少で大規模軍事活動が可能となり、北方艦隊やバレンツ海に展開するSSBNの脆弱化を懸念。ロシアは軍事プレゼンスの強化に乗り出す
小泉悠

中国、ミサイル迎撃実験に成功
宇宙からコントロール「ミサイル防衛システム」
中国は宇宙空間に広がる国家ミサイル防衛システムの構築を強力に推進している!
田中三郎

米国防総省の新たな指針!『AI五原則』 
軍事分野では『倫理的規範』を優先?
軍事分野で人工知能を活用すると有人兵器では不可能な「捨て身の交戦」が可能となる:『AI』は戦場で何ができるか!?(2)
井上孝司

欧州/豪州/日本にも広がる開発の波
最新世界の『極超音速兵器』開発事情
極超音速兵器の分野でロシアや中国のリードを許してしまった米国は巻き返しに躍起!
能勢伸之

ユニークな環境、ユニークな機材
南半球最大の空軍国「オーストラリア」
2021年3月に創設100周年を迎えたオーストラリア空軍は、独自の視点で機材を選択。「クワッド」の重要な同盟国だ
青木謙知

ソ連時代を脱した垢抜けた設計!
強力なロシア海軍を担う最新水上戦闘艦
今なお現役のソ連時代の水上戦闘艦および続々と就役している新型艦を紹介
多田智彦

目玉はイーグル兇反契ぢ絅好謄襯糠撃機
二三・四兆円!『米空軍二二年度予算の航空兵器』
陸軍や国防総省全般の予算が削減される中、空軍予算は伸び率が一番大きい。宇宙を含む航空兵器全体の調達を解説
石川潤一

WORLD・IN・FOCUS(228)
LCAC、AAV7そしてオスプレイへ 撮り続けてきた陸自の両用戦 コロナ禍に「IF」を思う
菊池雅之

陸将住職の行状記(17)
退官、永平寺修行僧を経て、企業人へ
無位無官無職の身を楽しむつもりが一か月半で終わり、平成十二年六月から会社勤務をスタート
土井義尚

□市ヶ谷レーダーサイト:日本は戦争ができない(補足)
□書籍:戦争の新しい10のルール/米軍幹部が学ぶ最強の地政学/バトル・オブ・ブリテン1940
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:BAEシステムズ 日本代表兼日本地区担当支配人 トマス・G・ライク氏


定価 1,300円(税込み)