メニュー

月刊軍事研究



アーカイブ


新しいページで開く

QRコード

QRコード
atom rss1.0 rss2.0
Powered by

推奨ブラウザ FireFox 公式サイト タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け) Google Chrome

2017年04月10日

軍事研究 2017年5月号

軍事研究2017年5月号 表紙表紙写真・偵察用小型ドローン「インスタントアイ」
U.S.Army
巻頭言・日本の政治には優先順位の概念はないのか
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン 対テロ用本格的装備
清谷信一
全領域対応の先進迷彩ネット サーブ・バラクーダ
SAAB
エアロインディア2017
柿谷哲也
関越にオスプレイ初登場
野口卓也
航空救難団空輸戦技競技会
石原肇
ヒトマル、雪中を撃つ
菊池雅之


ミリタリー・ニュース

カラー図説:冷戦兵器の大巨人『アメリカ陸軍』(14)
機甲旅団の軍用車一四三二両のパワー&新強襲兵器
海外派遣の旅団戦闘団は常にレディネス態勢/軍用車の配備内容から分かる各大隊の戦力
軍事情報研究会

金正男暗殺、北朝鮮秘密機関と『化学兵器VX』

『朝鮮人民軍戦略軍火星砲兵部隊』の弾道ミサイル
金正恩が狙う在日米軍基地はどこだ!
戦略軍火星砲兵部隊による弾道ミサイル4発同時発射を強行した北朝鮮。彼らが狙う基地はどこだ
福好昌治

VXの威力、使用法を分かりやすく解説
兄殺し!「金正男」を襲った猛毒「VX」
空港で躊躇なく化学剤VXを使って金正男を暗殺した北朝鮮は、1000〜5000トンの化学兵器を備蓄
小林直樹

「金王朝」三代の血塗られた歴史、北朝鮮破壊工作機関の全容
秘密警察「国家保衛省」金正男暗殺!
破壊工作を実行する国家機関が二系統ある。金正男を暗殺したのは内殻直轄の「国家保衛省」だ
黒井文太郎

三菱重工案を破り小松製作所案が採用
「装輪装甲車(改)」に不足はないのか
公開情報や情報開示請求で入手した資料も参考に、小松製作所の提案が採用された理由を推理する
岩本三太郎

レーザー光線で携SAMから航空機を守る
指向性赤外線妨害装置DIRCM
イスラエルとアメリカが世界をリード。その代表はノースロップ・グラマンAN/AAQ-24
竹内修

安全保障上の価値も存在しない!
幻想に過ぎぬ「北極海ブーム」
文谷数重

プーチン、新たに巡航ミサイルSS-C-8配備開始□
オバマ嫌いのトランプが核軍縮を無効にする?
米ロの新STARTの失効期限を目前に控え、核軍縮に対し無定見なトランプ政権が誕生
小泉悠

世界有数のUAE軍事見本市「IDEX2017」
脱石油!?工業化をリードする軍事産業
中東諸国から数多くの企業が出展。開催国のUAEは軍事産業に注力して工業化を推進している
清谷信一

高性能な要求・提案は実現可能か
次世代のための米高等練習機「T-X」
431機のT-38を更新/候補は6機種。2兆円規模の巨大プロジェクトにメーカーはさまざまな提案を寄せている
林富士夫

海中の闘い!ミサイル原潜と攻撃型原潜
圧倒的な強さを保持する米原潜戦力
世界の核戦略を大きく左右する原子力潜水艦。旧西側諸国は冷戦時代より核抑止戦力の一翼を担わせている
多田智彦

陸自普通科対戦車火器発達史(2)
ソ連戦車の脅威に対応「高精度・大威力化」
国産73式重MATからカールグスタフまで
奈良原裕也

世界最強マリーンの秘密
米海兵隊の『ウォーファイティング』
冷戦末期に作成された米海兵隊のドクトリン『ウォーファイティング』。戦争を「どう考えるか」という米海兵隊の哲学を知っておかなければ、意思疎通に齟齬を生じかねない
田村尚也

軍事と鉄道(3)自国内の鉄道輸送体制
太平洋戦争で国有鉄道が果たした役割

井上孝司

WORLD・IN・FOCUS(177)
実弾!連射連撃!! 韓国の国際観艦式取材記 空母「レーガン」も飛び入り参加
菊池雅之

一陸上自衛官の回想(13)
「退官」自衛隊に恩返しの後半生(二)

松島悠佐

□市ヶ谷レーダーサイト:冬の海将空将及び春の陸将人事
□書評:MiG-29フルクラム写真集/BMDがわかる/イスラエル軍事史
□書評:ツゥになる!戦闘機の教本/ゼロデイ/日本の特殊部隊/ドイツの最強レシプロ戦闘機
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 オリヴィエ・ティリエ氏


定価 1,230円(税込み)

2017年03月10日

軍事研究 2017年4月号

2017年4月号 表紙
表紙写真・珠海「中国航空宇宙博覧会」
鈴崎利治
巻頭言・三つの不確定要因が重なって厳しくなる朝鮮半島情勢
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン アメリカの新型装甲車AMPV登場!
BAE Sys.他
エアショーチャイナ2016
鈴崎利治
第2師団、雪中の救命ドクトリン
野口卓也
E-2Dホークアイの岩国展開
野口卓也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:冷戦の大巨人『アメリカ陸軍』(13)
ブラッドレー一族の支配&諸兵科連合大隊の強さ
ロシア重歩兵戦闘車はブラッドレーを完全圧倒/旅団の中核機動打撃力・諸兵科連合大隊
軍事情報研究会

トランプ大統領が起こす『戦争』

オルタナ右翼と「アメリカ・ファースト」
トランプ大統領が起こす『戦争』
国内はすでに「内戦状態」!トランプ大統領は実は安全保障分野に対する知識は低いし関心もない
黒井文太郎

固体燃料技術とコールド・ローンチ
金正恩の新型ミサイル、日本全域を射程に
固体燃料ロケットの技術的特徴、コールド・ローンチのメカニズム、そして性能、北極星2のすべて
野木恵一

日米NIFC-CAによるミサイル防衛の新体制
中国巡航ミサイルの脅威を排除!
米海軍の巡航ミサイル対処NIFC-CAを構成するF-35BとE-2Dが相次いで岩国に配備された
能勢伸之

在日海兵隊、A-18D、AV8Bを更新
F-35B実動部隊、岩国に到着!
F-35B岩国配備までの経緯、ならびに同機の特徴であるSTOVL能力のメカとシステム
井上孝司

米海兵隊に選ばれた『岩国基地』
最新ステルス機F-35初の海外配備
米全軍における初のF-35海外配備先となった日本。質的に変貌しつつある海兵隊岩国基地
青木謙知

米海軍空母打撃群のクォーターバック
空飛ぶ司令塔「E-2D」早期警戒機
石川潤一

カタパルトを必要としない「制海艦」構想
F-35Bは大型空母の存在意義を奪う
垂直離着陸機の登場は、カタパルトと原子力推進が必須だった大型空母の存在意義を揺るがす
文谷数重

本格的大型空母か身の丈にあった空母もどきか
中国空母艦隊、台湾沖を周回
V/STOL機や回転翼機を搭載できる全通型飛行甲板を備えた実質的な「空母」保有国も出現
多田智彦

蒸気式は通常動力型/電磁式は原子力空母?
中国艦載機のカタパルト発艦実験
スキージャンプ方式に替えてカタパルトを採用するのか?長期建造計画の動向をカタパルトの観点から分析する
田中三郎

アジア太平洋の米軍戦力 最終回
地球の至る所に、アメリカ覇権の源泉
豪州に秘密通信傍受基地、ディエゴに爆撃出撃基地。配備されている米軍基地と展開している米軍戦力
福好昌治

ロシア「南アジア戦略」に変化!
インドの宿敵パキスタンに急接近
ロシアは冷戦期より南アジアにおいて「戦略的パートナー」であるインドとの関係を重視していたが、近年南アジア政策に変化の兆しが見える
小泉悠

オキナワ短信―「やんばるの森」を踏み荒らす活動家
オスプレイ墜落の現場を行く
芦川淳

テロ対策特殊装備展「SEECAT16」
これで[テロ]を封じ込めるのか!?
国内唯一のテロ専門対策展であるSEECATは昨年10月で10年目の開催を迎えた
阿部拓磨

WORLD・IN・FOCUS(176)
ESSM、みごとに命中! ヘリ空母「ひゅうが」取材記 金曜カレーは最高
菊池雅之

一陸上自衛官の回想(12)
「阪神淡路大震災」(二)
自衛隊の救援活動は、人命救助や医療支援、給水・給食、入浴支援、人員・物資の輸送、倒壊施設や道路障害の排除など広範多岐にわたる活動を長期間行うことができる。体験に基づく改善すべき点は
松島悠佐

□市ヶ谷レーダーサイト:稲田防衛大臣 大丈夫か?
□書評:自衛隊のヒト・カネ・組織/検証 危機の25年/[新版]独ソ戦史/ガントリビア99
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□今月の「軍事知識検定」
□顔:ノースロップ・グラマン ディレクター フローリィ B.エリス氏


定価 1,230円(税込み)

2017年02月10日

軍事研究 2017年3月号

軍事研究2017年3月号 表紙
表紙写真・ハワイ州兵空軍のF-22戦闘機
USAF
巻頭言・訪日したマティス米国防長官に説明すべきこと
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン F-35B、岩国に展開!
井上孝司
「装輪装甲車(改)」試作品
防衛装備庁
「ズムウォルト」サンディエゴへ!
柿谷哲也
第1空挺団の降下訓練始め
野口卓也
タイの1月第2土曜日は「こどもの日」
石原肇


ミリタリー・ニュース

カラー図説:冷戦兵器の大巨人『アメリカ陸軍』(12)
脅威を封ずる機甲旅団戦闘団&M1A2戦車
ロシアの脅威が陸軍に新たな機甲旅団戦闘団の誕生を決意させた/機甲旅団戦闘団を戦車ごと渡洋派遣
軍事情報研究会

ロシア海軍初の空母機動艦隊、シリアを爆撃

ロシア初の空母機動艦隊!シリア空爆
「アドミラル・クズネツォフ」と艦載機
アサド政権を支持するロシアは、空母「アドミラル・クズネツォフ」を中心とする機動部隊を派遣
竹内修

世界一高価な米ステルス戦闘機を比較検証
F-22Aラプター vs F-35Aライトニング
二機種は新技術をやり取りしながら能力を向上させている。アメリカ空軍の最新戦闘機を比較検証する
青木謙知

陸上自衛隊のコブラ後継候補!
AH-1Z、沖縄海兵隊に新型攻撃ヘリ
伊計島に不時着した海兵隊ヘリAH-1Z攻撃ヘリは去年十一月に配備されたばかりの新兵器である
石川潤一

広がる自衛隊の任務、増大する戦略輸送
C-2は戦略輸送に対応できるのか!?
空自では航空輸送は制空の従属的地位に置かれており、C-2が戦略輸送機でない理由もそこにある
文谷数重

「戦闘外傷からのサバイバル」第4弾!
救命術の教育と訓練を徹底せよ
適切な防護具と救命術教育の徹底こそが喫緊だ。陸上自衛隊が導入した止血帯は二世代も前のものでは?
照井資規

過去最大規模「5兆1251億円」
29年度防衛予算『島嶼防衛とBMDを重視』
小林春彦

海上自衛隊は3000トン級将来護衛艦
建艦ブーム!小型・高性能水上戦闘艦
フリゲート/コルヴェット、高速哨戒艇といった小規模水上戦闘艦の計画・建造が活発化している
多田智彦

陸自普通科対戦車火器発達史(1)
供与バズーカから国産対戦車ミサイルへ
黎明期の陸上自衛隊は戦車戦力増強を図りつつ、普通科部隊の対戦車火器整備に注力していた
奈良原裕也

戦略核兵器近代化/シリアに軍事介入
総括:ロシアの軍事情勢2016−2017
中東におけるプレゼンスの確保は成果を上げたが、新たな装備更新計画のスタートは先延ばしされた
小泉悠

日本に大手の防衛企業はない
武器輸出解禁で防衛産業は儲かるか?
武器輸出三原則が廃止された。しかし日本政府に武器輸出を推進する冷徹な国家戦略はあるか
福好昌治

航空自衛隊 インド空軍に急接近!
日印空軍連携による対中抑止
印中国境での空軍バランスの変化やインド空軍の特徴とその課題を踏まえ、日印空軍連携の具体策を探る
長尾賢

「軍事と鉄道」(2):輸送手段
JRはなぜ陸自の戦車を運べないのか?
積荷のサイズを決める車両限界/線路等のインフラに関する諸条件
井上孝司

パンツァー・クリーク(15)ドイツ軍、機動防御で最後の戦略的勝利
冬のハリコフ大攻防戦
1942年2月、ソ連軍に対しドイツ軍精鋭機甲部隊が機動防御戦を展開、雪原で両軍戦車が激突
山野治夫

WORLD・IN・FOCUS(175)
「しもきた」とLCAC 統合運用で自衛隊パラオ訪問 日本海軍の“スベリ”に上陸
菊池雅之

一陸上自衛官の回想(11)
中部方面総監「阪神淡路大震災」(一)
「もっと早くに救助に来ていたら」と思うとどうしようもない気持ちが募る。宿営地に帰り目を閉じると犠牲になった方々の痛々しい姿が目に浮かぶ。
松島悠佐

□市ヶ谷レーダーサイト:昨年末の幹部人事を振り返る
□映画&書評:マン・ダウン 戦士の約束/知られざる潜水艦の秘密/知られざるステルスの技術
□書評:用兵思想史入門/石川潤一の軍用機ウエポン事典/戦うコンピュータ(V)3/戦車に注目せよ
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:防衛省 防衛政策局次長 伊澤修氏


定価 1,230円(税込み)

2017年01月10日

軍事研究 2017年2月号

軍事研究2017年2月号 表紙
表紙写真・米海軍ズムウォルトとE-2D、C-2A
US Navy
巻頭言・不透明・不確実な海へ船出する国際社会
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン 新世代陸海空兵器の胎動
野口卓也 他
陸海空自衛隊、新任務に邁進
菊池雅之 他
勝つための演習、その名はYS-71
野口卓也 他
301飛行隊、故郷に帰る!百里基地航空祭
数馬康裕


ミリタリー・ニュース

カラー図説:冷戦兵器の大巨人『アメリカ陸軍』(11)
対テロ戦争で誕生した七千台の陸上ロボット軍団
相棒の意思を察する兵士・ロボットチームの開発/対テロ戦争により陸上ロボットは七年で四三倍に急増
軍事情報研究会

空に、海に、陸に、最前線で戦う軍用無人兵器

世界戦争のカギはトランプとプーチンだ
大胆予測、2017年「紛争」の構図
オバマ政権末期の隙をつき、ロシアはシリアに介入、中国は海洋支配を強化、北朝鮮は核/ミサイル実験を強行
黒井文太郎

プーチン来日、極東へ地対艦ミサイルと最新原潜
北方領土はロシア「A2/AD」の最前線
全土の海岸線で展開する接近阻止・領域拒否。クリミア危機以降、脚光を浴びるA2/AD戦略の能力と目的
小泉悠

こんな自衛隊に誰がした!
『警察原理』に縛られた日本の防衛
自衛隊が軍隊になれない理由、「警察原理」で指導構築され、「軍事原理」が拒否されている現状と過去
横地光明

新たな脅威・翔竜!神鷲!翼龍!彩虹!利剣!
中国の偵察/戦闘型航空無人機
尖閣諸島に到達する航続性能と豊富な兵装。日本にとって新たな脅威となる中国空軍の航空無人機
宮脇俊幸

攻撃任務を遂行している唯一のUAV
戦争を変えたプレデター/リーパー
プレデターは発展してリーパーとなり、ヘルファイアや誘導爆弾を搭載して世界中で攻撃任務を展開
青木謙知

西欧は無人攻撃機、中国はステルス攻撃機
新型戦闘機は有人操縦も可能な無人機
近年の中国やロシアの軍事力増大の影響から新規開発プログラムが世界各国で始まっている
竹内修

各国海軍・メーカーは開発・導入に積極的
海の無人機、最新のUSV/UUV
用途も広がりを見せ、運用者側の要求に応えるべく多種多様なUSV/UUVが開発されている
多田智彦

空や陸に比べ、無人機の進出を拒む海
水中/水上無人機はなぜ働きが悪いのか?
運用環境で制約される電波利用をはじめ、速力や航続距離の限界、運用作業の制約という三つの障壁
文谷数重

AI・人工知能による完全自律運転
戦場の宅配便、無人輸送コンボイ
「RRG7射手なら轢き殺し、子供なら止まる」。軍用コンボイでも無人化/自動運転化が進む
三鷹聡

対中国機スクランブルに飛び立つ日はいつか!
ついに手にした空自F-35ステルス戦闘機
米国で一号機の訓練飛行が始まった。平成二九年度には三沢に臨時飛行隊が誕生する予定だ
石川潤一

アジア太平洋の米軍戦力(5) オアフの基地密集度は沖縄と同じ!
アジア太平洋戦略の司令塔・ハワイ
米太平洋軍司令部をオアフ島に戴き、陸軍や海軍、空軍の各部隊が配備され、訓練エリアも潤沢
福好昌治

陸海空自衛隊の新態勢を目撃する
対中国「最前線」沖縄レポート
第9航空団の新編、陸海空自衛隊の新態勢、ヘリパッド騒動の現場を訪ねて
芦川淳

「軍事と鉄道」(1):総論
鉄道が戦争で果たした役割
戦線の拡大、大兵力の輸送、武器としての鉄道…分野が多岐に及ぶ
井上孝司

WORLD・IN・FOCUS(174)
機動戦闘車もお披露目か!? 自衛隊“統合機動防衛力”元年 加速する多国間演習
菊池雅之

一陸上自衛官の回想(10)
中部方面総監への就任(二)
平成七年一月十七日、大きな地震が神戸を襲った。被災地域担当の第3師団、応援担当の第2混成団は直ちに救援活動を開始し、第10、第13師団もそれに続いた…
松島悠佐

□市ヶ谷レーダーサイト:神様になると碌な目に会わない(3)
□映画:太陽の下で―真実の北朝鮮/ニュートン・ナイト
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:公益社団法人隊友会 理事長 先崎一氏(その二)


定価 1,230円(税込み)

2016年12月10日

軍事研究 2017年1月号

軍事研究2017年1月号 表紙
表紙写真・英第2飛行隊の「タイフーン」
菊池雅之
巻頭言・トランプ就任をわが国防衛力整備の転機とせよ
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン 南ア兵器見本市の中国製兵器
清谷信一
陸上装備研究所インホイールモーター試作車
野口卓也
初の日英共同訓練「GUARDIAN NORTH 16」
石原肇
日米の絆を強めた自衛隊中央観閲式
野口卓也
2016岐阜基地航空祭X-2公開
石原肇
UUV掃海艦「あわじ」
花井健朗


ミリタリー・ニュース

カラー図説:冷戦兵器の大巨人『アメリカ陸軍』(10)
陸軍の巨大航空軍団・1万機のヘリ無人機
ヘリボーン作戦再開、米陸軍の作戦を支える巨大ヘリ戦力/第101空挺師団の危機、ヘリ戦力が半減
軍事情報研究会

米国を牽制!露中の合同軍事演習「平和使命」

米国を牽制する「蜜月」関係の実態
ロシア・中国の合同軍事演習「平和使命」
西側と関係が悪化したロシアは、米国を牽制するため中国との緊密な関係をアピール
小泉悠

投稿・ロシア人の見た「THAADの韓国配備」
米軍ミサイル防衛システムの突破は可能
THAAD配備に対する中国の抗議に対し、ロシアの対応は冷静に見えるのは何故か
アナスタシア・バランニコヴァ

南スーダンで自衛隊員を襲う銃火と野生動物
現代戦に「装甲救急車」は必須だ
防衛省自衛隊の「検討会」で期待できる救命率は、1%の向上も望めないと酷評されている
照井資規

対空戦闘能力重視から方向転換
日本版沿海戦闘艦LCS「多機能護衛艦」
「多機能護衛艦」あるいは「コンパクト護衛艦」ともいわれる新型護衛艦は、どのような能力を持つ船か
岩本三太郎

外洋進出すら不可能!役立たずの三つの理由
北朝鮮の核ミサイル戦闘艦
SLBMはガキの玩具ではない!北朝鮮核戦力の主流になれず、イメージ戦略にとどまるであろう
文谷数重

重視される高い「聯合作戦の軍事的素養」
習近平の2016年将官昇任人事
田中三郎

ユーロネイヴァル2016
ヨーロッパ最新艦船事情
フランスは最新フリゲートFTI/BELK@RRA、ロシアは輸出向け潜水艦とコルヴェットを発表
多田智彦

オスプレイに続き新たに沖縄に配備
巨大重輸送ヘリ『CH-53Kキングスタリオン』
最大の売りはチヌークでは無理な軍用貨物パレットをそのまま収容できる巨大な貨物室サイズだ
石川潤一

サーブの早期警戒(管制)機システム
「エリアイ」レーダーと「グローバルアイ」システム
独自開発のAESAレーダーをバランスビーム方式で搭載、プラットフォームの航空機を選べる
竹内修

南アフリカ軍事見本市AAD2016(後)
中国が売り込む陸海空兵器
電子技術コンポーネントの出展が増えているのは軍事技術の底力を身につけていることの証である
清谷信一

軍用ヴィークルの動力源(9)
ガスタービンの「ガス食い」対策
燃費改善の取り組みも各社で多種多様。航空機は「高バイパス比ファン」、艦艇・車両は「熱交換器」
井上孝司

戦跡紀行:フランス中部編 Uボートブンカーとノルマンディードック襲撃作戦
ドイツ海軍の出撃基地、サン・ナゼール
斎木伸生

日本から国を守る権利を取り上げた!
中国の最強秘密兵器『憲法9条』
今日、9条を最も巧みに利用しているのは、日本侵略を進める中国なのである
岩達夫

WORLD・IN・FOCUS(173)
フォーカス的2016年重大ニュース 日米・日英、多国間軍事連携を実感 駆け付けに地震にミサイル…
菊池雅之

一陸上自衛官の回想(9)
中部方面総監への就任(一)
平成五年七月、中部方面総監に着任。神戸市では防災に関する関係機関の協議が開かれても自衛隊の担当者には案内も来ていなかった…
松島悠佐

□市ヶ谷レーダーサイト:神様になると碌な目に会わない(2)
□書評:アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:公益財団法人隊友会 理事長 先崎一氏


定価 1,230円(税込み)

2016年11月29日

無断使用についてのお詫び

軍事研究二〇一六年一二月号掲載の田中三郎氏記事『超大型ロケット「長征7号」と宇宙ステーション「天宮」』におきまして、著作権法上、無断使用にあたる長文の引用がありました。
原文は、ニュースポータルサイト「マイナビニュース(http://news.mynavi.jp)」において、二〇一六年七月から八月にかけて連載された「生まれ変わる中国の宇宙開発−新たなロケット・宇宙船・発射場がそろい踏み」です。
出版に携わるものとしてあってはならないことです。ご迷惑をおかけいたしました株式会社マイナビ様、執筆者の鳥嶋真也様、読者の皆様に深くお詫び申し上げます。
今後このようなことが決してないよう、襟を正し雑誌作りに取り組みたいと思います。
編集長 河津幸英/社長 横田博之

2016年11月10日

軍事研究 2016年12月号

軍事研究2016年12月号 表紙
表紙写真・パンツァーファウストの射撃
野亦義久
巻頭言・メディアが創りだす虚像とあぶりだす本音
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン アフリカ兵器見本市「AAD」
清谷信一
空幕主催「空軍参謀長等招へい行事」
小林春彦
日米実動訓練「ライジング・サンダー」
野亦義久
北部方面隊総合戦闘力演習の第1特科団
野口卓也
アメリカ空軍横田基地「友好祭」
石原肇
在韓米軍烏山基地「Air Power Day 2016」
西尾豊


ミリタリー・ニュース

カラー図説:冷戦兵器の大巨人『アメリカ陸軍』(9)
力不足の空挺師団&歩兵用新戦闘車の実現
スイフト・レスポンスでわかる米空挺のパワー不足/空挺師団の旅団戦闘団、機動打撃力は武装装甲ハンヴィーだけ
軍事情報研究会

中国、南沙全域が空挺圏内! 超大型輸送機「Y-20」

秋はロシア軍大演習の季節「カフカス2016」
ウクライナ、イスラム共和国を威嚇
ウクライナを支援する欧州、イスラム共和国に手を伸ばす中国に対する大規模戦争を想定
小泉悠

中国、大規模地上軍の長距離機動展開が可能に
超大型戦略輸送機「Y-20」実戦配備
中国軍の展開能力を大きく向上させ、南沙諸島やチベット、ウイグルの実効支配強化を狙う
林富士夫

中国やロシアの電波情報を収集せよ
空自の本格的電波情報収集機C-2改
新型機上電波測定装置をC-2に搭載した次期電波情報収集機の開発が進められている
宮脇俊幸

シリーズ:アジア太平洋の米軍戦力(その4)
グアムは北朝鮮爆撃の最前線
グアムのアンダーセン空軍基地に米軍の爆撃機3機種がそろい踏み、そのうちB-1Bは韓国に飛来した
福好昌治

脅威の矛先を海洋から内陸へ
中央アジアで中ロ対立を再燃させよ
破綻した安倍政権の対中包囲網構想。中国の進出方向を内陸部へ逸らし、ロシアとの対立の構図を作り出せ
文谷数重

中国軍事航天部隊は宇宙を軍事支配
超大型ロケット「長征7号」と宇宙ステーション「天宮」
中国は今年6月「長征7号」を海南島に建設した文昌衛星発射センターから打ち上げ、無人宇宙船実験機の軌道投入に成功した
田中三郎

保有国は米露中英仏とインド
弾道ミサイル搭載原子力潜水艦のすべて
北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイルの発射に成功したと報じられるが、高度な技術と多額の費用が必要だ
多田智彦

世界唯一の海軍無人ヘリコプター
MQ-8ファイアースカウトの可能な任務
海自も導入を検討中。小型の無人ヘリMQ-8Bは既に完成し米海軍沿海戦闘艦に搭載済み
石川潤一

アフリカ最大の軍事見本市AAD2016(前)
初登場!「アフリカン・トラック」
最新の装甲や火器を出展!日本からは在南ア防衛駐在官、電機メーカーや商社の関係者も視察
清谷信一

密着レポート!野戦防空の精鋭
第1高射特科大隊、近SAM実射
六ヶ所対空射撃場で行なわれた第1師団第1高射特科大隊の近SAM実射訓練を激写
芦川淳

軍用ヴィークルの動力源(8)
「石油」ベースの燃料とバイオ燃料
石油精製のプロセスから、石炭から造ったかつての代替燃料、現在開発中のバイオ燃料まで
井上孝司

パンツァー・クリーク(14) 「電撃戦」には「電撃戦」を!
バルジ大作戦とパットンの突進
1944年12月、ドイツ軍はアルデンヌ森林地帯から奇襲攻撃を仕掛けた
山野治夫

WORLD・IN・FOCUS(172)
『シン・ゴジラ』と自衛隊 映画にもリアリティ 次は警察も撮影協力か?
菊池雅之

一陸上自衛官の回想(8)
第8師団長時代(二)
基本をしっかりと訓練すること、同時に「常に問題意識を持って改善の努力を忘れるな」
松島悠佐

□市ヶ谷レーダーサイト:神様になると碌な目に会わない
□映画&書評:ガール・オン・ザ・トレイン/新世紀銃撃戦映画のすべて/プーチンの国家戦略
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□今月の「軍事知識検定」
□顔:日本電気株式会社 執行役員 受川裕氏


定価 1,230円(税込み)