メニュー

月刊軍事研究



アーカイブ


新しいページで開く

QRコード

QRコード
atom rss1.0 rss2.0
Powered by

推奨ブラウザ FireFox 公式サイト タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け) Google Chrome

軍事研究2018年11月号別冊 軍事研究2018年5月号別冊

2019年07月10日

軍事研究 2019年8月号

軍事研究2019年8月号 表紙表紙写真・Iron Fist 2019
U.S. Navy
巻頭言・本音が許されるトランプ大統領の不思議
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン IMDEXの海軍装備
竹内修
頭号師団、21個部隊がその装備と運用を展開!
野口卓也
宇都宮駐屯地 創立69周年
鈴崎利治
トライデントジャンクチャー'18
柿谷哲也
昭和の落とし物、平成に現れ、令和に処分!
野口卓也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:中露と比較「アメリカ空軍兵器」(9)
マクナマラの『空海統合戦闘機F-4&F-111』
大物国防長官の圧力に負けた空軍/ベトナム戦争で米空軍の救世主となったファントム
軍事情報研究会

ホルムズ海峡、タンカー攻撃事件

安倍総理訪問中に日本の船が襲われた!
ホルムズ海峡、タンカー攻撃事件
タンカー攻撃事件でアメリカとイランが非難合戦を展開、アメリカ謀略論が飛び交っている
黒井文太郎

ロシアのステルス塗装機に扮した米空軍F-35A戦闘機
世界初の『F-35ステルス仮想敵飛行隊』
中国のステルス戦闘機を模すアグレッサー部隊の誕生から役割、配備機種などその全貌
石川潤一

米国防総省報告『中国の軍事力2019』
弾道ミサイルの脅威拡大と『三戦戦略』
2019年版は中国の貿易・産業政策や「三戦戦略」の分析に多くを割いたのが特長だ
能勢伸之

なぜプーチンはINF条約から離脱するのか
ロシアが極秘開発!『新型巡航ミサイル』
ロシアは2000年代半ばから長距離地上発射型巡航ミサイルの開発を極秘裏に進めてきた
小泉悠

INF全廃条約の対象ミサイルに酷似!
北のKN-23とロシアのイスカンデル
北朝鮮が相次いで発射した短距離弾道ミサイルがイスカンデル類似なのは偶然か!あるいは…
鳥嶋真也

5社の争い!次期フリゲートFFG(X)
米海軍展示会『ネイビー・リーグ2019』
出展企業の関心はアーレイ・バーク級駆逐艦の将来動向や次期フリゲートFFG(X)の行方に集まっている
多田智彦

米露の巨大ヘリコプター開発競争
「CH-53」対「Mi-26T2V」
再興!巨大ヘリの時代。冷戦時代の巨大機競争が再燃したのか。巨大ヘリ開発の過去と現在
青木謙知

海洋大国中国、第2の国産空母「002型」
米国に迫る『空母打撃群』を編成!
空母002型に続き建造が計画されている原子力空母を巡る最新状況と海軍の将来戦略
田中三郎

子供でも操れる「ドローン」が軍事革命を引き起こす
潜水艦の出現に匹敵!小型無人機『SUAV』
経済性に優れる小型無人機は同時に探知・迎撃が困難な精密誘導兵器になる!
文谷数重

五八日間ほぼ世界一周取材記(その3)
絶滅危惧種クフィルC2を撮った
疲労で朦朧としながらノルウェイで過去最大のNATO演習を取材。セルビアのヤケ酒と“めぐりあいブラジル”
柿谷哲也

イラク最新ルポ・「イスラム国」駆逐後の勢力図
キリスト教徒のバビロン旅団
シーア派軍事組織「ハッシェド・シャービー」はスンニ派中心の社会でイラク軍の一部となっていた。さらにキリスト教徒による「ニナワ平原防衛部隊」「バビロン旅団」も存在
伊藤めぐみ

設計・加工での課題は品質管理!
『3Dプリンタ』のメリット&リスク
メリットばかりが注目される3Dプリンタだが、黎明期ゆえに導入にあたっては注意すべき点も多い
井上孝司

WORLD・IN・FOCUS(204)
ISEAD2018乗艦取材記(前) 「かが」の居住区で2週間 なぜかインドに上陸できない私…
菊池雅之

一海上自衛官の回想(17)
練習艦隊司令官から海幕装備部長へ
平成六年十一月十五日、練習艦隊は防衛政務次官、海幕長をはじめ多数の出迎えを受け横須賀港へ入港。午後一五三名の実習幹部は別れを惜しみつつ「帽振れ」で艦隊から去っていった
山崎眞

□市ヶ谷レーダーサイト:制服を変える意義とは何か
□映画&書籍:ピータールー〜マンチェスターの悲劇/児玉源太郎
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:明星電気株式会社 代表取締役社長 池山正隆氏


定価 1,300円(税込み)

2019年06月10日

軍事研究 2019年7月号

軍事研究2019年7月号 表紙表紙写真・下田「黒船祭」
U.S.Navy
巻頭言・金融・世界経済に関する首脳会合(G20)で何を
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン トルコIDEFのユニーク装甲戦闘車
清谷信一
春の駐屯地祭、三連発!
野口卓也
『令和』初の岩国フレンドシップデー
石原肇
イスラエル独立記念日を訪ねて
柿谷哲也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:中露と比較「アメリカ空軍兵器」(8)
ミグに落とされた『超音速戦闘機F-100シリーズ』
四年の間に六種のの新型戦闘機が出現
軍事情報研究会

疑惑のロシア『イスカンデル』ミサイル

拡大する中国の強硬な海洋進出に対処
陸自平成最後の新改編と令和への課題
抑止力と対処力を高める「統合起動防衛力」目標の下、即応起動する戦力を目指す陸上自衛隊
竹田純一

従軍取材:陸自NTC派米訓練
「これは最大・最強の訓練となるであろう!」
アメリカ軍兵士が「あまりに苛酷」と呻くナショナル・トレーニング・センターに挑戦
芦川淳

重武装の多任務小規模水上戦闘艦
米海軍次期フリゲート「FFG(X)」
対空戦/対水上戦/対潜戦/電磁戦に対応。LCS後継として合計二〇隻を建造予定
多田智彦

新たな弾道/巡航ミサイルの開発競争が始まる
米ロ『INF全廃条約』破棄!
条約外で軍事力増強に走る中国に対抗!ベネズエラとロシアの接近がアメリカを苛立たせる
能勢伸之

北方領土にも配備か?
最新ミサイル・システム「イスカンデルM」
「INF条約」の鬼子、ロシア・ロケット旅団の主力。北朝鮮の発射でにわかに注目!
小泉悠

空自墜落事故を受けF-35ファミリーを洗いなおす
実戦配備!艦上打撃戦闘機「F-35C」
4月にF-35A初の墜落事故が発生。一方F-35プログラムはA型B型に続き空母搭載型のC型の実戦配備が始まった
青木謙知

軍用洋上作戦機にパワーアップした737
南支那海を監視!米海軍P-8Aポセイドン
現地ボーイング工場を見学。既に沖縄にも配備されている新鋭哨戒機の対潜・洋上監視能力
石川潤一

将来はステルス艦形、電磁レールガン搭載
習近平が観閲、巨艦055A型「南昌」
米イージス艦を凌ぐ13000トン級のミサイル駆逐艦。特徴とその建造計画を紹介
田中三郎

一三億人の大国インドが宇宙軍拡競争に参加!
衛星攻撃作戦『ミッション・シャクティ』
米ロ中に続く衛星攻撃に成功!宇宙ゴミが大量発生するにもかかわらず非難はなかった
鳥嶋真也

今を生きるパレスチナ民衆のリアル
自爆テロ未遂犯の過去と現在
パレスチナではイスラエル寄り姿勢のトランプ政権の評判は悪い。一方、無能で腐ったパレスチナ指導部に絶望、イスラエル統治下に入った方が良いとの声も。しかし右翼ユダヤ人入植地は拡大
池滝和秀

島嶼奪回!陸上自衛隊上陸作戦の再検証
「導爆索」で水際障害の処理は可能か
水陸両用戦の能力強化を進める陸上自衛隊は導爆索の導入を計画している。しかし高密度に敷設された機雷の無力化は極めて困難である
文谷数重

米空軍は最新ステルス戦闘機のパーツを製造
『3Dプリンタ』軍事分野の正しい活用法
3Dプリンタは軍事分野ではどのような分野が向いているのか。利点と適した使い方を世界各国の軍事面における事例から探る
井上孝司

WORLD・IN・FOCUS(203)
陸自は大改革の真っ最中 機動化、新装備!機甲科廃止!? 万難を排して精強を目指せ
菊池雅之

一海上自衛官の回想(16)
練習艦隊司令官(北米・中米への遠洋練習航海その2)
一五〇年の歴史を持つアナポリス海軍兵学校にて第五十五代校長ラーソン大将を表敬。講話を拝聴後、兵学校全学生との昼食会が行われた。全学生四千名が揃うと壮観であった
山崎眞

□市ヶ谷レーダーサイト:丸山穂高の何が間違っているのか
□映画&書籍:ハッピー・デス・デイ/戦闘機「超」集中講義/回天
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:クラリオンイベント ディフェンス&セキュリティーマネージングディレクター ティム・ポーター氏


定価 1,300円(税込み)

2019年05月15日

2019年6月号 別冊

『新兵器最前線』シリーズ
大国の新型軍艦
「大国の新型軍艦」表紙
全ページカラー
定価:2,500円税込(本体2,315円)送料:1冊92円

表紙写真 DDG-1000 Zumwalt(U.S.Navy)/裏表紙写真 「しらぬい」(柿谷哲也)

【カラーグラフィック】
日本、中国、イギリス、アメリカの最新軍艦

序章
新たな時代に必要とされる日本の護衛艦とは何か…山崎眞


第1章
海上自衛隊の新型護衛艦/潜水艦…竹内修

「いずも」型、「まや」型、「あさひ」型、「30FFM」、「29SS」

第2章
アメリカ海軍の大型次世代艦艇…井上孝司/柿谷哲也

「フォード」級、「ズムウォルト」級、「アメリカ」級、LCS、フリゲートFFG(X)、「アーレイバーク」級、「コロンビア」級

第3章
イギリス海軍の次世代艦艇…井上孝司

「クイーン・エリザベス」級、新世代駆逐艦「45型」、フリゲート「26型」、「アステュート」級

第4章
中国海軍の新たな国産次世代艦艇…稲葉義恭/竹内修

国産空母「001A型」、ミサイル駆逐艦「055」型、コルベット「056」型、強襲揚陸艦「075型」

第5章
ロシア海軍復活の象徴2010年代の新型軍艦…小泉悠

「グリコロヴィチ」級、「ゴルシコフ」級、カリブル巡航ミサイル搭載新型コルベット、「イワン・グレン級」、「ボレイ」級、「ヤーセン」級

第6章
最も注目すべき先端艦載武器システム…多田智彦

艦載防空ウエポン、対艦・対地ウエポン、艦載無人システム


2019年05月10日

お詫びと訂正(2019年6月号)

『軍事研究』2019年6月号のカラーグラビア10ページの記述に、編集ミスによる誤りがありました。
誠に申し訳ありません。

ページ下段のキャプションにて、中央即応連隊長が岩上隆安1佐となっておりますが、
正しくは、石田広記1佐です。

謹んで訂正いたします。

陸上自衛隊中央即応連隊の皆様および読者の皆様にお詫び申し上げます。

軍事研究 2019年6月号

軍事研究2019年6月号 表紙表紙写真・米空軍F-22AとF-35A
U.S.A.F.
巻頭言・平成は国民の眼にどう映ったか
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン アメリカの戦闘用AI無人機
Boeing/U.S.A.F./Kratos
陸上自衛隊、平成の最後に新改編
陸上自衛隊/野口卓也
「死の谷」の低空飛行訓練
菊池雅之
台湾陸軍の攻撃ヘリコプター
浅野智男/石原肇


ミリタリー・ニュース

カラー図説:中露と比較「アメリカ空軍兵器」(7)
第1世代ジェット戦闘機『セイバーがミグを蹴散らす』
朝鮮戦争特需で一気に大量開発された第一世代ジェット戦闘機/十年単位で見る戦闘機戦力の世代交代
軍事情報研究会

島嶼奪還! 敵前上陸とF-35空母

島嶼奪回を絶対成功させるための最低条件
敵前上陸!陸上自衛隊最大の見せ場
自衛隊の島嶼奪回能力は前中期防で陸上自衛隊水陸起動団の新編など、着々と強化されている
吉富望

本来はどんな護衛艦なのか?
空母に変身する『いずも』『かが』
真珠湾攻撃の立て役者『かが』栄光の二代目誕生! 「いずも」型をどのように改修するのか
多田智彦

真相!なぜFMS調達は増えるのか
トランプの御機嫌伺い!兵器の爆買い
自衛隊独自の軍事情勢分析/研究を無視した高額兵器のFMS調達が急増している
福好昌治

日本版GPS「みちびき」の軍事利用が始まる
『令和』時代の自衛隊による宇宙戦争
喫緊の課題は、中国やロシアなどの衛星攻撃兵器に備えて抗たん性の確保だ!
鳥嶋真也

艦隊整備は減速、対日脅威も減少か?
なぜ米中海軍力の逆転が生じないのか?
中国海軍は米海軍以上の戦力を志向せず、今後は艦隊整備も減速する。その理由は!
文谷数重

徹底比較!米国アムラームvs欧州ミーティア
いずれが最強の「空対空ミサイル」か
我が国主導で開発が決定した将来戦闘機。搭載する中距離空対空ミサイルは日英共同研究が計画されている
宮脇俊幸

「ベネズエラ」国民の一割超が難民化
南米一豊かな国を潰したのは誰か?
犯罪多発、飢餓地獄を招くハイパーインフレ!ポピュリズムによる出鱈目な国家運営
黒井文太郎

軍需産業売上世界2位でもじり貧の訳は!
ロシアの武器を買うと米国から制裁措置
トランプの怒りを買ったインド、トルコ、ベネズエラ。ロシアの武器輸出に米国は制裁で対抗
小泉悠

在韓米陸軍の軍事情報航空傍受部隊
盗み聞き『特殊電子任務機SEMA』
北朝鮮の電波情報を寸刻も見逃すな!北朝鮮の動向を秘密裏に監視する電子偵察機
石川潤一

宇宙紛争に勝利を獲ちとる『天空一体戦略』
中国の対衛星ミサイル攻撃部隊
中国人民解放軍は宇宙空間における米国の優位に挑戦すべくASATの開発を進める一方、衛星攻撃ミサイル部隊の実戦配備を開始した模様
田中三郎

日本の権益を守る海上自衛隊の新艦種
排他的経済水域の守護神「哨戒艦」
中期防に盛り込まれた新艦種「哨戒艦」は現時点では限られた情報しか明らかになっていない。機能、性能、兵装など諸外国のOPVも参考に推理
井上孝司

IDEX2019陸戦兵器展示会レポート
加速するアラブ諸国の国産兵器開発
アラブ諸国の展示でも無人機や対テロ戦争にマッチした車輌群が多い。その他の地域の火砲、小火器、壁面透過レーダー等
清谷信一

WORLD・IN・FOCUS(202)
テロとドローンに備えよ 気分はもう東京オリンピック 飛べ! ブルーインパルス!!
菊池雅之

一海上自衛官の回想(15)
練習艦隊司令官(北米・中米への遠洋練習航海その1)
横須賀出港から六日目、アッツ島沖海面で、先の大戦で玉砕した二千六百余名の英霊に対し洋上慰霊祭を執り行った
山崎眞

□市ヶ谷レーダーサイト:平成最後、令和最初の内局人事
□映画:アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:東京エレクトロニツクシステムズ株式会社 取締役社長 福田伊津子氏


定価 1,300円(税込み)

2019年04月10日

軍事研究 2019年5月号

軍事研究2019年5月号 表紙表紙写真・第12旅団空中機動指揮官養成訓練
数馬康裕
巻頭言・平成は激動の時代だった。さて次なる時代は
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンスウエポン IDEXの陸海空新兵器
竹内修
第72戦車連隊のNTC訓練
芦川淳
「しらぬい」北海の守りへ
野口卓也
海兵隊砲兵部隊、王城寺原の雪原に吠える!
野口卓也
302SQは百里から三沢へ!
数馬康裕


ミリタリー・ニュース

カラー図説:中露と比較「アメリカ空軍兵器」(6)
陸軍戦闘機の開発『万能型P-51&戦爆型P-47』
一次大戦中は最大の欧州製最新戦闘機の輸入国/近代的な全金属性の単葉高速戦闘機の誕生
軍事情報研究会

進化する日本のイージス護衛艦

ハノイで取材した『米朝首脳会談』
世界を裏切ったトランプと金正恩
なんらかの合意があることを信じて疑わなかった。決裂は必然、北は弾道ミサイルを手放す意思は無し
黒井文太郎

二一世紀半ばまで使い続ける三つの理由
艦齢五〇年!「こんごう」長命の秘密
名誉ある艟艨の名を継いだ日本初のイージス艦。長期運用を見据えて予想される改修内容
文谷数重

八隻の精鋭「こんごう型」「あたご型」「まや型」
進化する日本のイージス艦
我れらミサイル防衛の最前線にあり!海自三艦種の特徴ならびに能力向上について解説
多田智彦

部隊配備間近!C-2ベース電波情報収集機
国産か?輸入か?スタンド・オフ電子戦機
電子戦機の国産案が浮上。電子戦に活かせるか日本の電子情報収集技術!
小林春彦

最新の給油装置・コクピットの装甲防御
コンバット・タンカーKC-46A
最新の給油装置、最新のコクピット、最新の防御器材を搭載。空自戦闘機の行動半径倍増!
青木謙知

二十一世紀陸上自衛隊の新体制(5)(最終回)
「第13旅団」「第15旅団」
北朝鮮を警戒しつつ本州と九州を結ぶ関門海峡を守る第13旅団。沖縄県全域を守る第15旅団はいまや安全保障の最前線
奈良原裕也

続・あなたのPC、スマホに『中国のスパイ』
徹底検証!サイバースパイ行為の手口
中国によるサイバースパイ行為を警戒して「華為技術」「中興通訊」の排除広がる!
井上孝司

世界の紛争地で暗躍するロシアの民間軍事会社
プリゴジンの私兵『ワグネル』
レベル5のコントラクターは過酷な戦闘任務。多くのコントラクターが命を落としている
小泉悠

現地取材!日本を狙い撃ち!
ボーイングの最新鋭軍用機三種
米国滞在一週間。目玉となったのは航空自衛隊が興味を示しているという三機種だった
石川潤一

珠海航空博覧会で初公開
中国の最新無人攻撃機「彩虹7」
昨年11月の珠海航空博覧会にJ-10戦闘機やJ-20ステルス戦闘機の展示飛行と合わせて、米国製X-47Bと酷似した最新無人攻撃機の実大模型を地上展示した
田中三郎

五八日間ほぼ世界一周取材記(その2)
マラケシュの絶滅危惧種ミラージュF1
韓国軍の特殊作戦機の潜入撮に成功、陸自水陸機動団の撮影を終えミラージュF1を求めモロッコへ。次に向かったNATO演習ではフィンランド海軍の対応に感激
柿谷哲也

世界最大の兵器見本市「IDEX2019」
本格化!無人車両UGVとレーザー兵器
アラブ首長国連邦で開催されたIDEX2019を取材、トルコや湾岸諸国の開発・生産能力の躍進に目をみはる。無人機とレーザーは軍備の中核になりつつある
竹内修

WORLD・IN・FOCUS(201)
16式機動戦闘車を追え 八幡PAで人だかり その機動力を目撃した
菊池雅之

一海上自衛官の回想(14)
練習艦隊司令官(国内巡航から遠洋航海出発へ)
平成五年第三九代練習艦隊司令官に。翌年早々練習艦隊司令部と「かとり」は転籍で横須賀から呉へ。幹部候補生学校第四十四期卒業幹部を迎え入れ国内巡航を実施、いよいよ遠洋航海へ出発
山崎眞

□市ヶ谷レーダーサイト:平成最後の将官人事
□映画&書籍:ハンターキラー 潜航せよ/軍艦「鳥海」航海記/情報と戦争
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:ジャパンマリンユナイテッド株式会社 営業本部艦艇営業部長 梶清将氏


定価 1,300円(税込み)

2019年03月09日

軍事研究 2019年4月号

軍事研究2019年4月号 表紙表紙写真・アメリカ陸軍の21世紀軽戦車「MPF」
BAE Systems
巻頭言・同時多発する長期的変化の端緒
志方俊之
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンスウエポン 米陸軍の21世紀軽戦車「MPF」
BAE Systems/GDLS
21世紀のアドヴァンスウエポン JLTVの部隊配備開始!
U.S.ARMY
ようこそジブチへ、ただいま八戸♪
統合幕僚監部
第5普通科連隊『厳冬の八甲田雪中行軍』
野口卓也
機雷戦訓練in伊勢湾
花井健朗
ロシア最新攻撃ヘリ・輸送ヘリは世界最大!
木村和尊
タイ空軍ドンムアン空軍基地エアショー
石原肇


ミリタリー・ニュース

カラー図説:中露と比較「アメリカ空軍兵器」(5)
世界標準の蝙蝠型全翼『ステルス爆撃機B-2』
ジャック・ノースロップが執念で開発した蝙蝠型ステルス爆撃機/七五機に匹敵するB-2A二機
軍事情報研究会

日本の選択肢『ソフトウェアの核保有』

「北方領土返還」は日本の独り相撲
笑顔のもとでプーチンの『冷たい握手』
「北方領土返還」は日本の幻想!断言しよう、ロシアは北方領土を一ミリたりとも返還する意思はない
黒井文太郎

高まる脅威!中国、ロシアの極超音速兵器
トランプの「MDR:ミサイル防衛見直し」
ロシアや中国で開発が進む極超音速滑空兵器や巡航ミサイルなどの新たな脅威に対抗する
鳥嶋真也

周辺には悪意に満ちた核保有国がうじゃうじゃ
日本の選択肢『ソフトウェアの核保有』
米国の核の傘が弱体化!今こそ堂々と「核抑止力の『見える化』」をアピールすることだ!
山形大介

CEC/ステルス戦闘機の捕捉/巡航ミサイルの早期探知
空自『E-2D』と新型イージス艦の共同交戦能力
新型イージス艦「まや」がSM-6を発射!見事に撃破!目標データを送ったのは空自E-2Dだ
石川潤一

鉾先は『台湾』『韓国』『日本』
中国、対空ミサイル「S-400」を導入
台湾海峡に面した福建省に配備するのか、朝鮮半島を射程に収める山東半島に配備するのか
田中三郎

拾った香水瓶に「軍用神経剤」
猛毒『ノビチョク』の分子構造をばらした男
暗殺のために用意されたノビチョク入りの香水瓶を拾ったことにより一人が死亡、一人が重体という第2の事件が発生
濱田昌彦

待ったなし!『防衛装備庁』改革
防衛産業から相次ぐ企業の撤退!
輸入装備品急増で進む国内防衛産業の弱体化!こうした状況を打開するためには
吉岡秀之

韓国の主張を技術面から徹底検証!
『射撃管制レーダー照射事件』
日韓双方の主張が真っ向から対立。「海軍」は常に冷静にあらねばならない。韓国も!
井上孝司

沿岸戦力に新艦種、警戒監視を強化
海自「哨戒艦」とはいかなる代物か?
新大綱で一二隻整備。どのような特徴を備えた艦船となるのか、沿岸戦力の行方を絡めて推理
文谷数重

日本も導入!行動力のある沿岸戦力
世界はどんな「哨戒艦」を使っているのか
世界各国でも自国の沿岸海域や排他的経済水域で警戒監視をはじめ各種任務に対応する小規模艦艇の建造が進められている
多田智彦

窃盗・詐欺犯から成り上がったプリコジン社長
ロシア謎の民間軍事会社『ワグネル』
2010年代以降ロシアにも様々なPMCが出現。中でもワグネル社は「大統領のシェフ」が設立に一役買うなどプーチン政権の意向を強く反映
小泉悠

「Indo Defence 2018」躍進する東南アジアの防衛産業
島嶼国インドネシアの「タンクボート」
Indo Defence 2018はインドネシアで開催される東南アジア最大級の総合防衛イベント。とくに高速火力支援艇X18タンクボートは地元ならではのユニーク兵器だ
竹内修

海上自衛隊第202教育航空隊
比海軍操縦士の操縦教育を振り返る
南シナ海を挟んで中国と対峙する比海軍にとって日本が譲渡したTC-90の役割は大きい。パイロット6人の教育が海自202教空で1年4か月に渡り実施された
田中博樹

WORLD・IN・FOCUS(200)
祝!連載200回!! 「熾烈極まる○○との戦い」でも私は自衛隊取材を続けます
菊池雅之

一海上自衛官の回想(13)
第一護衛隊群司令から海幕監察官へ
平成四年一月、第一護衛隊群司令に。海自の船乗りにとって憧れの配置である。ある不安が頭を過った筆者に防衛部長は「護衛隊群司令になる機会はそうはない、ラストチャンスと思ったほうがよい」
山崎眞

□市ヶ谷レーダーサイト:日本の空を韓国に委ねて良いのか?
□書籍:ドイツ国防軍 砂漠・ステップ戦必携教本/MP5サブマシンガン/V-22オスプレイ完全教本/戦場の名言
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:三波(さんぱ)工業株式会社 取締役 統括事業推進部長 西山中庸(ただつね)氏


定価 1,300円(税込み)