メニュー

月刊軍事研究



アーカイブ


新しいページで開く

QRコード

QRコード
atom rss1.0 rss2.0
Powered by

推奨ブラウザ FireFox 公式サイト タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け) Chrome 公式サイト

月刊軍事研究

軍事研究2024年1月号別冊 軍事研究2023年11月号別冊 軍事研究2023年8月号別冊 軍事研究2020年8月号別冊 軍事研究2019年6月号別冊 軍事研究2018年11月号別冊

2024年02月09日

軍事研究 2024年3月号

軍事研究2024年3月号 表紙

表紙写真・能登半島地震で災害派遣中の陸上自衛隊
統合幕僚監部
巻頭言・イスラエルの終わらざる戦いから得る教訓
磯部晃一
》写真ページ《
カラー:
ミサイルキラー!駆逐艦「カーニー」
U.S.Navy
第1空挺団令和6年度降下訓練始め
鈴崎利治
第4航空群令和6年度初訓練飛行
石原肇
陸海空自衛隊の災害派遣
統合幕僚監部
プラズマサーチライトTSUKUYOMI9
RAY GEARS
韓国は「爆弾の雨」のち「砂の雨」
柿谷哲也


ミリタリー・ニュース

カラー図説:『世界の戦車軍団』(11)
戦車先進国フランスの「韋駄天機甲師団」
戦車の本当の祖先ルノーFT戦車軽戦車から傑作軽戦車AMX-13
軍事情報研究会

「次期戦闘機」日英伊共同開発の闇

欧州勢から「我が国主導」を守れるか
『次期戦闘機』日英共同開発の闇
GCAP政府間機関設立条約に署名/ワークシェアと開発分担部位の交渉の行方は
小林春彦

メルカバは戦車専用戦車だった
イスラエル軍「重装甲戦闘兵器」の誕生と進化
ハマスを殲滅する特異な形状のAFV群/IDF戦車の系統図
藤村佳純

米国製AGM-88シリーズの最新型
対レーダーミサイル「AARGM-ER」
反撃能力に基づく攻撃を成功させるためには敵の防空レーダー等の無力化が必要だ
稲葉義泰

17か国が契約・製造する西側標準戦闘機
一〇〇〇号機突破!「F-35」最新状況
最新仕様ブロック4/TR-3からは新型レーダーAPG-85搭載
石川潤一

「基本方針」では国産取得を追求
徹底解説!「防衛産業基盤強化法」
「防衛産業はいわば防衛力そのもの」を具現化/依然として疑問残る実効性
吉岡秀之

重要なのは脅威情報の事前把握
サイバーセキュリティは「前方防御」へ
UKUSAシギント機関が行うアクティブ・サイバー・ディフェンスの実態とは
茂田忠良

海自主要部隊の課題と展望(10)
水陸両用戦を担う『掃海隊群』
統合作戦の先駆け/新たな任務「水陸両用戦」はいかに付与されたか
湯浅秀樹

海上自衛隊を取り巻く状況/任務の変化
「新型FFM」は次世代水上戦闘艦の雛型
「もがみ」型FFMは船形・火力・機関・任務などで海自の“伝統”を突破した水上戦闘艦であり、それだけに誤解も散見される
井上孝司

最適なのは掃海母艦/上陸戦指揮艦
海自「ひゅうが」級の有効活用法
「いずも」級登場以降存在が霞んだ感がある理由と有効な活用法を探る
文谷数重

2023年海外取材記その1
韓国で見た近未来とノスタルジア
ソウルエアショーと軍事パレードでは「K防衛主要輸出兵器」の熱気と活気に圧倒。一方ソウル基地近傍のインルン山では
柿谷哲也

五桁の数字から読み解く部隊情報
中国ロケット軍の「部隊識別秘匿番号」
MUCD(部隊識別秘匿番号)から米空軍が解析した中国ロケット基地や部隊の概況、解任相次ぐロケット軍高官人事を解説
田中三郎

連載:最新アメリカ統合軍の全貌(4)
「在韓米軍」「グアム&ハワイ」「フィリピン」「ディエゴガルシア」
第二次朝鮮戦争に備える在韓米軍、台湾有事とミサイル防衛の要衝、グアム・ハワイ・フィリピン、爆撃機出撃拠点のディエゴガルシア
福好昌治

WORLD・IN・FOCUS(259)
05JX取材記(前編) 島嶼防衛強化に密着 島民の皆さんと笑顔を共有
菊池雅之

もっこす提督回想記「蹇々録反省記」(15)
練習艦隊旗艦かとり航海士その1
練習艦隊は米海軍ロッドマン基地第一桟橋を出港しパナマ運河を東航。南米大陸の東海域、陸側と天側に頼る航海は航海士の技倆発揮の機会
牧本信近

□市ヶ谷レーダーサイト:腹タツ年の怒り初め
□映画&書籍:『コヴェナント/約束の救出』/日独航空技術移転史/ウクライナ戦争の正体
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:伸誠商事株式会社 代表取締役 松井智則氏


定価 1,300円(税込み)

2024年01月11日

お詫びと訂正(2024年2月号)

2024年2月号「第七後方支援連隊の実力」記事内で、227ページ中島孝太郎連隊長の写真のキャ
プションの「中村」は、正しくは「中島」です。関係各位および読者諸兄姉にお詫びして訂正いたします。

2024年01月10日

軍事研究 2024年2月号

軍事研究2024年2月号 表紙

表紙写真・05JX演習、徳之島に上陸した水機団
菊池雅之
巻頭言・二〇二四年の展望:選挙の年
磯部晃一
》写真ページ《
カラー:
バトル・オブ・徳之島
菊池雅之
護衛艦「かが」、空母に変身
柿谷哲也
日英の実動訓練/74式戦車、最後の咆哮!
野口卓也
航空自衛隊築城基地航空祭
石野元
明野駐屯地航空祭
鈴崎利治
北部方面隊の戦闘射撃競技会
野亦義久


ミリタリー・ニュース

カラー図説:『世界の戦車軍団』(10)
将来型第3(英国)師団の実力
新型チャレンジャー戦車&歩兵戦闘車、将来兵器の数々
軍事情報研究会

ロシアは何故戦争を継続できるのか


自軍の戦死者一五万人は許容範囲内
ロシアの継戦能力は何故尽きないのか?
旧式だが巨大な軍需生産能力そして食料・エネルギー自給率、多角的に分析
小泉悠

北朝鮮が送った砲弾一〇〇万発
プーチンに便乗する金正恩
武器弾薬供与の見返りにプーチンの大歓待を受けた金正恩。二人の独裁者の狙いとは?
黒井文太郎

北朝鮮偵察衛星、三度目で打ち上げ成功
執念実る!衛星打ち上げと大型ロケット技術
打ち上げ重量一〇〇トン以上の「千里馬1号」と偵察衛星「万里鏡1号」、その正体
野木恵一

エンジン/電子機器/兵装は海外の技術
韓国執念の国産戦闘機『KF-21』
ついに一般公開された韓国の四・五世代+戦闘機KF-21、その道程と将来を紹介
竹内修

第一次改修完了で艦首形状を変更
空母「かが」のF-35B運用改造全貌
改修を終えて本格空母らしくなった「かが」。だが最大の課題は運用体制の構築だ
井上孝司

中国A2ADに対抗し海上優勢確保に貢献
新編!『海兵沿岸連隊』の戦い方
日本有事で陸自と連携する第12海兵沿岸連隊。その編成、陸海空新兵器と戦術を考察
稲葉義泰

統合作戦遂行のための最も重要な手段
令和時代の『航空優勢』を考える(後編)
新たな脅威と領域横断作戦…如何にして能動的かつ戦略的に航空優勢を活用すべきか
荒木淳一

日本、電磁加速砲の洋上試験に成功!
最新世界の『電磁レール砲』&『レーザー兵器』
海自で試験成功、中国は055型駆逐艦への搭載を計画中、一方、米、独、露では高主力レーザー兵器の開発・装備化に注力
多田智彦

ホンダジェットでは力不足
米軍『特殊任務機』に最適なビジネスジェット
HADESをはじめ、米国で開発・運用が進むビズジェットベースの特殊作戦きの最新状況を紹介
石川潤一

失脚した国防相とロケット軍幹部
習政権、台湾侵攻に備えロケット軍粛清
異例ともいうべき一連の事態の背景には、米国への弾道ミサイル情報漏洩疑惑をきっかけに軍の粛清を図る動きがあるようだ
田中三郎

兵站軽視の時代は過去のこと
第七後方支援連隊の実力
ウクライナ侵攻で一躍注目を浴びた兵站の重要性。安保三文書でも強化が明記された後方支援部隊の第7広報支援連隊を取材
渡邉陽子

「先生も入ってくださいよう」
七面相ユダヤ人マレクの闘いと流浪(11)
1950年代、軍事医学研究所での学術研究にのめり込んでいたマレクは各方面の人脈も増えつつあった。そんなマレクに一層の関心を寄せたのは
鈴木基也

WORLD・IN・FOCUS(258)
謹賀新年2024年 加速する安保環境 今年も取材に駆け巡る
菊池雅之

もっこす提督回想記「蹇々録反省記」(14)
護衛艦あきづき砲術士その2
硫黄島航空基地の航空燃料陸揚桟橋が火山性隆起により損壊し、燃料が逼迫。一九七一年九月「あきづき」が燃料ドラム缶を輸送する事に
牧本信近

□市ヶ谷レーダーサイト:歴史とエンタメを区別しよう
□書籍:UFOvs調査報道ジャーナリスト/米軍広報マニュアル/終わらない戦争/“戦える”自衛隊へ
□映画&書籍:ビヨンド・ユートピア 脱北/情報戦、心理戦、そして認知戦/戦史の余白
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:続 日本官帽制帽株式会社 代表取締役 奥山純子氏


定価 1,300円(税込み)

2023年12月18日

お詫びと訂正(2024年1月号その2)

2024年1月号の目次に間違いがありました。
<水陸機動団の第一回「水陸フェア」>の筆者名に「磯辺晃一」とあるのは誤りで、正しくは「磯部晃一」でした。
大変申し訳ございません。筆者の磯部晃一氏、ならびに読者諸兄姉にお詫びして訂正させていただきます。

2023年12月08日

お詫びと訂正(2024年1月号)

本誌2024年1月号掲載「ワールドインフォーカス」の記事に編集部の作業ミスにより間違いがありました。
,

P122 後ろから2行目、「OPD」とあるのは誤りで、正しくは「IPD」でした。


大変申し訳ございません。
読者諸兄姉、筆者の菊池雅之様にお詫びして訂正させていただきます。

軍事研究 2024年1月号

軍事研究2024年1月号 表紙

表紙写真・VTOL多目的無人機「ストリクス」
清谷信一
巻頭言・戦略とその道具であるDIME
磯部晃一
》写真ページ《
カラー:
21世紀のアドヴァンス・ウエポン DSEIデビューの新世代ウエポン
清谷信一
ウクライナの熱迷彩コート
Telegram
ソウルADEX2023
柿谷哲也
マレーシアの独立記念パレード
菊池雅之
世界初!艦載レールガン発射
防衛装備庁
2023年度SEECATルポ
木村和尊


ミリタリー・ニュース

カラー図説:『世界の戦車軍団』(9)
英軍が発明したタンク「歩兵戦車&巡航戦車」
塹壕戦を制したゲームチャンジャー菱形戦車から機動戦へ
軍事情報研究会

初飛行!第6世代爆撃機B-21レイダー

一〇〇機生産でB-1AとB-2Aを更新
初飛行成功!次世代爆撃機『B-21A』
ついに初飛行したB-21レイダー爆撃機はエンジン二基、機体規模はB-2の三分の二
石川潤一

情報機関シンベトの人質奪還作戦
イスラエル特殊部隊の全貌&ハマス裏人脈
人脈がモノをいう中東ネットワーク。ハマスには「表」と「裏」のふたつの組織がある
黒井文太郎

試験投入も検討されるアイアンビーム
飽和攻撃に破綻!イスラエル迎撃システム
五〇〇〇発のロケット弾に圧倒されたアイアンドーム。対抗手段レーザー兵器
竹内修

防衛関連企業と「双方向」の交流追及
水陸機動団の第一回「水陸フェア」
陸戦用装備では駄目だ。水機団が戦う装備開発には企業との情報共有が必須!
磯部晃一

イギリス兵器見本市「DSEI」報告
続々登場!陸海空の新型無人兵器
各国各メーカーが無人機を出展、無人兵器が不可欠要素であることを改めて実感した
清谷信一

陸海空全ての作戦を支える前提条件
令和時代の『航空優勢』を考える(前編)
ロ・ウクライナ戦争の表層で判断してはならない。航空優勢・対航空作戦の本質を考察
荒木淳一

海自主要部隊の課題と展望(9)
反撃能力担う『潜水艦隊』へ
一六隻から二二隻への増勢が完了、VLSを搭載。課題は人材確保と産業基盤
眦臙ど

米軍の最新大将ポストを読む
女性初の米海軍作戦総長フランケティ大将就任
前代未聞の事態の中で2023年の大将ポストが交代。彼ら彼女らの経歴と能力を探る
永井忠弘

日米英独伊露で相次ぎ建造着手
世界の『先進フリゲート』の全貌
海自新艦種FFMは令和6年度から「もがみ」型の能力を向上させた新型も計画。水上戦闘艦の一大潮流となっている先進フリゲートを巡る最新動向を紹介
多田智彦

外国からの支援を受けて八隻を建造
台湾初の国産潜水艦『海鯤』
台湾待望の自主建造潜水艦の命名・進水式が実施。性能と就役の意味は? 限られた公開情報をもとに推察
田中三郎

朝霞駐屯地が「不適当」の真相
『統合司令部』が市ヶ谷に決まった理由
令和6年度概算要求で陸海空部隊運用を一元的に指揮する「統合司令部」を市ヶ谷の防衛省内に決定。3つの理由から考える
文谷数重

連載:最新アメリカ統合軍の全貌(3)
世界最大の地域統合軍「アメリカ・インド太平洋軍」
脅威と見做す中国や、北朝鮮と対峙するアメリカ・インド太平洋軍。その大多数が“在日米軍”として日本に駐留している
福好昌治

WORLD・IN・FOCUS(257)
IPD取材記(後編) 艦内密着取材は高密度 「いずも」ライフを満喫
菊池雅之

もっこす提督回想記「蹇々録反省記」(13)
護衛艦あきづき砲術士その1

牧本信近

□市ヶ谷レーダーサイト:日本国民は意識のアプデが必要
□映画&書籍:ナポレオン/世界の空母機動部隊/半暮刻
□防衛産業ニュース
□軍事研究バックナンバー
□顔:日本官帽制帽株式会社 代表取締役 奥山純子氏


定価 1,300円(税込み)

2023年12月04日

2014年6月号別冊、完売しました

2014年6月号別冊「現代最強戦車の極秘アーマー技術」は完売いたしました。

別冊の在庫状況につきましては、カテゴリーで「別冊」をご選択いただくと、
該当号の説明冒頭に「完売しました」「在庫をお尋ねください」等、表示されています。
ぜひご活用ください。